Show Menu
トピック×

記述的分析ウィザードの使用

記述的分析レポートを作成するには、専用のウィザードを使用します。設定は、分析するデータおよび希望するレンダリングによって異なります。

データベース内のデータの分析

記述的分析ウィザードは、 ツール/記述的分析 ​メニューで起動できます。その場合は、デフォルトで、受信者に関係する分析になります( nms:recipient )。分析は、Adobe Campaign データベース内のすべてのデータに適用されます。
標準の受信者テーブル( nms:recipient )以外のテーブルを分析するには、ウィザードの最後の段階で「 詳細設定 」リンクをクリックし、設定に一致するテーブル(この場合は cus:individual )を選択します。
データの一部に関する統計を生成する場合は、フィルターを定義できます。それには、次のように、「 詳細設定 」リンクをクリックし、適用するフィルターを定義します。
この分析では、データベースに格納されている受信者のうち、16 歳以上でロンドンに住んでいる人だけを対象にします。

データセットの分析

記述的分析ウィザードは、リスト、ワークフロートランザクション、1 つ以上の配信、選択した一部の受信者などの様々なコンテキストで使用できます。
受信者テーブルを指す Adobe Campaign ツリーの複数のノードからアクセスできます。
項目を選択して右クリックすることで、記述的分析ウィザードを開きます。選択したデータのみ分析されます。
  • 一連の​ 受信者 ​の場合は、上に示すように、分析対象となる受信者を選択し、右クリックして​ アクション/参照 ​を選択します。受信者のリストにフィルターを適用する場合は、その内容のみ分析されます。
    フォルダーまたは現在のフィルター内のすべての受信者を選択するには、Ctrl + A キーを使用します。つまり、表示されていない受信者でも選択されます。
    受信者の記述的分析の例については、 定性的データ分析 を参照してください。
  • ワークフロー ​のコンテキストでは、受信者テーブルを指すトランザクションにカーソルを置き、右クリックして「 ターゲットを分析 」を選択します。詳しくは、 ワークフローのトランジションターゲットの分析 の例を参照してください。
  • リスト ​の場合は、1 つ以上のリストを選択し、受信者の場合と同じ手順を適用します。
  • 配信 ​の場合は、次に示すように、分析対象をターゲットとする配信を選択し、右クリックして​ アクション/ターゲットを参照 ​を選択します。
    配信の記述的分析の例については、 母集団の分析 および 受信者トラッキングログの分析 を参照してください。

定性配分テンプレートの設定

定性配分 ​テンプレートでは、あらゆるタイプのデータ(会社名、E メールドメインなど)に関する統計を作成できます。
定性配分 ​テンプレートを基に作成したレポートに使用可能な設定オプションについて詳しくは、 テーブルでのデータ表示 を参照してください。完全な例の詳細は、 母集団の分析 で説明しています。
記述的分析ウィザードを使用してデータを分析する場合、使用可能なオプションは、選択した設定によって異なります。次に、それらについて説明します。

データビニング

表示する変数を選択する場合は、データビニングを定義できます。つまり、選択したデータのグループ化条件を設定できます。
計算に関係するフィールドを集計を使用して計算する場合は、パフォーマンスを向上させるために「 データは既に集計済み 」をチェックします。
オプションはフィールドの内容によって異なります。
  • なし 」オプション:変数に割り当て可能なすべての値をビニングなしで表示できます。
    このオプションは慎重に使用してください。レポートおよびマシンのパフォーマンスに重大な影響を及ぼすおそれがあります。
  • 自動 」オプション:最も頻繁に表された n 個の値を表示できます。これらは自動的に計算され、それぞれ、bin の数と比べた変数の割合を表します。数値の場合は、データを分類する n 個のクラスが Adobe Campaign によって自動的に生成されます。
  • 手動 」オプション:「 自動 」オプションと似た動作をしますが、これらの値を手動で設定できる点が異なります。それには、値テーブルの右にある「 追加 」ボタンをクリックします。
    値は、パーソナライゼーションの前に Adobe Campaign によって自動的に初期化できます。それには、次に示すように、生成する bin の数を入力し、「 初期化の条件 」リンクをクリックします。
    次に、必要に応じて内容を調整します。
    希望する精度に応じて、日付を格納するフィールドを時間、日、月、年などでグループ化できます。
  • 剰余 」オプション:数値の場合に値のグループを作成できます。例えば、剰余の値が 10 の場合は、10 ずつ変わる値の区間を作成できます。
    次の例では、受信者の年齢別分類が表示されています。

テーブルでのデータ表示

ツールバーを使用すると、列の削除、列ではなく行でのデータ表示、列の左または右への移動、値の計算の表示または変更など、テーブルでの変数の表示をパーソナライズできます。
ウィンドウの上部のセクションで表示設定を選択できます。
統計の名前や小計の表示/非表示を切り替えたり、統計の方向を選択したりできます。詳しくは、 分析レポートの表示設定 を参照してください。

