Show Menu
トピック×

高度な機能

技術ユーザーは、 一般的なプロパティに加えて 、次のような高度な機能を利用してレポートを設定できます。
  • 複雑なクエリを作成して、 スクリプト アクティビティのデータを処理します。 詳細情報
  • サーバー側追加またはクライアント側で実行する外部スクリプト。 詳細情報
  • ジャンプ アクティビティを使用してレポートを呼び出します 詳細情報
  • アクセスしやすくす追加るためのURLパラメーター。 詳細情報
  • レポートのコンテキストで追加使用される変数。 詳細情報

スクリプトの操作

外部スクリプトの参照

レポートページが呼び出されたときにクライアント側やサーバー側で実行されるJavaScriptコードを参照できます。
手順は次のとおりです。
  1. Edit the report properties and click the Scripts .
  2. 追加 」をクリックし、参照するスクリプトを選択します。
  3. 次に、実行モードを選択します。
    複数のスクリプトを追加する場合は、ツールバーの矢印を使用して、実行順序を定義します。
クライアント側で通常の実行を行うには、参照先のスクリプトをJavaScriptで記述し、一般的なブラウザーとの互換性を持たせる必要があります。 詳しくは、 この節 を参照してください。

Adding a Script activity

レポートを デザインする際に ​スクリプトアクティビティを使用してデータを処理し、SQL言語を有効にしない複雑なクエリを簡単に作成できます。 スクリプトウィンドウでクエリを直接入力できます。
テキスト 」タブでは、テキスト文字列を定義できます。それらを使用するときの構文は、 $(Identifier) のようになります。テキストの使用について詳しくは、 ヘッダーやフッターの追加 を参照してください。
JavaScript コードを使用して集計を作成することはお勧めしません。
レポートの履歴を作成するには、アーカイブしたデータを保存するために、JavaScript クエリに次の行を追加します。
if( ctx.@_historyId.toString().length == 0 )

そうしないと、現在のデータのみが表示されます。

URLパラメーターの追加

The Parameters tab of the report properties lets you define additional settings for the report: these settings will be passed into the URL during the call up.
セキュリティ上の理由から、これらのパラメーターは慎重に使用する必要があります。
新しい設定を作成するには
  1. 追加 」ボタンをクリックし、設定の名前を入力します。
  2. 必要に応じて、設定が必須かどうかを指定します。
  3. 作成する設定の種類を選択します。選択できるのは、 フィルター ​または​ 変数 ​です。
    エンティティをフィルター 」オプションでは、データベースのフィールドをパラメーターとして使用できます。
    データの復元は、エンティティレベル ctx/recipient/@account で直接おこなわれます。
    変数 」オプションでは、変数を作成または選択できます。変数は、URL のパラメーターとして渡されるほか、フィルターで使用することもできます。
応答 HTTP ヘッダー ​を使用すると、iframe を使用してレポートのページを HTML ページに含める際のクリックジャックを防ぐことができます。クリックジャックを避けるために、 X-Frame-options ヘッダー ​の動作を選択できます。
  • なし :レポートには X-Frame-options ヘッダー ​は含まれません。
  • 同じ生成源 :新しいレポートおよび再パブリッシュされたレポートに対してデフォルトで設定されます。ホスト名は、レポートの URL と同じになります。
  • 拒否 :iframe を使用して HTML ページにレポートを含めることはできません。

変数の追加

変数 」タブには、レポートに設定されている変数のリストが表示されます。これらの変数は、レポートのコンテキストで公開されており、計算で使用できます。
追加 」ボタンをクリックして、新しい変数を作成します。
変数の定義を表示するには、変数を選択し、「 詳細 」ボタンをクリックします。

使用例:レポート内での変数とパラメーターの使用

次のビデオの例では、「_type」パラメーターを追加して、この属性の値に基づいて異なる表示のレポートを作成する方法を学びます。

別のレポートの呼び出し

A Jump activity is like a transition without an arrow: it lets you go from one activity to another or access another report.