Show Menu
トピック×

インタラクション — データバッファー

一部の設定は、アドビがホストするデプロイメントに対してのみ実行できます。 例えば、サーバーおよびインスタンスの設定ファイルにアクセスする場合です。 各デプロイメントの詳細については、「ホスティングモデル」の節 または 、この記事を参照 してください
Adobe Campaignで、データバッファーゾ ーンがインタラクション モジュールに導入されました。 これにより、在庫とオファーの 計算を非同期化する ことで、受信インタラクションのパフォーマンスを向上できます。
着信インタラクション(呼び出しデータの有無にかかわらず)、またはステータス更新(updateStatus)によってのみ関係します。
受信者に関連する提案を書き込む際のキューを避けるために、新しいプロセスは、提案を非同期に書き込むこ とができる 、データバッファゾーンを 生成する 。 このデータ・バッファ・ゾーンは定期的に読み取られ、空になる。 既定の期間は約1秒の間隔です。したがって、提案書の作成はグループ化されます。
データバッフ ァーゾーンの設定は 、インスタンスの設定ファイル(config-Instance.xml)で行うことができます。
設定に変更を加えるには、Webサーバー(Apache:IIS)とAdobe Campaignプロセスを再起動する必要があります。 データバッファゾーンを設定した後、適切なハードウェア設定が使用可能であることを確認してください。 (存在するメモリの量)。
データバッファゾーンを設定した後、適切なハードウェア設定が使用可能であることを確認してください。 (存在するメモリの量)。
書き込みデーモン(プロセス名:インタラクション)は次のようになります。
<interactiond args="" autoStart="false" callDataSize="0" initScript="" maxProcessMemoryAlertMb="1800"
maxProcessMemoryWarningMb="1600" maxSharedEntries="25000" nextOffersSize="0"
processRestartTime="06:00:00" runLevel="10" targetKeySize="16"/>

インバウンドインタラクションを使用する場合、Adobe Campaignサーバーの起動時にプロセスを自動的に起動するには、@autostart属性を「true」に設定する必要があります。
引数の詳細:
 args: Start-up parameters 
 autoStart: Automatic start Default: false 
 callDataSize: Max. number of characters stored in the shared memory for call data
 Default: 0 
 initScript: ID of JavaScript to execute when starting the process 
 maxProcessMemoryAlertMb: Alert concerning the amount of RAM consumed (in Mb) by a given process Default: 1800 
 maxProcessMemoryWarningMb: Warning concerning the amount of RAM consumed (in Mb) by a given process Default: 1600 
 maxSharedEntries: Max. number of events stored in the shared memory. Default: 25000 
 nextOffersSize: Maximum number of eligible offers sorted right after propositions, to be stored for statistics Default: 0 
 processRestartTime: Time of the day when the process is automatically restartedDefault: '06:00:00' 
 runLevel: Priority at start Default: 10 
 targetKeySize: Max. number of characters stored in the shared memory for identifying individuals Default: 16