Show Menu
トピック×

バックアップ

マシン上の問題(物理的な問題でもシステム関連の問題でも)のイベントにデータが失われないように、バックアップは不可欠です。
データは、次の2つの場所に別々に保存されます。
  • 物理ファイルはAdobe Campaignディレクトリに格納され、
  • その他のデータはデータベースに格納されます。
データの大部分はデータベースにあります。 これは、バックアップする情報の99%を表します。

物理ファイル

ファイルは、次の複数のカテゴリーに分けられます。
  • 構成ファイル( nl6/conf内)
    これにより、Adobe Campaignを非常に迅速に再設定できます。
  • リダイレクトファイル nl6/var/ <instancename> /redir
    これらはトラッキング(「前頭」と呼ばれることが多い)サーバー上にあり、以前のキャンペーンのリダイレクトがすべて含まれます。 これらは、以前のキャンペーンでも引き続き使用されます。
  • ログファイル: nl6/var/ <instancename> /log
    これらは、問題を追跡するために使用できます。
したがって、バックアップするディレクトリは次のとおりです。
  • nl6/conf
  • nl6/var/ <instanceName> /redir(各インスタンスに対して)
  • nl6/var/ <instanceName> /log(オプション)
  • nl6/var/ <instanceName> /relay(オプション)
データベースをバックアップする必要があります。

データベース

データベースには、Adobe Campaignリッチクライアントコンソールに表示されるすべての情報と、すべての基幹業務データが含まれます。
この操作は、ホスティング会社とそのデータベース管理者が行います。