Show Menu
トピック×

設定原則

Adobe Campaignプラットフォームは、Apacheが使用する仮想ホストと同様に、インスタンスの概念に基づいています。 この操作モードでは、1つのサーバーに複数のインスタンスを割り当てることで、1つのサーバーを共有できます。 インスタンスは互いに完全に分離され、独自のデータベースと設定ファイルを使用して動作します。
特定のサーバーには、すべてのAdobe Campaignインスタンスに共通の2つの要素があります。
  • 内部パ スワード :一般管理者のパスワードです。 特定のアプリケーションサーバーのすべてのインスタンスに共通です。
    内部識別子を使用してログオ ンするには 、事前にパスワードを定義しておく必要があります。 詳しくは、 この節 を参照してください。
  • 複数のテクニカルサーバ構成:これらの設定はすべて、インスタンスの特定の設定でオーバーロードできます。
設定ファイルは、インストールディレクトリの conf ディレクトリに保存されます。 設定は3つのファイルに分類されます。
  • serverConf.xml :すべてのインスタンスの全体的な設定。
  • config- <instance> .xml (はイン <instance> スタンス名です):インスタンスの特定の設定。
  • serverConf.xml.diff :初期設定と現在の設定の差。 このファイルはアプリケーションによって自動的に生成され、手動で変更しないでください。 これは、ビルドバージョンの更新時にユーザーの変更を自動的に反映するために使用されます。
インスタンス設定は、次のように読み込まれます。
  • モジュールは、 serverConf.xmlファイルを読み込み 、すべてのインスタンスで共有されるパラメーターを取得します。
  • 次に、 config- <instance> .xmlファイルを読み込みます 。 このファイルで見つかった値は、 serverConf.xmlに含まれる値よりも優先されます
    これら2つのファイルは同じ形式です。 config- .xmlファイル内の特定のインスタンスに対して、 serverConf.xml内の任意の値をオーバーロードできます <instance>
このオペレーティングモードは、設定に非常に柔軟性があります。