Show Menu
トピック×

通常のコマンド

この節では、Adobe Campaignの通常のコマンドをリストします。
コマンド nlserver は、Adobe Campaignアプリケーション全体に対する入力コマンドです。
このコマンドの構文は次のとおりです。 nlserver <command> <arguments>
このパラメーター <command> はモジュールに対応しています。
  • いずれにしても、モジュールの起動後に表示されるコメントを削除する -noconsole 引数を追加できます。
  • 逆に、引数 -verboseを追加すると 、詳細情報を表示できます。

監視コマンド

すべてのモジュールをリストするには、 nlserver pdump コマンドを使用する必要があります。
パラメータ -who をリストに追加して、進行中の接続(データベースとアプリケーション)を指定できます。
nlserver pdump -who
HH:MM:SS > Application server for Adobe Campaign Classic (7.X YY.R build XXX@SHA1) of DD/MM/YYYY
web@default (9984) - 50.1 Mo
watchdog (2273) - 6.6 Mo
syslogd@default (9931) - 7.0 Mo
trackinglogd@default (9985) - 45.6 Mo
mta@test (9986) - 9.6 Mo
wfserver@test (9987) - 8.8 Mo

Connections ------------------------------------------------------
Last Access IP Instance Login 
DD/MM/YYYY HH:MM:SS 127.0.0.1 default formation_fr|tracking
DD/MM/YYYY HH:MM:SS 127.0.0.1 default internal|monitoring

Connection pool --------------------------------------------------
Datasource Server Provider Login 
default xxxxx myserver myprovider test400

もう1つの便利なコマンドは、 nlserver monitor ​です。 監視XMLファイルをリストします(Adobe Campaignクライアントで取得するか、 monitor.jsp Webページを介して取得)。
不要なモジュール(リスト、モジュールの シャットダウンなどのエラー)に対して、パラメーター の欠落をに追加できます。
nlserver monitor -missing
HH:MM:SS > Application server for Adobe Campaign Classic (7.X YY.R build XXX@SHA1) of DD/MM/YYYY
inMail@test
mta@test
wfserver@test

これは、自動起動のモジュールに対応しますが、まだ起動されていません。

モジュール起動コマンド

モジュールを起動する構文は、次の形式を維持します。
nlserver start <module>@<INSTANCE>

nlserver stop <module>@<INSTANCE>

<instance> は、設定ファイルで入力したインスタンスの名前に対応します。または、モノインスタンスモジュールの デフォルト に対応します。

サービスのシャットダウン

Adobe Campaignサービスを停止するには、次のいずれかのコマンドを使用します。
  • rootまたは管理者アクセス権を持っている場合:
    • Linuxの場合:
      /etc/init.d/nlserver6 stop
      
      
      20.1からは、(Linuxの場合は)次のコマンドを使用することをお勧めします。 systemctl stop nlserver
    • Windowsの場合:
      net stop nlserver6
      
      
  • そうでない場合は、Adobe Campaignアカウントで次の操作を行います。
    nlserver shutdown 
    
    

サービスの再起動

同様に、Adobe Campaignを再起動するには、次のいずれかのコマンドを使用します。
  • rootまたは管理者アクセス権を持っている場合:
    • Linuxの場合:/etc/init.d/nlserver6開始
      20.1からは、(Linuxの場合は)次のコマンドを使用することをお勧めします。 systemctl開始nlserver
    • Windowsの場合:net開始nlserver6
  • それ以外の場合は、Adobe Campaignアカウントで次の操作を行います。 nlserver watchdog -svc -noconsole

configコマンド

config コマンドを使用すると 、データベース接続の再設定など、サーバー設定を管理できます。
nlserver 実行可能ファイルの config コマンドを、 ​-setdbloginパラメータと共に使用します。
nlserver config -setdblogin:<[dbms:]account[:database][/password]@server>

nlserver config -setdblogin:PostgreSQL:<accountName>:test6@dbserver

パスワードを入力します。
内部 パスワードを変更するには : nlserver config - internalpassword
Internal identifierを使用してログオンするには、事前にパスワードを定義しておく必要があります。 詳しくは、 この節 を参照してください。
  • 一般に、設定ファイルを手動で変更する代わりに、 config コマンドを使用できます
  • パラメーターのリストを取得するには、 -? パラメーター: nlserver config - ?
  • Oracleデータベースの場合は、アカウントを指定しないでください。 構文は次のとおりです。
nlserver config -setdblogin:Oracle:test6@dbserver