グラフでのデータ表示

記述的分析ウィザードの最初の段階では、テーブルを使用せずにグラフ形式のみでデータを表示することを選択できます。その場合は、グラフを設定する際に変数選択をおこなう必要があります。まず、表示する変数の数を選択し、関連するデータベースのフィールドを選択します。
その後、希望するグラフタイプを選択します。
変数をグラフとテーブルに同時に表示できます。それには、 テーブル設定 ​ウィンドウに変数を入力します。「 次へ 」をクリックし、グラフ設定ウィンドウでグラフのタイプを選択します。テーブルにサブディメンションが定義されている場合、それらはグラフには表示されません。
バリエーション 」リンクをクリックすると、グラフのプロパティを変更できます。
提供されるオプションは、選択したグラフのタイプによって異なります。詳しくは、 このページ を参照してください。

統計の計算

記述的分析ウィザードでは、データに関する複数のタイプの統計を計算できます。デフォルトでは、単純カウントのみ設定されています。
追加 」をクリックすると、新しい統計を作成できます。
次の演算が可能です。
  • カウント :フィールドの null でない値をすべて数えて集計します。(集計フィールドの)重複値を含めます。
  • 平均 :数値フィールドの値の平均を計算します。
  • 最小 :数値フィールドの値の最小値を計算します。
  • 最大 :数値フィールドの値の最大値を計算します。
  • 合計 :数値フィールドの値の合計を計算します。
  • 標準偏差 :返された値が平均値からどれだけばらついているかを計算します。
  • 行の割合の配分 :列の値の行の値に対する比を計算します(テーブルの場合のみ使用可能)。
  • 列割合配分 :行の値の列の値に対する比を計算します(テーブルの場合のみ使用可能)。
  • 合計割合配分 :関係する受信者の値別の配分を計算します。
  • 計算されたフィールド :パーソナライズした演算子を作成します(テーブルの場合のみ使用可能)。「 ユーザー関数 」フィールドでは、データに適用する計算を入力できます。
    例:国別および部門別に顧客ごとの平均購入額を計算
    上記の情報をテーブルに表示するには、顧客ごとの平均購入額を格納するための計算フィールドを作成する必要があります。
    手順は次のとおりです。
    1. 購入合計額を計算します。
    2. この統計はテーブルには表示されません。「 詳細設定 」タブの「 テーブルで表示 」オプションのチェックをオフにする必要があります。
    3. 計算されたフィールド ​タイプの統計を新しく作成し、「 ユーザー関数 」フィールドに数式、 @purchases/@count を入力します。

レポートの表示

ウィザードの最後の段階では、レポート(つまり、テーブルやグラフ)を設定どおりに表示できます。
レポートにテーブルが含まれている場合、計算結果のセルには色が付きます。結果の値が大きくなるほど、色が濃くなります。
結果のレイアウトを変更できます。それには、関係する変数を右クリックし、ショートカットメニューから入力を選択します。
レポートにグラフが含まれている場合は、表示される情報を凡例のラベルを使用してフィルターできます。つまり、ラベルをクリックすると、グラフ内の表示を有効または無効にすることができます。

定量配分テンプレートの設定

記述的分析を手動で生成するには、「 テンプレートからの新しい記述的分析 」オプションを選択します(デフォルトで設定されていない場合)。
定量配分 ​テンプレートでは、測定可能またはカウント可能なデータ(請求書の金額、受信者の年齢など)に関する統計を生成できます。
定量配分 ​テンプレートを基に作成した分析レポートの設定モードについて詳しくは、 定量的データ分析 の実装例を参照してください。
次に、記述的分析ウィザードを使用して定量的なレポートを作成する際に使用可能なオプションについて説明します。
最初に、計算に関係する変数を選択します。
Adobe Campaign には、デフォルトで、選択されたデータを計算するための一連の統計が用意されています。必要に応じて、このリストを変更して、統計を追加したり、削除したりできます。
次の演算が可能です。
  • カウント :フィールドの null でない値をすべて数えて集計します。(集計フィールドの)重複値を含めます。
  • 平均 :数値フィールドの値の平均を計算します。
  • 最小 :数値フィールドの値の最小値を計算します。
  • 最大 :数値フィールドの値の最大値を計算します。
  • 合計 :数値フィールドの値の合計を計算します。
  • 標準偏差 :返された値が平均値からどれだけばらついているかを計算します。
  • 足りない値の数 :値が確定していない数値フィールドの数を計算します。
  • 十分位数の配分 :返された値を、それぞれが数値フィールドの値の 1/10 を表すように配分します。
  • カスタム配分 :返された値をユーザー定義のしきい値に基づいて配分します。
    次に示すように、 詳細 ​ボタンをクリックすると、統計を編集でき、必要に応じて統計の計算や表示をパーソナライズできます。
    ウィザードの最後の段階では、定量分析レポートが表示されます。
    レポートを変更するには、 レポートの処理 を参照してください。