Show Menu
トピック×

Web アプリケーションの同期

この使用例では、Campaign Standard を使用して、Campaign v7 Web アプリケーションへのリンクを含む通信を送信します。受信者が E メールのリンクをクリックすると、受信者のデータおよびニュースレターへの購読リンクがプリロードされた、いくつかのフィールドを含むフォームが Web アプリケーションに表示されます。受信者は、自分のデータを更新したり、サービスを購読したりできます。受信者のプロファイルは Campaign v7 で更新され、その情報が Campaign Standard にレプリケートされます。
Campaign v7 に多くのサービスおよび Web アプリケーションがある場合、それらすべてを Campaign Standard で再作成したくない場合があります。ACS コネクタを使用すると、既存のすべての Campaign v7 Web アプリケーションおよびサービスを使用して、Campaign Standard で送信した配信にリンクすることができます。

前提条件

これをおこなうには、以下が必要です。
  • Campaign v7 データベースに格納され、Campaign Standard と同期された受信者。 プロファイルの同期 の節を参照してください。
  • Campaign v7 で作成され、パブリッシュされたサービスおよび Web アプリケーション。
  • Web アプリケーションには、 Adobe Campaign の暗号化 ​の識別方法を使用する​ プリロード ​アクティビティが含まれている必要があります。

Web およびサービスの作成

Campaign v7 では、受信者がサービスを購読できる Web アプリケーションを作成できます。Web アプリケーションおよびサービスは、Campaign v7 で設計および格納され、Campaign Standard 通信を使用してこのサービスを更新できます。Campaign v7 の Web アプリケーションについて詳しくは、 この節 を参照してください。
Campaign v7 では、以下のオブジェクトが作成されています。
  • ニュースレターサービス
  • プリロード 」、「 ページ 」および「 ストレージ 」アクティビティを含む Web アプリケーション。
  1. リソース/オンライン/Web アプリケーション ​に移動して、既存の Web アプリケーションを選択します。
  2. プリロード 」アクティビティを編集します。「 フォームで参照されるデータを自動読み込み 」ボックスがオンで、「 Adobe Campaign の暗号化 」識別方法が選択されています。これにより、Web アプリケーションは、Adobe Campaign データベースに格納されたデータでフォームのフィールドをプリロードします。 このドキュメント を参照してください。
  3. ページ ​を編集します。3 つのフィールド(名前、E メールおよび電話)と、受信者にニュースレターの購読( ニュースレター ​サービス)を勧めるチェックボックスが含まれています。
  4. プロファイルとターゲット/サービスと購読 ​に移動し、 ニュースレター ​サービスを開きます。これは、Campaign Standard 通信から更新されるサービスです。このサービスを購読している受信者はまだいません。
  5. プロファイルとターゲット/受信者 ​に移動し、受信者を選択します。その受信者がまだサービスを購読していないことがわかります。

データのレプリケート

Campaign v7 と Campaign Standard との間で必要なデータをレプリケートするために、いくつかのレプリケーションワークフローテンプレートを使用できます。 プロファイルのレプリケーション ​ワークフローは、すべての Campaign v7 受信者を Campaign Standard に自動的にレプリケートします。 テクニカルワークフローおよびレプリケーションワークフロー を参照してください。 ランディングページのレプリケーション ​ワークフローを使用すると、Campaign Standard で使用したい Web アプリケーションのレプリケーションが可能です。
データが正しくレプリケートされたことを確認するには、Campaign Standard で以下の手順に従います。
  1. ホーム画面から、 顧客プロファイル ​をクリックします。
  2. Campaign v7 受信者を検索して、Campaign Standard に表示されることを確認します。
  3. 上部のバーで​ マーケティングアクティビティ ​をクリックし、Campaign v7 Web アプリケーションを検索します。Campaign Standard でランディングページとして表示されます。
  4. 左上隅の Adobe Campaign ロゴをクリックし、 Profiles & Audiences/サービス ​を選択して、ニュースレターサービスもあることを確認します。

E メールの設計と送信

ここでは、Campaign Standard E メールで、Campaign v7 Web アプリケーションからレプリケートされたランディングページへのリンクを含める方法を確認します。
E メールを作成、設計、送信する手順は、従来の E メールと同じです。 Adobe Campaign Standard のドキュメントを参照してください。
  1. 新しい E メールを作成して、1 つまたは複数のレプリケートされたプロファイルをオーディエンスとして選択します。
  2. コンテンツを編集して、 ランディングページへのリンク ​を挿入します。
  3. Campaign v7 Web アプリケーションからレプリケートされたランディングページを選択します。
  4. E メールを準備し、配達確認を送信して、最終的な E メールを送信します。
  5. 受信者の 1 人が E メールを開いて、ニュースレター購読へのリンクをクリックします。
  6. 受信者は電話番号を追加して、ニュースレター購読ボックスを確認します。

更新情報の取得

受信者が Web アプリケーションを使用して自分のデータを更新すると、Adobe Campaign v7 は更新された情報を同期的に取得します。次に、Campaign v7 から Campaign Standard にレプリケートされます。
  1. Campaign v7 で​ プロファイルとターゲット/サービスと購読 ​に移動し、 ニュースレター ​サービスを開きます。受信者が購読者リストに表示されていることがわかります。
  2. プロファイルとターゲット/受信者 ​に移動し、その受信者を選択します。電話番号が格納されていることがわかります。
  3. 購読 」タブで、その購読者がニュースレターサービスを購読したこともわかります。
  4. プロファイルレプリケーションワークフローが実行されるまで数分待ちます。
  5. Campaign Standard で、受信者プロファイルにアクセスして、更新されたデータが Campaign v7 から正しくレプリケートされていることを確認します。
  6. プロファイルを編集します。電話番号が更新されていることがわかります。
  7. 購読 」タブをクリックします。ニュースレターサービスが表示されます。