Show Menu
トピック×

プロファイルの同期

ACS コネクタは、Campaign v7 から Campaign Standard にデータをレプリケートします。Campaign v7 から受け取ったデータは、Campaign Standard で配信を作成するのに使用できます。以下の操作を実行することで、プロファイルの同期方法を把握できます。
  • 新しい受信者の追加 :Campaign v7 で新しい受信者を作成して、対応するプロファイルが Campaign Standard にレプリケートされていることを確認します。 新しい受信者の作成 を参照してください。
  • 受信者を更新 :Campaign v7 で新しい受信者を編集して、Campaign Standard で対応するプロファイルを表示し、更新がレプリケートされていることを確認します。 受信者の編集 を参照してください。
  • Campaign Standard でのワークフローの構築 :Campaign v7 からレプリケートされたオーディエンスまたはプロファイルのクエリを含む Campaign Standard でワークフローを作成します。 ワークフローの作成 を参照してください。
  • Campaign Standard での配信の作成 :ワークフローに従って、配信の送信を完了します。 配信の作成 を参照してください。
  • 購読解除リンクの検証 :Campaign v7 Web アプリケーションを使用して、サービスに対する受信者の購読解除の選択が Campaign v7 データベースに送信されることを確認します。サービスの受信を停止するオプションが、Campaign Standard にレプリケートされます。 購読解除リンクの変更 を参照してください。

前提条件

以下の節では、ACS コネクタを利用して、Campaign v7 で受信者を追加および編集し、Campaign Standard 配信で使用する方法について説明します。ACS コネクタには、以下が必要です。
  • Campaign Standard にレプリケートされた Campaign v7 の受信者。
  • Campaign v7 と Campaign Standard の両方でワークフローを実行するためのユーザー権限。
  • Campaign Standard で配信を作成および実行するためのユーザー権限。

新しい受信者の作成

  1. Campaign Standard へのレプリケーション用の新しい受信者を Campaign v7 で作成します。受信者の姓、名、E メールアドレス、郵送先住所など、可能な限りの情報を入力します。ただし、敬称は次の 受信者の編集 の節で追加するので、 敬称 ​は選択しないでください。詳しくは、 受信者の追加 を参照してください。
  2. 新しい受信者が Campaign Standard に追加されたことを確認します。プロファイルを確認する際に、Campaign v7 に入力したデータが Campaign Standard でも利用可能であることを確認します。Campaign Standard でのプロファイルの場所について詳しくは、 ナビゲーションの基本 を参照してください。
    デフォルトでは、ACS コネクタの定期的なレプリケーションは、15 分ごとに 1 回です。詳しくは、 データレプリケーション を参照してください。

受信者の編集

ある 1 つのデータの変更に関する以下の手順では、データレプリケーションを使用する際に Campaign v7 が Campaign Standard のプライマリデータベースになる仕組みのシンプルな例を示します。Campaign v7 でレプリケートされたデータを変更または削除すると、Campaign Standard の対応するデータも同様に変更されます。
  1. 新しい受信者の作成 で新しく作成した受信者を選択して、受信者の名前を編集します。例えば、受信者の​ 敬称 (Mr. や Mrs. など)を選択します。詳しくは、 プロファイルの編集 を参照してください。
  2. 受信者の名前が Campaign Standard で更新されていることを確認します。Campaign Standard でのプロファイルの場所について詳しくは、 ナビゲーションの基本 を参照してください。
    デフォルトでは、ACS コネクタの定期的なレプリケーションは、15 分ごとに 1 回です。詳しくは、 データレプリケーション を参照してください。

