Show Menu
トピック×

使用例

母集団の分析

次の例では、一連のニュースレターのターゲットとなる母集団を、記述的分析ウィザードを使用して調査できます。
実装手順についてはここで説明しますが、オプションの包括的なリストや説明については、この章の他の節を参照してください。

分析する母集団の特定

この例では、 ニュースレター ​フォルダーに含まれている配信のターゲット母集団を調査します。
それには、関係する配信を選択してから、右クリックして​ アクション/ターゲットを参照 ​を選択します。

分析のタイプの選択

ウィザードの最初の段階で、使用する記述的分析テンプレートを選択できます。Adobe Campaign には、デフォルトで、 定性配分 ​と​ 定量配分 ​の 2 つのテンプレートが用意されています。詳しくは、 定性配分テンプレートの設定 の節を参照してください。様々なレンダリングについて詳しくは、 記述的分析について で説明しています。
この例では、 定性配分 ​テンプレートを選択し、グラフとテーブル(配列)を伴う表示を選択します。レポートに名前(「Descriptive analysis」)を付け、「 次へ 」をクリックします。

表示する変数の選択

次の段階では、テーブルに表示するデータを選択できます。
追加 」リンクをクリックして、表示するデータが格納されている変数を選択します。ここでは、配信受信者の市区町村を 1 行に表示します。
列には、会社ごとの購入回数を表示します。この例では、総数は​ 購入 ​フィールドに集計されます。
ここでは、結果のビニングを定義して、表示を明確にします。それには、ビニングの「 手動 」オプションを選択し、表示するセグメントの計算クラスを設定します。
次に、「 OK 」をクリックして、設定を承認します。
行と列を定義したら、ツールバーを使用して、それらの変更、移動または削除をおこなえます。

表示フォーマットの定義

ウィザードの次の段階では、生成するグラフのタイプを選択できます。
この例では、ヒストグラムを選択します。
様々なグラフの可能な設定について詳しくは、 分析レポートのグラフオプション の節を参照してください。

計算する統計の設定

次に、収集したデータに適用する計算を指定します。デフォルトでは、記述的分析ウィザードは、値の単純カウントを実行します。
このウィンドウでは、計算する統計のリストを定義できます。
新しい統計を作成するには、 追加 ​ボタンをクリックします。詳しくは、 統計の計算 を参照してください。

レポートの表示と使用

ウィザードの最後の段階では、テーブルとグラフが表示されます。
テーブルの上にあるツールバーを使用して、データの格納、エクスポートまたは印刷をおこなえます。詳しくは、 レポートの処理 を参照してください。

定性的データ分析

グラフ表示の例

目的 :見込み客や顧客の所在地に関する分析レポートの生成
  1. 記述的分析ウィザードを開き、「 グラフ 」のみを選択します。
    次へ 」をクリックして、この段階の作業を承認します。
  2. 次に、「 2 つの変数 」オプションを選択して、「 最初の変数 (X 軸) 」が受信者のステータス(見込み客/顧客)を参照し、2 番目の変数が国を参照していることを指定します。
  3. タイプとして「 シリンダー 」を選択します。
  4. 次へ 」をクリックし、デフォルトの単純​ カウント ​統計をそのまま使用します。
  5. 次へ 」をクリックして、レポートを表示します。
    バーの上にマウスポインターを置くと、この国の顧客または見込み客の正確な数が表示されます。
  6. いずれか 1 つの国の表示を凡例を通じて有効または無効にします。

テーブル表示の例

目的 :会社の E メールドメインの分析
  1. 記述的分析ウィザードを開き、「 配列 」表示モードのみを選択します。
    次へ 」ボタンをクリックして、この段階の作業を承認します。
  2. 会社 ​変数を列として、 E メールドメイン ​変数を行として、それぞれ選択します。
  3. 統計の方向の「 行別 」オプションをそのまま使用します。統計の計算は E メールドメイン ​変数の右に表示されます。
    次へ 」をクリックして、この段階の作業を承認します。
  4. 次に、計算する統計を入力します。デフォルトのカウント統計をそのまま使用するほか、新しい統計を作成します。それには、「 追加 」をクリックし、演算子として「 合計割合配分 」を選択します。
  5. レポートが表示される際に空のフィールドがないように、この統計のラベルを入力します。
  6. 次へ 」をクリックして、レポートを表示します。
  7. 分析レポートが生成されたら、設定を変更せずに、ニーズに合わせて表示を調整できます。例えば、軸を交換できます。それには、ドメイン名を右クリックし、ショートカットメニューから「 回転 」を選択します。
    テーブルには情報が次のように表示されます。

