Show Menu
トピック×

接続のしきい値

負荷の高いサーバーの場合は、接続しきい値を超える可能性があります。 どのような場合でも、理由を知ると役に立ちます。
しきい値は3種類あります。
  1. Webサーバーで設定されるWeb接続のしきい値。 変更するには、システム管理者に問い合わせてください。
  2. データベース接続のしきい値。 変更する場合は、データベース管理者に問い合わせてください。
  3. Adobe Campaignの接続しきい値は、次の2か所で使用できます。
    • Tomcat側:実際にAdobe Campaign Tomcatクライアントに到着するすべてのクエリー。
      このしきい値は、nl6/tomcat-7/conf/server.xmlファイルで 設定します 。 maxThreads 属性を使用すると 、一度に処理されるクエリーの数のしきい値を増やすことができます。 例えば、250に変更できます。
      <Connector protocol="HTTP/1.1" port="8080"
                     maxThreads="75"
                     minSpareThreads="5"
                     enableLookups="true" redirectPort="8443"
                     acceptCount="100" connectionTimeout="20000"
                     disableUploadTimeout="true" />
          <Engine name="Tomcat-Standalone" defaultHost="localhost">
            <Host name="localhost" appBase="./"
                  unpackWARs="true" autoDeploy="true">
      
      
    • データベース:プロセスによってデータベース上で同時に開かれるすべての接続のセット。
      このしきい値は、ファイルnl6/conf/serverConf.xmlで設定 します 。 データソース プールにある maxCnx 属性を使用すると 、同時に処理されるクエリーのしきい値を増やすことができます。
          <!-- Data source
               -->
            <dataSource name="default">
              <dbcnx NChar="" bulkCopyUtility="" dbSchema="" encrypted="" login="" password="" provider="" server="" timezone="" unicodeData="" useTimestampTZ=""/>
              <sqlParams funcPrefix="">
                <postConnectSQL/>
              </sqlParams>
              <pool aliveTestDelaySec="600" freeCnx="0" maxCnx="90" maxIdleDelaySec="1200"/>
            </dataSource>