Show Menu
トピック×

すべての訪問の収集

Adobe Campaignが提供するWebトラッキングモジュールを使用すると、受信者がメッセージ内でクリックした後のサイトトラッキングのコンテキストで、メッセージによって実行されたサイトの特定のページへの訪問回数を収集できます。
ただし、プラットフォームで既知のユーザーがWebトラッキングタグーを使用してページへのすべての訪問を収集するように、プラットフォームを設定できます。
プラットフォームに知られる受信者は、配信が既にターゲットを定め、少なくとも1回は受信メッセージをクリックしたユーザである。 この受信者を識別するには、永続的なcookieが使用されます。
Adobe Campaignプラットフォームは、メッセージをクリックした後のサイト訪問のコンテキストを超えて、Webサイトトラッキングツールとして使用することを意図していません。 このオプションを有効にすると、サーバーをホストするコンピューター(リダイレクト、アプリケーション、およびデータベース)のリソースの使用量が非常に多くなる可能性があります。 この読み込みは、ハードウェアアーキテクチャが確実にサポートし、ホームページなど、最も頻繁にアクセスされるページにWebトラッキングタグを配置しないようにすることをお勧めします。

サーバー設定

サーバーは、serverConf.xml ファイルの特定の要素をオーバーロードして設定します 。 これらのファイルは、Adobe Campaignのインストールディレクトリの conf サブディレクトリに保存されます。

リダイレクトサーバー

リダイレクトサーバーの場合、リダイレクト 要素のtrackWebVisitors 属性を trueに設定し ます
<redirection P3PCompactPolicy="CAO DSP COR CURa DEVa TAIa OUR BUS IND UNI COM NAV"
databaseId="" defLogCount="30" expirationURL="" maxJobsInCache="100"
startRedirection="true" startRedirectionInModule="true" trackWebVisitors="true"
trackingPassword=""

デフォルトの一致キャンペーンの設定

クライアントコンソールを使用して表示追跡情報を取得するには、次の操作を行う必要があります。
  • ダミー 配信を作成します (配信マッピングはターゲットスキーマのマッピングと同じでなければなりません)。
  • NmsTracking_WebTrackingDelivery 配信にこのオプションの 内部名を入力します。
電子メール内でのクリックの直後に発生しないサイトトラッキング配信は、作成したダミー情報ですべて表示できます。