Show Menu
トピック×

Twitter へのパブリッシュ

Twitter アカウントへのパブリッシュ

設定が完了すると、ソーシャルマーケティングで Twitter アカウントにツイートを送信できます。

制限事項

Twitter には次の制限があります。
  • メッセージの長さは 140 文字以下にする必要があります。
  • HTML はサポートされていません。

配信の作成

ツイート(Twitter) 」配信テンプレートに基づいて新しい配信を作成します。

メインターゲットの選択

ツイートの送信先アカウントを選択します。
  1. 宛先 」リンクをクリックします。
  2. 追加 」ボタンをクリックします。
  3. Twitter アカウント 」を選択します。
  4. フォルダー 」フィールドで、Twitter アカウントを含むサービスフォルダーを選択します。次に、ツイートを送信する Twitter アカウントを選択します。

配達確認のターゲットの選択

配達確認のターゲット 」タブでは、最終的な配信の前に、テスト目的で使用する Twitter アカウントを定義できます。このため、配達確認の送信専用に使用する専用の非公開 Twitter アカウントを作成することをお勧めします。非公開 Twitter アカウントを作成する方法について詳しくは、 Twitter でのテストアカウントの作成 を参照してください。配達確認のターゲットを選択する手順は、メインターゲットを選択する手順と同じです。 Twitter でのテストアカウントの作成 を参照してください。
すべての配信に同じ Twitter テストアカウントを使用する場合、「 ツイート 」配信テンプレートに配達確認のターゲットを保存できます。このテンプレートには、 リソース/テンプレート/配信テンプレート ​ノードからアクセスできます。これにより、新規の各配信で、配達確認のターゲットがデフォルトで入力されるようになります。

メッセージコンテンツの定義

コンテンツ 」タブにツイートの内容を入力します。

プレビューの表示

プレビュー 」タブでは、ツイートのレンダリングを表示できます。
  1. プレビュー 」タブをクリックします。
  2. パーソナライゼーションをテスト 」ドロップダウンメニューをクリックし、「 サービス 」を選択します。
  3. フォルダー 」フィールドで、Twitter アカウントを含むサービスフォルダーを選択します。
  4. プレビューをテストする Twitter アカウントを選択します。
プレビューは、最終的なツイートとは多少異なる場合があります。最終的な配信の前に、配達確認を送信してツイートの正確なレンダリングを確認することを強くお勧めします。 配達確認の送信 を参照してください。

トラッキングの設定

トラッキングは、配信レポート、さらに配信とサービスの​ 編集/「トラッキング」 ​タブで表示できます。
トラッキング設定は、E メール配信の場合と同じです。詳しくは、 この節 を参照してください。
ツイート 」配信テンプレートでは、トラッキングがデフォルトで有効になっています。
ツイートを分析するロボットと実際にクリックしているユーザーの違いを見分けることはできません。

配達確認の送信

最終的な配信の前に、パブリケーションの配達確認を送信してテスト用の非公開 Twitter ページでパブリケーションの正確なレンダリングを確認することを強くお勧めします。非公開 Twitter アカウントの作成について詳しくは、 Twitter でのテストアカウントの作成 を参照してください。配達確認のターゲットを選択する手順について詳しくは、 配達確認のターゲットの選択 を参照してください。
配達確認の配信は、E メールの配信と同じです。 この節 を参照してください。

メッセージの送信

  1. コンテンツが承認されたら、「 送信 」ボタンをクリックします。
  2. 可能な限り早く配信 」を選択し、「 分析 」ボタンをクリックします。
    配信を延期 」オプションを使用すると、後日まで配信を延期できます。
  3. 分析が完了したら、結果を確認します。
  4. 配信を確定 」をクリックし、「 はい 」をクリックします。

購読者へのダイレクトメッセージの送信

動作の仕組み

Twitter アカウントを同期 」ワークフロー( Twitter アカウントの同期 を参照)は、Twitter 購読者のリストを取得して、ダイレクトメッセージを送信できるようにします。取得したフォロワーは、「訪問者」という特定のテーブルに格納されます。Twitter フォロワーのリストを表示するには、 プロファイルとターゲット/訪問者 ​ノードに移動します。
ワークフローが Twitter フォロワーのリストを取得するには、アカウントにリンクされたサービスの編集画面で「 Twitter アカウントを同期 」ボックスをオンにする必要があります。詳しくは、 Adobe Campaign への書き込みアクセス権のデリゲート を参照してください。
Adobe Campaign は、各フォロワーについて次の情報を取得します。
  • 生成元 :ソーシャルネットワークの名前(この場合、 Twitter
  • 外部 ID :ユーザー識別子
  • ユーザー名 :ユーザーのアカウント名
  • フルネーム :ユーザーの名前
  • 言語 :ユーザーの言語
  • 友達の数 :フォロワー数
  • タイムゾーン :ユーザーのタイムゾーン
  • 検証済み :ユーザーが検証済みの Twitter アカウントを持っているかを示すフィールド

制限事項

Twitter には次の制限があります。
  • メッセージの長さは 140 文字以下にする必要があります。
  • HTML はサポートされていません。
  • 1 日に 250 件を超えるダイレクトメッセージを送信することはできません。このしきい値を超えないようにするには、複数のウェーブで配信します。ウェーブでの配信は、E メール配信の場合と同じように設定します。詳しくは、 この節 を参照してください。

配信の作成

ツイート(ダイレクトメッセージ) 」配信テンプレートに基づいて新しい配信を作成します。

メインターゲットの選択

ダイレクトメッセージを送信するフォロワーを選択します。
  1. 宛先 」リンクをクリックします。
  2. 追加 」ボタンをクリックします。
  3. ターゲティングのタイプを選択します。
    • Twitter 購読者 」を選択し、アカウントのフォロワー全員にダイレクトメッセージを送信します。
      1 日に 250 件を超えるメッセージを送信することはできません。Twitter アカウントに 250 人を超えるフォロワーがいる場合は、複数のウェーブで配信することを強くお勧めします。これには、E メール配信と同じ手順が必要です。 この節 を参照してください。
    • フィルター条件 」を選択し、クエリを定義して結果を表示します。このオプションは、E メール配信の場合と同じです。詳しくは、 この節 を参照してください。

配達確認のターゲットの選択

配達確認のターゲット 」タブでは、ダイレクトメッセージの配達確認を受信するフォロワーを選択できます。選択する手順は、メインターゲットの場合と同じです。 メインターゲットの選択 を参照してください。
すべてのダイレクトメッセージの配達確認を同じ Twitter フォロワーに送信する場合、「 ツイート(ダイレクトメッセージ) 」配信テンプレートに配達確認のターゲットを保存できます。このテンプレートには、 リソース/テンプレート/配信テンプレート ​ノードからアクセスできます。これにより、新規の各配信で、配達確認のターゲットがデフォルトで入力されるようになります。

メッセージコンテンツの定義

コンテンツ 」タブにツイートの内容を入力します。
パーソナライゼーションフィールドは、E メール配信と同じ手順で使用可能です。例えば、メッセージの本文にフォロワーの名前を追加できます。コンテンツのパーソナライゼーションについて詳しくは、 この節 で説明しています。
残りの手順は、ツイートを Twitter アカウントに送信する場合と同じです。 Twitter アカウントへのパブリッシュ を参照してください。