Show Menu
トピック×

追加のオプション

一時的なスキーマの直接的な作成

FDA 外部データベースへの複数のアクセスを管理する場合、新しいオプションを使って、外部アカウントの設定時に作業用スキーマを直接作成できます。
このオプションは PostgreSQL でのみ機能します。

外部データを使用した E メールのパーソナライゼーションの最適化

ビルド 8740 から、配信プロパティの「 分析 」タブで「 ワークフローを使用してパーソナライゼーションデータを準備 」オプションが使用できるようになりました。
このオプションを選択すると、配信の分析時に、一時テーブル内のターゲットにリンクするすべてのデータ(FDA にリンクするテーブルのデータなど)を保存するワークフローが自動的に作成、実行されます。
このオプションをオンにすることで、パーソナライゼーションのパフォーマンスを大幅に向上できます。

ワークフローでの外部データベースからのデータの使用

複数の Adobe Campaign ワークフローアクティビティで、外部データベースに格納されたデータを使用できます。

外部データのフィルタリング

「クエリ」アクティビティでは、外部データを追加して、定義したフィルター設定でそのデータを使用できます。
詳しくは、 クエリ の節を参照してください。

サブセットの作成

「分割」アクティビティでは、サブセットを作成できます。外部データを使用して、使用するフィルタリング条件を定義できます。
詳しくは、 分割 の節を参照してください。

外部データベースの読み込み

「データの読み込み(RDBMS)」で外部データを使用できます。このアクティビティについては、 データの読み込み の節で説明しています。