Show Menu
トピック×

マーケティングキャンペーンの設定

キャンペーンには、アクション(配信)とプロセス(ファイルのインポートまたは抽出)だけでなく、マーケティングドキュメントや配信の概要といったリソースも含まれます。これらはマーケティングキャンペーンで使用されます。キャンペーンはプログラムの一部で、プログラムは 1 つのキャンペーンプランに含まれます。
マーケティングキャンペーンを作成するには:
  1. キャンペーンの作成:キャンペーンとその特性(ラベル、タイプ、開始日と終了日、予算、関連リソース、マネージャー、参加者)を確認します。
    キャンペーンの作成 を参照してください。
  2. ターゲット母集団の定義:ターゲット設定クエリを使用してワークフローを作成します。
    ターゲット母集団の選択 を参照してください。
  3. 配信の作成:チャネルを選択し、送信するコンテンツを定義します。
    配信の作成 を参照してください。
  4. 配信を承認します。
    承認プロセス を参照してください。
  5. 配信を監視します。
    監視 を参照してください。
  6. キャンペーンと関連コストを計画します。
これらの手順が完了したら、配信を開始し( 配信の開始 を参照)、データ、プロセスおよび配信に関連する情報を確認し、必要に応じて関連ドキュメントを管理します( 関連付けられたドキュメントの管理 を参照)。また、キャンペーンと配信の処理フェーズの実行をトラッキングすることもできます( トラッキング を参照)。

プランとプログラム階層構造の作成

マーケティングのプランおよびプログラムに関するフォルダー階層構造を設定するには:
  1. ホームページ上の「 エクスプローラー 」アイコンをクリックします。
  2. プランの作成場所とするフォルダーを右クリックします。
  3. 新規フォルダーを追加/キャンペーン管理/プラン ​を選択します。
  4. プランの名前を変更します。
  5. 作成したプランを右クリックし、「 プロパティ 」を選択します。
  6. 一般 」タブで、パッケージエクスポート時の重複を避けるために「 内部名 」を変更します。
  7. 保存 」をクリックします。
  8. 作成したプランを右クリックし、「 新しい「プログラム」フォルダーを作成 」を選択します。
  9. 以上の手順を繰り返して、新しいプログラムフォルダーの名前および内部名を変更します。

キャンペーンの作成

キャンペーンの追加

キャンペーンのリストからキャンペーンを作成できます。このビューを表示するには、 キャンペーン ​ダッシュボードで​ キャンペーン ​メニューを選択します。
プログラム 」フィールドを使用して、キャンペーンを関連付けるプログラムを選択できます。この情報は必須です。
キャンペーンは、プログラムからも作成できます。作成するには、該当するプログラムの「 スケジュール 」タブの「 追加 」ボタンをクリックします。
プログラムの「 スケジュール 」タブからキャンペーンを作成すると、関連するプログラムに自動的にリンクされます。この場合、「 プログラム 」フィールドは非表示になります。
キャンペーン作成ウィンドウで、キャンペーンテンプレートを選択し、キャンペーンの名前と説明を追加します。キャンペーンの開始日と終了日も指定できます。
OK 」をクリックして、キャンペーンを作成します。作成されたキャンペーンが、プログラムスケジュールに追加されます。
表示するキャンペーンをフィルタリングするには、「 フィルター 」リンクをクリックして、表示するキャンペーンのステータスを選択します。

キャンペーンの編集と設定

作成したキャンペーンを編集し、パラメーターを定義できます。
キャンペーンを開いて設定するには、スケジュールからキャンペーンを選択して、「 開く 」をクリックします。
すると、キャンペーンダッシュボードが表示されます。

繰り返しキャンペーンと定期的キャンペーン

繰り返しキャンペーンは、特定のテンプレートをベースとするキャンペーンで、関連付けられたスケジュールに従って実行するようにワークフローが設定されています。そのため、1 つのキャンペーン内でワークフローが繰り返されます。ターゲティングは実行ごとに複製され、各種プロセスとターゲット母集団がトラッキングされます。ターゲットの推定を使用したシミュレーションを開始するために、自動ワークフロー作成時の対象期間によって、将来のターゲティングをあらかじめ実行することもできます。
定期的なキャンペーンは、キャンペーンテンプレートの実行スケジュールに従って自動的に作成されるキャンペーンです。

