Show Menu
トピック×

集計計算の実行

この例では、横浜市に住む受信者の数を性別に基づいてカウントします。
  • どのテーブルを選択する必要がありますか。
    受信者テーブル( nms:recipient
  • 出力列でどのフィールドを選択する必要がありますか。
    「プライマリキー」(カウントあり)と「性別」
  • どのような条件に基づいて情報をフィルターしますか。
    横浜市に住む受信者を基準にします
この例を作成するには、次の手順に従います。
  1. 抽出するデータ ​で、(前の例で示したように)プライマリキーのカウントを定義します。出力列に「 性別 」フィールドを追加します。「 「性別 」列で、「グループ」オプションをオンにします。****​これにより、受信者は性別でグループ化されます。
  2. 並べ替え ​ウィンドウで、「 次へ 」をクリックします。ここでは並べ替えは必要ありません。
  3. データのフィルターを設定します。ここでは、横浜市に住んでいる連絡先に選択を制限します。
    値では大文字と小文字が区別されます。条件に、大文字を使用せずに値 "london" を入力し、受信者のリストに大文字を使用した「London」という単語が含まれている場合、クエリは失敗します。
  4. データフォーマット ​ウィンドウで、「 次へ 」をクリックします。この例では書式設定は必要ありません。
  5. プレビューウィンドウで、「 データのプレビューを開始 」をクリックします。
    性別での並べ替えには、次の 3 つの異なる値があります。 2 は女性、 1 は男性 、 0 は性別が不明の場合です。この例では、リストに女性が 10 人、男性が 16 人、性別不明が 2 人含まれています。