Show Menu
トピック×

Web アプリケーションの設計

Web アプリケーションは、 オンライン調査 と同じ原則に従って作成および管理されます。
ただし、機能的な違いは次のとおりです。
  • Web アプリケーションは、アーカイブされたフィールドを使用しません。データは、そのため、データベースフィールドまたはローカル変数にのみ格納されます。
  • Web アプリケーションには組み込みレポートはありません。
  • 主にテーブルおよびグラフの作成のために、追加のフィールドが提供されます。
Web アプリケーション構築プロセスで早期にエラーを検出するために、適用した設定を継続的にチェックすることを強くお勧めします。修正のレンダリングをチェックするには、アプリケーションを保存してから、「 プレビュー 」サブタブをクリックします。
Web アプリケーションがパブリッシュされるまで、変更はエンドユーザーには表示されません。

Web アプリケーションへのグラフの追加

Web アプリケーションにグラフを含めることができます。そのためには、ツールバーにあるグラフのドロップダウンリストを使用して、挿入するグラフのタイプを選択します。
また、 グラフを追加 ​メニューを選択することもできます。

Web アプリケーションへのテーブルの追加

テーブルを追加するには、ツールバーにあるテーブルのドロップダウンリストを使用して、使用するテーブルのタイプを選択します。
また、ドロップダウンメニューでテーブルのタイプを選択することもできます。

概要タイプの Web アプリケーション

Adobe Campaign インターフェイスは、受信者、配信、キャンペーン、在庫などのアクセス、管理、操作に、多くの Web アプリケーションを使用します。
それらは、1 ページのみのダッシュボードの形のインターフェイスで表示されます。
標準の Web アプリケーションは、 管理/設定/Web アプリケーション ​ノードに格納されています。

フォームタイプの Web アプリケーションの編集

エクストラネット用のフォームを編集 Web アプリケーションには、次の特徴があります。
  • プリロードボックス
    ほとんどの場合、表示されるデータは、プリロードされる必要があります。これらのフォームにアクセスするユーザーは識別される(アクセス制御で)ので、プリロードは暗号化される必要はありません。
  • 保存ボックス
  • ページの追加
    すべての「概要」タイプの Web アプリケーションは単一ページなのに対して、編集フォームは、特定の条件(テスト、選択肢、関係するオペレーターのプロファイルなど)に基づいた一連のページを提供できます。
このタイプの Web アプリケーションの操作は、 調査 ​に似ていますが、履歴管理またはフィールドのアーカイブがありません。ユーザーは、通常、自己を証明する必要があるログインページを使用してアクセスします。