Show Menu
トピック×

レポートの管理

デフォルトのAdobe Campaign受信者(nm:recipientまたはschemaリンク)に固有のスキーマに基づくレポートは、ターゲットマッピングを介してリンクされたカスタムテーブルとそのテーブルのデータを考慮するために再開発する必要があります( Target mapping セクションを参照)。
新しいレポートを作成するには、この節を参 照してくださ い。
場合によっては、これらのテーブルに固有の新しいキューブも配置する必要があります。 Cubes are detailed in this section .
以下のレポートが対象となります。
  • Recent proposition tracking (recentPropositions):リアルタイム提案トラッキング。
  • Breakdown of opens (opensByUserAgent):ユーザソフトウェアに従って分類されたオープン。
  • Statistics of the sharing activities (forwardActivities):期間ごとの共有アクティビティ、開く、購読の分析。
  • Tracking indicators (mobileAppDeliveryFeedback):モバイルアプリケーションでの配信の追跡インジケーター。
  • Offer analysis (offerAnalysis):オファー分析を日付とチャネルごとに使用できます。
  • Reactivity rate (mobileAppDistribution):最新の配信の反応率。
  • Breakdown of subscriptions (mobileAppDistribution):モバイルアプリケーションごとのアクティブな購読の分類。