定量的データ分析

目的 :受信者の年齢に関する定量的分析レポートの生成
  1. 記述的分析ウィザードを開き、ドロップダウンリストから「 定量配分 」を選択します。
    次へ 」ボタンをクリックして、この段階の作業を承認します。
  2. 年齢 ​変数を選択し、その変数のラベルを入力します。変数値が整数かどうかを指定した後、「 次へ 」をクリックします。
  3. デシル 」、「 配分 」、「 合計 」の各統計を削除します。これらはここでは必要ありません。
  4. 次へ 」をクリックして、レポートを表示します。

ワークフローのトランジションターゲットの分析

目的 :ターゲティングワークフローの母集団に関するレポートの生成
  1. 目的とするターゲティングワークフローを開きます。
  2. 受信者テーブルを指すトランジションを右クリックします。
  3. ドロップダウンメニューの「 ターゲットを分析 」を選択して、記述的分析ウィンドウを開きます。
  4. ここでは、「 既存の分析またはレポート 」オプションを選択して、先ほど作成したレポート( 既存のレポートおよび分析の再利用 を参照)を使用することも、新しい記述的分析を作成することもできます。後者の場合は、デフォルトで選択されている「 テンプレートからの新しい記述的分析 」オプションをそのまま使用します。
    残りの設定は、すべての記述的分析と同じです。

ターゲット分析の推奨事項

ワークフローの母集団の分析では、その母集団がトランジションにまだ存在している必要があります。ワークフローが開始されると、母集団に関する結果はトランジションからパージされる可能性があります。分析を実行するには、次のいずれかをおこなうことができます。
  • トランジションをその宛先アクティビティから切り離し、ワークフローを開始してアクティブにします。トランジションが点滅し始めたら、ウィザードを通常どおり起動します。
  • 2 つの実行間の中間母集団の結果を保持 」オプションを選択することで、ワークフローのプロパティを変更します。これで、たとえワークフローが終了しても、目的とするトランジションの分析を開始できます。
    母集団がトランジションからパージされた場合は、エラーメッセージが表示されて、記述的分析ウィザードを起動する前に、関係するオプションを選択するように求められます。
2 つの実行間の中間母集団の結果を保持 」オプションは開発フェーズでのみ使用すべきもので、本番環境では使用しないでください。 中間母集団は、保持期限に達したら、自動的にパージされます。この期限は、ワークフロープロパティの「 実行 」タブで指定します。

受信者トラッキングログの分析

記述的分析ウィザードでは、他の作業用テーブルに関するレポートを生成できます。つまり、専用レポートを作成することで、配信ログを分析できます。
この例では、ニュースレター受信者の反応率を分析します。
それには、次の手順に従います。
  1. ツール/記述的分析 ​メニューから記述的分析ウィザードを開き、デフォルトの作業用テーブルを変更します。「 受信者トラッキングログ 」を選択し、配達確認を対象から除外してニュースレターを対象に含めるフィルターを追加します。
    テーブル表示を選択し、「 次へ 」をクリックします。
  2. 次のウィンドウでは、配信に関係する分析であることを指定します。
    ここでは、配信ラベルは最初の列に表示されます。
  3. デフォルトのカウントを削除し、3 つの統計を作成してテーブルに表示されるよう設定します。
    ここでは、ニュースレターごとに、開封数、クリック数、反応率(パーセンテージ)がテーブルに表示されるようにします。
  4. クリック数をカウントするための統計を追加します。「 フィルター 」タブで適切なフィルターを定義します。
  5. 次に、「 一般 」タブをクリックして、この統計のラベルとエイリアスを変更します。
  6. 開封数をカウントするための 2 番目の統計を追加します。
  7. 次に、「 一般 」タブをクリックして、この統計のラベルとエイリアスを変更します。
  8. 3 番目の統計を追加し、反応率を測定するために「 計算されたフィールド 」演算子を選択します。
    ユーザー関数 」フィールドに移動し、次の式を入力します。
    @clic / @open * 100
    
    
    次に示すように、この統計のラベルを調整します。
    最後に、値がパーセンテージで表示されるかどうかを指定します。それには、「 詳細設定 」タブの「 デフォルトのフォーマット 」オプションのチェックをオフにして、「 割合 」(小数点以下なし)を選択します。
  9. 次へ 」をクリックして、レポートを表示します。

配信の除外ログの分析

分析が配信に関係する場合は、除外された母集団を分析できます。それには、分析対象となる配信を選択し、右クリックして​ アクション/除外を参照 ​メニューにアクセスします。
これによって、記述的分析ウィザードが開き、受信者除外ログに関係する分析になります。
例えば、除外されたすべてのアドレスのドメインを表示し、それらを除外の日付で分類するといったことができます。
その結果、例えば、次のようなタイプのレポートが生成されます。