Show Menu
トピック×

ログファイル

ログファイルは、次のように整理されます。
nlserver モジュールは、次のディレクトリに保存されたログファイルを生成します。 <installation directory> /var/ <instance> /log/ <module> .log .
nlserver syslogd ​モジュールは、ログをディスクに保存します。 このモジュールはUnixの syslogデーモンに似ていますが 、UnixとWindowsの互換性に対応しています。 他のAdobe Campaignモジュールは、ログをディスクに保存しません。このタスクは、UDPパケットを送信することで syslogd モジュールに委任されます。
デフォルトでは、Adobe Campaignプラットフォームには syslogd モジュールがインストールされていますが、別の syslogデーモンを使用することも可能です 。 このモジュールは、 log ディレクトリにログファイルを作成します。
マルチインスタンスモジュールのログは、次のディレクトリに保存されます。 <installation directory> /var/default/log/ . 同じログファイルがすべてのインスタンス( web.log )で共有されます。
他のモジュールのログは、インスタンスの名前を付けたサブフォルダーに保存されます。 各インスタンスには、独自のログファイルがあります。
マルチインスタンスのログファイルを次の表に示します。
ファイル
説明
web.log
Webモジュールログ(クライアントコンソール、レポート、SOAP APIなど)
webmdl.log
リダイレクトモジュールからのログ
watchdog.log
Adobe Campaignプロセス監視モジュールからのログ
trackinglogd.log
トラッキングログ
モノインスタンスログファイルを次の表に示します。
ファイル
説明
mta.log
mtaモジュールログ
mtachild.log
メッセージ配信の処理ログ
wfserver.log
ワークフローサーバーモジュールのログ
runwf.log
ワークフローの実行ログ
inMail.log
バウンスメールモジュールログ
logins.log
Adobe Campaignに対するすべてのログイン試行をログに記録します(成功したかどうか)
redir ​ディレクトリは、リダイレクトサーバーにのみ存在します。 url サブディレクトリには、リダイレクトするURLと一致するURLが含まれ、サブディレクトリ ログにはトラッキングログが含まれます ​。 トラッキングログを生成するには、 trackinglogd モジュールが実行されている必要があります。
パフォーマンスとストレージの最適化のために、logins.logファイルは複数のファイルに分割され、毎日1つ(logins.yy-mm-dd.log)が保持されます。最大365個のファイルが保持されます。 日数は、syslogd( maxNumberOfLoginsFiles オプション)の下のserverConf.xmlで変更できます。 サー バー設定ファイルのドキュメントを参照してください
デフォルトでは、ログの10 MBのファイルはモジュールあたり2個、インスタンスあたり2個に制限されます。 2つ目のファイルは次のように呼び出されます。 <modulename> _2.log . したがって、ログのサイズは、モジュールあたり2*10 MBまたはインスタンスあたりに制限されます。
ただし、大きいファイルは保持できます。 これを有効にするには、conf/serverConf.xml ファイルの syslogd ノードのmaxFileSizeMb="10" 設定を変更し ​ます。 この値は、ログファイルの最大サイズ(MB単位)を表します。
ログの詳細レベルをさらに高く維持したい場合は、 -verbose パラメータを使用してAdobe Campaignモジュールを開始できます。
nlserver開始 <MODULE> @ <INSTANCE> -verbose