ワークフローの作成

Campaign v7 からレプリケートされたプロファイルとサービスを利用して Campaign Standard のリッチデータを活用できます。以下の手順では、クエリを Campaign Standard ワークフローに追加し、レプリケートされたデータベースで使用する方法について説明します。
詳細および Campaign Standard ワークフローに関する完全な手順については、 ワークフロー を参照してください。
  1. Campaign Standard に移動して、 マーケティングアクティビティ ​をクリックします。
  2. 右上の「 作成 」をクリックします。
  3. ワークフロー 」をクリックします。
  4. 新規ワークフロー 」、「 次へ 」をクリックします。
  5. ラベル 」フィールドにワークフローの名前を入力し、必要に応じて追加情報を入力します。「 次へ 」をクリックします。
  6. クエリ ​ターゲットを左側の「 ターゲティング 」からワークスペースにドラッグします。
  7. クエリ 」アクティビティをダブルクリックして、レプリケートされたデータベースで使用できるパラメーターを選択します。例えば、以下のことができます。
    • プロファイル ​をワークスペースにドラッグします。フィールドのプルダウンメニューを使用して、「 外部リソース 」を選択し、Campaign v7 からレプリケートされたプロファイルを検索します。
    • 別のクエリパラメーターをドラッグして、レプリケートされたプロファイルをさらにターゲティングします。

配信の作成

配信の作成手順は、 ワークフローの作成 で開始したワークフローから続きます。
Campaign v7 Web アプリケーションを使用して、受信者によるサービスの購読解除の選択が確実に Campaign v7 データベースに送信されるようにすることができます。受信者が購読解除リンクをクリックすると、サービスの受信を停止するオプションが Campaign v7 から Campaign Standard にレプリケートされます。詳しくは、 購読解除リンクの変更 を参照してください。
以下の手順に従い、Campaign v7 で作成した購読解除サービスを使用して既存のワークフローに E メール配信を追加します。Campaign Standard ワークフローの詳細および完全な手順については、この ドキュメント を参照してください。
購読解除サービスについて Web アプリケーションを設定するには、以下の手順を実行する前に、コンサルタントにお問い合わせください。
  1. 左側の「 チャネル 」をクリックします。
  2. E メール配信 ​をワークスペースの既存のワークフローにドラッグします。
  3. E メール配信 」アクティビティをダブルクリックして、 単一送信 E メール ​または​ 繰り返し E メール ​を選択します。オプションを選択して、「 次へ 」をクリックします。
  4. E メールで送信 」をクリックして、「 次へ 」をクリックします。
  5. ラベル 」フィールドに配信の名前を入力して、必要に応じて、追加情報を入力します。「 次へ 」をクリックします。
  6. 件名 」フィールドで、受信者の E メールの受信ボックスに表示される件名を入力します。
  7. コンテンツを変更 」をクリックして、HTML テンプレートを追加します。
  8. サービスの購読解除へのリンクを含むコンテンツを選択します。「 確認 」をクリックします。
  9. 現在の購読解除リンクは、コンサルタントによって作成された Web アプリケーションを使用する新しいリンクに置き換える必要があります。E メールコンテンツの最後にある購読解除リンクを探して、1 回クリックします。ごみ箱アイコンをクリックして、リンクを削除します。
  10. 同じコンテンツ領域内をクリックして、「 購読解除リンク 」と入力します。
  11. カーソルでテキストをハイライト表示して、鎖アイコンをクリックします。
  12. このランディングページにリンク 」をクリックします。
  13. フォルダーアイコンをクリックして、ランディングページを選択します。
  14. コンサルタントによって作成された Web アプリケーションを選択して、「 確認 」をクリックします。
  15. 作成 」をクリックします。
  16. 配信名をクリックして、ワークフローに戻ります。
  17. 開始 」をクリックして、配信を送信します。E メール配信アイコンが点滅して、配信が準備中であることが示されます。
  18. E メール配信 ​チャネルをダブルクリックして、「 確認 」を選択し、E メールを送信します。「 OK 」をクリックして、メッセージを送信します。

購読解除サービスの検証

以下の手順に進む前に、 ワークフローの作成 および 配信の作成 の手順に従ってください。
  1. 受信者は、E メール配信にある購読解除リンクをクリックします。
  2. 受信者は、購読解除を確認します。
  3. Campaign v7 の受信者データが更新されて、ユーザーによる購読解除が反映されます。受信者の「 今後の連絡は不要 (すべてのチャネル) 」ボックスがオンになっていることを確認します。Campaign v7 で受信者を表示する方法については、 プロファイルの編集 を参照してください。
  4. Campaign Standard に移動して、受信者のプロファイルの詳細を開きます。「 今後の連絡は不要 (すべてのチャネル) 」の隣にチェックボックスが表示されていることを確認します。Campaign Standard でのプロファイルの場所について詳しくは、 ナビゲーションの基本 を参照してください。