Show Menu
トピック×

プライバシーと推奨事項

プライバシーの管理

Adobe Campaignオファーは、プライバシー規制(GDPR、CCPAなど)に準拠するのに役立つ一連のツールを提供します。
GDPR(EU 一般データ保護規則)は欧州連合(EU)で施行されるプライバシー保護法律で、データ保護要件を現代の状況に合わせて整合化することを目的としています。GDPR は、EU に居住しているデータ主体のデータを保有している Adobe Campaign の顧客に適用されます。
CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)は、カリフォルニア州民に個人情報に関する新しい権利を提供し、カリフォルニア州でビジネスをおこなう特定の事業者に対してデータ保護の責任を課します。
特定のプライバシー要求に対応するデータ管理者としての準備を円滑に進められるよう、アドビは、既に提供している同意管理、データ保持設定および権限管理に加え、データ処理者として追加の機能を提供します。
In this article , you will learn how Adobe Campaign helps you manage the different Privacy key features: Right to Access, Right to be Forgotten, consent, data retention and user roles. また、アドビのソリューションを使用する際のプライバシーコンプライアンスに関するベストプラクティスもご覧いただけます。

Cookie とトラッキング機能

Adobe Campaign では、トラッキング機能を使用して、Web サイトでの配信の受信者のブラウジングをトラッキングすることができます。そのために、Adobe Campaign ではセッション Cookie および永続 Cookie を使用します。
「プライバシーと電子通信」に関する EU 指令 2009/136/CE および EU 一般データ保護規則(GDPR)では、企業は Cookie をインストールする前に Web サイトユーザーの同意を必要とすることを規定しています。Cookie のインストールを許可するためのチェックボックスを伴う認証リクエスト(例えばページ上に表示される)を使用して、サイトに Web トラッキングツールがあることをユーザーに通知したり、ランディングページの上部にバナーを追加したりする必要があります。ポップアップウィンドウはブラウザーでブロックされていることが多いので、避ける必要があります。
ユーザートラッキング管理の設定は、オプトアウトバナーのある Web アプリケーションおよびランディングページで実行できます。 このページ を参照してください。
Adobe Campaign は、次の 2 つのタイプの Cookie を使用します。
  1. セッション Cookie(nlid):連絡先に送信される E メールの識別子(broadlogId)およびメッセージテンプレートの識別子(deliveryId)が含まれています。Adobe Campaign が送信した E メールに含まれている URL を連絡先のユーザーがクリックすると追加され、この連絡先での Web 上の行動をトラッキングできるようになります。このセッション Cookie は、ブラウザーが閉じられると自動的に消去されます。連絡先のユーザーは、Cookie を拒否するようにブラウザーを設定できます。
  2. 永続 Cookie(uuid230):ユーザーが Web サイトを訪問したときに、Adobe Campaign とやり取りするユーザーを識別できるようになります。Adobe Campaign では、これを使用して、マーケティングキャンペーン中にクリック数および転送率の推定値をカウントします。連絡先のユーザーが E メール内をクリックしたとき、Adobe Campaign のフォームに入力したとき、またはインバウンドインタラクションエンジンの呼び出し中に Cookie は配布されます。ユーザーは、これを削除するか拒否するようにブラウザーを設定できます。

データベースの整合性

Adobe Campaign は豊富な機能を備えています。そのため、使用するデータベース構造も複雑です。データベースには、テーブル、フィールド、リンクおよびインデックスが数多く含まれています。特定の中間テーブルはインターフェイスに表示されません。特定のリンク、フィールドおよびインデックスは、ソフトウェアで自動的に作成、削除または変更されます。Adobe Campaign のインターフェイス(グラフィカルインターフェイス、インポートプログラム、サーバーモジュール、Web モジュール、配信サーバー、フィールドの追加、データベース拡張など)でのみ、整合性を保ちながらデータベースのコンテンツを変更できます。
データベースのコンテンツまたは構造は、このソフトウェア以外のツールを使用して変更しないでください 。そのような変更はデータベースの破損の原因となる可能性が非常に高く、その結果、リンクの予期しない変更や消失、ゴーストレコードやリンクの作成、重大なエラーメッセージなどが発生し、Adobe Campaign で提供される保証および技術サポート契約が無効になります。
Adobe Campaign システムでは、すべてのデータはデータベースに保存されます。Adobe Campaign システム全体を適切に操作するには、このデータが使用可能である必要があります。データは、購読、管理および購読解除用の Web モジュール、管理画面、配信キュー、配信最適化メカニズムなどで使用されます。

Apache Tomcat

Adobe Campaign には、Apache Software Foundation( https://www.apache.org/ )が開発した Apache Tomcat が含まれています。