Show Menu
トピック×

要素のレイアウト

グラフのタイプとバリエーション で説明する様々なグラフに加えて、表示を適応させたり、レポートページに要素を追加したりできます。
コンテナを使用すると、ページの複数の要素をリンクし、それらのレイアウトを列やセルで設定できます。それらの使用方法について詳しくは、 この節 を参照してください。
ツリーのルートでレポートのレイアウトを設定し、コンテナごとにそれをオーバーロードできます。ページは列に並べ替えられます。コンテナも列に並べ替えられます。静的要素およびグラフィカル要素のみ、セルに並べ替えられます。

各ページのオプションの定義

レポートの各ページでオプションを使用できます。
一般 」タブでは、ページのタイトルを変更できるほか、凡例の位置やレポートページ間のナビゲーションを設定できます。
タイトル 」フィールドでは、レポートページのヘッダーのレベルをパーソナライズできます。ウィンドウのタイトルは、レポートの​ プロパティ ​ウィンドウで設定できます。詳しくは、 ヘッダーやフッターの追加 を参照してください。
表示設定 」オプションでは、レポートページ内のコントロールキャプションの位置を選択したり、ページの列数を定義したりできます。ページレイアウトについて詳しくは、 この節 の​ 項目のレイアウト ​に関する節を参照してください。
ナビゲーション 」セクションで様々オプションを選択すると、レポートページ間の移動を許可することができます。「 次のページを無効にする 」オプションまたは「 前のページに戻ることを許可しない 」オプションを選択すると、「 次のページ 」ボタンまたは「 前のページ 」ボタンがレポートページに表示されなくなります。