Show Menu
トピック×

受信者テーブルに対するクエリ

この例では、E メールドメインが「orange.co.jp」で、横浜市に住んでいない受信者の名前と E メールを収集します。
  • どのテーブルを選択する必要がありますか。
    受信者テーブル(nms:recipient)
  • 出力列として選択するフィールドは何ですか。
    E メール、名前、市区町村およびアカウント番号
  • 受信者のフィルター条件は何ですか。
    市区町村と E メールドメイン
  • 並べ替えを設定しますか。
    はい。「 アカウント番号 」および「 」に基づいて設定します
この例を作成するには、次の手順に従います。
  1. ツール/汎用クエリエディター... をクリックし、 受信者 nms:recipient )テーブルを選択します。「 次へ 」をクリックします。
  2. 」、「 」、「 E メール 」、「 市区町村 」および「 アカウント番号 」を選択します。これらのフィールドは、「 出力列 」に追加されます。「 次へ 」をクリックします。
  3. 列を並べ替えて適切な順序で表示します。ここでは、アカウント番号を降順、名前をアルファベット順に並べ替えます。「 次へ 」をクリックします。
  4. データのフィルター ​ウィンドウで検索を絞り込みます。「 フィルター条件 」を選択し、「 次へ 」をクリックします。
  5. ターゲット要素 ​ウィンドウで、フィルター設定を入力できます。
    E メールドメインが「orange.co.jp」と等しい受信者というフィルター条件を定義します。そのためには、「 」列で「 E メールドメイン(@domain) 」を選択し、「 オペレーター 」列で「 次と等しい 」を選択して「 」列に "orange.co.jp" と入力します。
  6. 必要に応じて、「 値の配分 」ボタンをクリックして、見込み客の E メールドメインに基づいて配分を表示します。データベースでの E メールドメインごとの割合が表示されます。「orange.co.jp」以外のドメインは、フィルターが適用されるまで表示されます。
    ウィンドウの下部に、 E メールドメインが「orange.co.uk」に等しい ​というクエリの概要が表示されます。
  7. プレビュー 」をクリックしてクエリ結果を確認します。E メールドメインが「orange.co.jp」のデータのみが表示されます。
  8. クエリを変更して、横浜市に住んでいない連絡先を検索します。
    」列で「 市区町村 (location/@city) 」を選択し、演算子として「 次と等しくない 」を選択し、「 」列に 「 横浜市 」と入力します。
  9. これにより、 データフォーマット ​ウィンドウが表示されます。列の順序を確認します。「市区町村」列を「アカウント番号」列の下に移動します。
    「名」列をオフにしてリストから削除します。
  10. データのプレビュー ​ウィンドウで、「 データのプレビューを開始 」をクリックします。この機能により、クエリの結果が計算されます。
    列の結果 」タブに、クエリ結果が列で表示されます。
    結果には、E メールドメインが「orange.co.jp」で、横浜市に住んでいないすべての受信者が表示されます。前のステージでオフにしたので、「名」列は表示されません。アカウント番号は降順で並べ替えられます。
    XML の結果 」タブでは、結果が XML フォーマットで表示されます。
    生成された SQL クエリ 」タブでは、クエリ結果が SQL フォーマットで表示されます。