繰り返しキャンペーンの作成

繰り返しキャンペーンは、実行するワークフローテンプレートと実行スケジュールを定義する特定のテンプレートから作成します。

繰り返しキャンペーン用のテンプレートの作成

  1. 繰り返し ​キャンペーンテンプレートを作成します。
    空のテンプレートを作成する代わりに、デフォルトのテンプレートを複製することを推奨します。
  2. テンプレートの名前とキャンペーン期間を入力します。
  3. このタイプのキャンペーンの場合は、テンプレート実行スケジュールを作成するために、「 スケジュール 」タブが追加されます。
このタブで、このテンプレートをベースとするキャンペーンの実行予定日を指定します。
実行スケジュールの設定モードは、ワークフローの​ スケジューラー ​オブジェクトと一致しています。詳しくは、 この節 を参照してください。
データベースをオーバーロードしないよう、実行スケジュールの設定は慎重におこなう必要があります。繰り返しキャンペーンは、指定されたスケジュールに従って、キャンペーンテンプレートのワークフローを複製します。ワークフローの作成を頻繁に実施しすぎると、データベースの動作が妨げられることがあります。
  1. 表示されている期間に対応するワークフローを作成するために、「 事前に作成 」フィールドに値を指定します。
  2. ターゲティングパラメーターと 1 つ以上の汎用的な配信を使用して、このテンプレートをベースとするキャンペーンで使用するワークフローテンプレートを作成します。
    このワークフローは、繰り返しワークフローテンプレートとして保存する必要があります。そのためには、ワークフローのプロパティを編集し、「 実行 」タブで「 定期ワークフローテンプレート 」オプションを選択します。

繰り返しキャンペーンを作成する

繰り返しキャンペーンを作成し、テンプレートで定義されたスケジュールに従ってワークフローを実行するには、以下の手順を実行します。
  1. 繰り返しキャンペーンテンプレートをベースとして新しいキャンペーンを作成します。
  2. ワークフロー実行スケジュールを入力します。
  3. キャンペーンスケジュールを使用して、行ごとに自動ワークフロー作成または実行開始日を入力できます。
    行ごとに、以下のオプションを追加できます。
    • 承認用に送信 :ワークフローで配信承認リクエストを実施できます。.
    • 自動で開始 :開始日になるとワークフローを開始できます。 「 事前に作成 」フィールドを使用して、入力した期間を対象とするワークフローをすべて作成できます。
    キャンペーンジョブ ​ワークフローの実行時に、キャンペーンスケジュールで定義された発生件数に基づいて専用ワークフローが作成されます。このようにして、実行日ごとにワークフローが作成されます。
  4. 繰り返しワークフローは、キャンペーンに含まれるワークフローテンプレートから自動的に作成されます。繰り返しワークフローは、キャンペーンの「 ターゲティングとワークフロー 」タブに表示されます。
    繰り返しワークフローインスタンスのラベルは、テンプレートラベルとワークフロー番号、その間の # 文字で構成されます。
    スケジュールから作成されたワークフローは、「 スケジュール 」タブの「 ワークフロー 」列で自動的にスケジュールに関連付けられます。
    各ワークフローはこのタブから編集できます。
    ワークフローと関連付けられたスケジュール行の開始日は、次の構文で、ワークフローの変数から取得できます。 $date(instance/vars/@startPlanningDate)

定期的なキャンペーンの作成

定期的なキャンペーンは、実行スケジュールに基づいてキャンペーンインスタンスを作成できる、特定のテンプレートをベースとするキャンペーンです。キャンペーンインスタンスは、テンプレートスケジュールで定義された頻度に従って、定期的なキャンペーンテンプレートをベースとして自動的に作成されます。

キャンペーンテンプレートの作成

  1. できれば既存のキャンペーンテンプレートを複製して、 定期的 ​なキャンペーンテンプレートを作成します。
  2. テンプレートのプロパティを入力します。
    テンプレートを割り当てるオペレーターは、選択されたプログラム内にキャンペーンを作成するのに適した権限を持っている必要があります。
  3. このテンプレートに関連付けるワークフローを作成します。このワークフローは、テンプレートが作成する各定期的キャンペーンで複製されます。
    このワークフローはワークフローテンプレートです。キャンペーンテンプレートからは実行できません。
  4. 繰り返しキャンペーンテンプレートと同様に、実行スケジュールを入力します。「 追加 」ボタンをクリックして開始日と終了日を定義するか、リンクから実行スケジュールを入力します。
    定期的なキャンペーンテンプレートは、上記で定義したスケジュールに従って、新しいキャンペーンを作成します。そのため、Adobe Campaign データベースがオーバーロードしないよう、慎重に入力する必要があります。
  5. 実行開始日になると、対応するキャンペーンが自動的に作成されます。このキャンペーンには、キャンペーンテンプレートのすべての特性が適用されます。
    各キャンペーンは、テンプレートスケジュールから編集できます。
それぞれの定期的なキャンペーンに、同じ要素が含まれます。作成された定期的なキャンペーンは、標準のキャンペーンとして管理されます。