Show Menu
トピック×

ログファイル

ログファイルは次のように整理されます。
各nlserver モジュールは 、次のディレクトリに保存されたログファイルを生成します。 <installation directory> /var/ <instance> /log/ <module> .log .
nlserver syslogd モジュールは 、ログをディスクに保存します。 このモジュールはUnixの syslogデーモンに似ています ​が、UnixとWindowsの互換性を考慮したものです。 他のAdobe Campaignモジュールは、ログをディスクに保存しません。このタスクは、UDPパケットを送 信して 、syslogdモジュールに委任します。
デフォルトでは、Adobe Campaignプラットフォームには syslogd モジュールがインストールされていますが、別の syslogデーモンを使用できます 。 このモジュールは、ログディレクトリにログファイルを 作成します
マルチインスタンスモジュールのログは、次のディレクトリに保存されます。 <installation directory> /var/default/log/ . 同じログファイルは、すべてのインスタンス( web.log )で共有されます。
その他のモジュールのログは、インスタンスの名前を付けたサブフォルダーに保存されます。 各インスタンスには独自のログファイルがあります。
次の表に、マルチインスタンスのログファイルを示します。
ファイル
説明
web.log
Webモジュールログ(クライアントコンソール、レポート、SOAP APIなど)
webmdl.log
リダイレクトモジュールからのログ
watchdog.log
Adobe Campaignプロセス監視モジュールからのログ
trackinglogd.log
トラッキングログ
モノラルインスタンスのログファイルを次の表に示します。
ファイル
説明
mta.log
mtaモジュールログ
mtachild.log
メッセージ配信処理ログ
wfserver.log
ワークフローサーバーモジュールのログ
runwf.log
ワークフローの実行ログ
inMail.log
バウンスメールモジュールログ
logins.log
Adobe Campaignへのすべてのログイン試行をログに記録します(成功または失敗)。
redirディレ クトリは 、リダイレクトサーバー上にのみ存在します。 urlサブデ ィレクトリには 、リダイレクトするURLと一致するURLが格納され、サブディレクトリログには トラッキング ログが格納されます。 トラッキングログを生成するには、 trackinglogdモジュール が実行中である必要があります。
パフォーマンスとストレージの最適化のために、logins.logファイルは複数のファイルに分割され、毎日1つ(logins.yy-mm-dd.log)のファイルが保持されます。最大365個のファイルが保持されます。 日数は、serverConf.xmlのsyslogd( maxNumberOfLoginsFiles option)で変更できます。 サーバー設定ファイルのドキュメ ントを参照してくださ い。
デフォルトでは、ログはモジュールごととインスタンスごとに2つの10 MBのファイルに制限されます。 2つ目のファイルは次のように呼び出されます。 <modulename> _2.log . したがって、ログのサイズはモジュールごとおよびインスタンスごとに2*10 MBに制限されます。
ただし、大きいファイルは保持できます。 これを有効にするには、conf/serverConf.xmlファイルの syslogd ノードのmaxFileSizeMb="10"設定の 値を変更 します。 この値は、ログファイルの最大サイズ(MB単位)を表します。
ログの詳細レベルをさらに維持する場合は、 -verboseパラメーターを使用してAdobe Campaignモジュールを起動で きます。
nlserver start <MODULE> @ <INSTANCE> -verbose