Show Menu
トピック×

パワーブースタとパワークラスタ

概要

Adobe Campaignには、展開の寸法を記入するための2つのセットのプリパッケージアーキテクチャオプションが用意されています。
  • パワーブースタ
    このオプションは、プライマリAdobe Campaignアプリケーションインスタンスから切り離された1つの追加実行インスタンスをサポートします。 専用の実行インスタンスは、リモートでホストすることも、サードパーティによってホストすることもできます。 実装する場合、電子メールの実行、追跡、ミラーページおよびバウンスメッセージは、中央のアプリケーション機能とは独立して処理されます。
  • 電源クラスタ
    このオプションは、特定のアプリケーションに関連して、Adobe Campaignのプライマリアプリケーションインスタンスから切り離された2 ~ n個のクラスター化された実行インスタンスをサポートします。 クラスターは、リモートで、分散デプロイメント、およびサードパーティによってホストできます。 Adobe Campaignのパワークラスターオプションを使用すると、プロセスの分離のメリットに加えて、SLAやパフォーマンスの進化をシンプルにするために、冗長性とスケールアウト戦略を実現できます。

申し込み対象

パワーブースターとパワークラスタのオプションは、次のアプリケーションで使用できます。
  • キャンペーン
  • 配信
  • Message Center

アーキテクチャ推奨のマトリックス

標準アーキテクチャ パワーブースタ 電源クラスタ
電子メールキャンペーンとアウトバウンドインタラクション 1か月あたり最大3,000万通の電子メール 月に3000万~1億通のメール 1か月に1億通以上のメール
トランザクションメッセージ 実行サーバ1時間あたり50,000 実行サーバ1時間あたり50,000 実行サーバ1時間あたり50,000
使用有無 プライマリ・データベースのデータベース 24時間365日(実行インスタンスのメンテナンス期間とダウンタイムを除く) 24/7/365サービス可能
セキュリティ データマートは、潜在的にパブリックインターネットからアクセス可能 データマートは正面向けのインターネット対応コンポーネントから切り離されています。 データマートは正面向けのインターネット対応コンポーネントから切り離されています。
導入テンプレート すべて1つのサイト(オンプレミスまたはクラウド内) クラウドで実行可能なオンプレミスマーケティング クラウドで実行するオンプレミスマーケティング可能な異なる地域での実行

推奨事項

  • 実行インスタンスは、サービス専用である必要があります。 登録していないサービス用のパッケージをインストールすることはできません。 例えば、 Message Centerサービスの Power Booster (パワーブースター)オプションをサブスクライブしている場合は 、専用の実行インスタンスにの Execution of transactional messages みパッケージをインストールできます。 使用許諾契約書を確認してください。
  • 専用インスタンス(またはクラスター)はAdobe Campaignインスタンスなので、レコメンデーションはメインインスタンスと同じです。 For more on this, refer to this document .
  • データベース/ハードウェアコンポーネントの観点からインスタンスを適切に設定するには、Adobe Campaignプロフェッショナルサービスにお問い合わせください。