Show Menu
トピック×

キャンペーントラッキング

セントラルエンティティのオペレーターは、キャンペーンパッケージのリストに含まれているキャンペーンのオーダーをトラッキングできます。
トラッキングにより、以下の操作が可能です。

パッケージのフィルタリング

キャンペーン ​ウィンドウでは、既存のすべての分散型マーケティングキャンペーンを含む、 キャンペーンパッケージ ​のリストを表示できます。このリストをフィルタリングすると、例えば、パブリッシュ済み、承認待ちのキャンペーンのみを表示することが可能です。フィルタリングを実行するには、このビューの上部にあるリンクをクリックするか、「 リストをフィルター 」リンクを使用して、表示するキャンペーンパッケージのステータスを選択します。

パッケージの編集

キャンペーンパッケージ ​ページでは、各パッケージの概要を表示できます。
概要には、ラベル、キャンペーンのタイプのほか、パッケージの作成元であるキャンペーン名、フォルダーの情報が含まれます。
編集するには、パッケージの名前をクリックします。ローカルエンティティ別またはステータス別に、オーダーを表示することもできます。
概要は、すべてのオーダーのリストが表示される​ キャンペーンオーダー ​ビューでも参照できます。
セントラルオペレーターは、それには、次の 2 つの方法があります。
  1. オペレーターはオーダーの名前をクリックして編集を実行します。オーダーの詳細が表示されます。
    編集/「一般」 ​タブには、キャンペーンのオーダー時にローカルエンティティによって入力された情報が表示されます。
  2. キャンペーンパッケージのラベルをクリックして編集を実行します。一部の設定の変更が可能です。

パッケージのキャンセル

セントラルエンティティは、いつでもキャンペーンパッケージをキャンセルできます。
キャンペーンパッケージの​ ダッシュボード ​で、「 パッケージをキャンセル 」をクリックします。
コメント 」フィールドにキャンセルの理由を入力します。
ローカルキャンペーン ​の場合は、使用可能なマーケティングキャンペーンのリストから、キャンセルされたパッケージが削除されます。
協調キャンペーン ​の場合は、パッケージをキャンセルすると、次の一連のアクションが実行されます。
  1. このパッケージに関連付けられているオーダーが、すべてキャンセルされます。
  2. 参照キャンペーンがキャンセルされ、アクティブなプロセス(ワークフローや配信)がすべて停止されます。
  3. 関係するすべてのローカルエンティティに通知が送信されます。
セントラルエンティティは、必要であればキャンセルされたパッケージにアクセスし、再初期化することができます(次の節を参照)。再初期化されたパッケージは、承認され、使用が開始されれば、再びローカルエンティティに提供できます。パッケージの再初期化の手順については、次の節で説明します。

パッケージの再初期化

パブリッシュ済みのキャンペーンパッケージは、再初期化し、修正を加えて、再びローカルエンティティに提供することができます。
  1. 再初期化するパッケージを選択します。
  2. パッケージを再初期化して再利用 ​リンクをクリックし、「 OK 」をクリックします。
  3. 保存 」ボタンをクリックして、パッケージの再初期化を承認します。
  4. パッケージのステータスが​ 編集中 ​に変わります。パッケージに修正を加え、承認し、パブリッシュすると、そのパッケージは再びキャンペーンパッケージのリストに表示されます。
キャンセルしたキャンペーンパッケージを再初期化することもできます。