Show Menu
トピック×

データ更新の調整

この使用例では、1 つのワークフローを複数実行する場合に、付随する複数の更新を管理できるワークフローの作成について詳述します。
この目的は、別の更新操作を実行する前に、更新プロセスが終了していることを確認することです。そのためには、インスタンス変数を設定し、インスタンスが実行中かどうかワークフローに確認させて、ワークフローの実行を継続し、更新をおこなうべきか決定します。
このワークフローは次の要素から構成されます。
  • 特定の頻度でワークフローを実行する​ スケジューラー ​アクティビティ。
  • 既にワークフローが実行しているかどうかを確認する​ テスト ​アクティビティ。
  • ワークフローがまだ実行していない場合の​ クエリ ​アクティビティおよび​ データを更新 ​アクティビティ。その後に実行され、ワークフローインスタンス変数を false に再初期化する​ 終了 ​アクティビティ。
  • ワークフローが既に実行している場合の​ 終了 ​アクティビティ。
ワークフローを構築するには、以下の手順に従います。
  1. スケジューラー ​アクティビティを追加し、必要に応じて頻度を設定します。
  2. ワークフローが既に実行しているかどうかを確認する​ テスト ​アクティビティを追加し、次のように設定します。
    「isRunning」は、この例のために選択したインスタンス変数名です。これは、組み込み変数ではありません。
  3. いいえ 」の分岐に​ 終了 ​アクティビティを追加します。これにより、既にワークフローが実行している場合は、何も実行されません。
  4. はい 」の分岐に、必要なアクティビティを追加します。この例では、 クエリ ​アクティビティおよび​ データを更新 ​アクティビティです。
  5. 最初のアクティビティを開き、「 詳細設定 」タブで instance.vars.isRunning = true コマンドを追加します。これにより、インスタンス変数が実行中に設定されます。
  6. 終了 ​アクティビティを「 はい 」の分岐の最後に追加し、「 詳細設定 」タブで instance.vars.isRunning = false コマンドを追加します。
    これにより、ワークフローが実行している間は、何も実行されません。
関連トピック: