Show Menu
トピック×

ターゲットマッピング

ターゲットマッピングの作成は、次の2つの場合に必要です。
  • adobe Campaignで提供されるテーブル以外の受信者テーブルを使用する場合、
  • ターゲットマッピング画面で標準のターゲットディメンションと異なるフィルターディメンションを設定する場合。
ターゲット・マッピング作成ウィザードは、カスタム表を使用するために必要なすべてのスキーマの作成に役立ちます。

カスタム表にリンクされたスキーマの作成と設定

ターゲットマッピングを作成する前に、Adobe Campaignが新しい受信者データスキーマを使用して動作するためには、いくつかの設定が必要です。
それには、次の手順に従います。
  1. 使用するカスタムテーブルのフィールドを統合する新しいデータスキーマを作成します。
    この例では、次のフィールドを含む非常に単純なテーブルである顧客スキーマを作成します。ID、名、姓、電子メールアドレス、携帯電話番号。 このテーブルに保存された個人に電子メールやSMSアラートを送信できるようにすることを目的としています。
    スキーマの例(cus:individual)
    <srcSchema name="individual" namespace="cus" label="Individuals">
      <element name="individual">
        <key name="id" internal="true">
          <keyfield xpath="@id"/>
        </key>
        <attribute name="id" type="long" length="32"/>
        <attribute name="lastName" type="string" length="100"/>
        <attribute name="firstName" type="string" length="100"/>
        <attribute name="email" type="string" length="100"/>
        <attribute name="mobile" type="string" length="100"/>
      </element>
    </srcSchema>
    
    
  2. ="true"属性を使用して、スキーマを外部ビューとして宣言します。 ビュー属 性を参照
     <srcSchema desc="External recipient table" namespace="cus" view="true"....>
       ...
     </srcSchema>
    
    
  3. ダイレクトメールアドレスを追加する必要がある場合は、次の種類の構造を使用してください。
    <element advanced="true" name="postalAddress" template="nms:common:postalAddress">
         <attribute expr="SubString(JuxtWords(Smart([../infos/@firstname]), Upper([../infos/@name])), 1, 80)"
                    name="line1"/>
         <attribute expr="Upper([../address/@line2])" name="line2"/>
         <attribute expr="Upper([../address/@line])" name="line3"/>
         <attribute expr="Upper([../address/@line])" name="line4"/>
         <attribute expr="Upper([../address/@line])" name="line5"/>
         <attribute expr="Upper([../address/@line])" name="line6"/>
         <attribute _operation="delete" name="line7"/>
         <attribute _operation="delete" name="addrErrorCount"/>
         <attribute _operation="delete" name="addrQuality"/>
         <attribute _operation="delete" name="addrLastCheck"/>
         <element expr="@line1+'n'+@line2+'n'+@line3+'n'+@line4+'n'+@line5+'n'+@line6"
                  name="serialized"/>
         <attribute expr="AllNonNull2([../address/@line], [../infos/@name])" name="addrDefined"/>
       </element>
    
    
  4. ノードをクリッ Administration > Campaign management > Target mappings クします。
  5. New 」ボタンをクリックして、ターゲット・マッピング作成ウィザードを開きます。
  6. 「ラベル 」フィールドを入力し、「ターゲットディメンション」フィールドで作成したスキ ーマを選択します ​。
  7. Edit address forms 」ウィンドウで、様々な配信アドレスと一致するスキーマのフィールドを選択します。 ここで、「@email」フィールドと「 @mobile 」フィールドをマッ プできます
  8. 次の「 Storage 」ウィンドウで、「 Suffix of the extension schemas 」フィールドに新しいスキーマとAdobe Campaignが提供する追加設定なしのスキーマを区別します。
    クリッ Define new additional fields クして、配信のターゲットにするディメンションを選択します。
    デフォルトでは、除外管理はメッセージと同じテーブルに保存されます。 ターゲットマ ッピングにリンクされたトラッキングのストレージを設定する場合は、 「トラッキング用のストレージスキーマを生成」ボックスを選択します。
    Adobe Campaignは、複数の受信者スキーマ(ターゲティングスキーマ)をサポートしません。同じブロードログスキーマまたはトラッキングログスキーマにリンクされています。 そうでないと、後でデータ調整の異常が発生する可能性があります。 この詳細については、「推奨と制限」ページ を参照してください
  9. 「拡張」ウ ィンドウで 、生成するオプションのスキーマを選択します(使用可能なスキーマのリストは、Adobe Campaignプラットフォームにインストールされているモジュールによって異なります)。
  10. Click the Save button to close the wizard.
    ウィザードでは、開始スキーマを使用して、新しいターゲット・マッピングを機能させるために必要なその他すべてのスキーマを作成します。

ターゲットマッピングの使用

新しいスキーマを配信のターゲットとして使用する方法は2つあります。
  • マッピングに基づいて1つ以上の配信テンプレートを作成する
  • 配信の作成時に、ターゲット選択時に直接マッピングを選択します。次に例を示します。
関連トピック