Show Menu
トピック×

データベースのパフォーマンス

パフォーマンスの問題のほとんどは、データベースのメンテナンスに関連しています。 パフォーマンスの低下の原因を特定する際に役立つ主な4つのリードを示します。
  • 設定,
  • Adobe Campaignプラットフォームのインストールと設定、
  • データベースのメンテナンス,
  • リアルタイム診断。

設定

最初のAdobe Campaignプラットフォーム設定が引き続き有効であることを確認し、必要に応じて、配信品質やデータベースサイズの観点からお客様のニーズを再評価します。 また、完全なハードウェアチェック(CPU、RAM、IOシステム)を実行することをお勧めします。
インサイトについては、『 Adobe Campaignハードウェアサイズガイド 』を参照してください。

プラットフォームの設定

不適切な設定は、プラットフォームのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。 ネットワーク設定、プラットフォームの配信品質オプション、およびMTA設定を serverConf.xml ファイルで確認することをお勧めします。

データベースメンテナンス

データベースのクリーンアップタスク
データベースのクリーンアップタスクが動作していることを確認してください。 これを行うには、ログファイルにエラーが含まれているかどうかを確認する表示を行います。 詳しくは、 この節 を参照してください。
保守計画
データベースのメンテナンスが正しくスケジュールされ、実行されていることを確認します。 これを行うには、データベース管理者に問い合わせて、次の情報を確認してください。
  • 彼らのメンテナンススケジュール
  • 以前に実行した保守計画
  • スクリプトログの表示。
詳しくは、 この節 を参照してください。
ミッドソーシング設定を使用する場合は、データベースを定期的に管理する必要があります。 マーケティングプラットフォーム上の配信を分析する際、マーケティングインスタンスはミッドソーシングインスタンスに情報を送信します。 プロセスの速度が遅くなると、マーケティングインスタンスに影響が出ます。
作業テーブルの管理
作業用テーブルの数とサイズを確認してください。 一定のサイズを超えると、データベースのパフォーマンスが低下します。 これらのテーブルはワークフローと配信によって作成されます。 ワークフローと配信がアクティブな間は、データベースに残ります。 作業テーブルのサイズを制限するには、次の操作を実行します。
  • 次のステータスの配信を停止または削除します。 失敗 進行中 、配信 の準備完了 、または 一時停止
  • エラーが原因で一時停止されたワークフローの停止または削除、
  • エン アクティビティを含まないテストで使用され、ステータスが「 一時停止」のままのワークフローをすべて停止します
操作に長い時間がかかり、大量のスペースが解放される場合は、インデックスの再構築など、十分なメンテナンスが必要になります。 詳しくは、 この節 を参照してください。
Adobe Campaignプロセスの監視
Adobe Campaignのインストール設定に応じて、プラットフォーム監視には次の2つのツールを使用できます。
  • インスタンスの実稼働ページ。 For more on this, refer to Manual monitoring .
  • netreportスクリプト。 詳しくは、「Adobe Campaignスクリプトを使用した 自動監視 」を参照してください。

Specifics

問題の原因を特定するために、リアルタイム診断を実行する必要が生じる場合があります。 開始を行うには、プロセスおよびプラットフォームのログファイルを確認し、問題の再作成中にデータベースのアクティビティを監視します。 特に、次の点に注意してください。
  • 保守実施計画
  • 実行中のSQLクエリ、
  • 外部プロセスが同時に実行されているかどうか(クレンジング、インポート、集計の計算など)。