Show Menu
トピック×

グローバルレポート

これらのレポートは、データベース全体のデータのアクティビティを基に生成されています。レポートダッシュボードを表示するには、「 レポート 」タブに移動します。
レポートを表示するには、その名前をクリックします。次のレポートはデフォルトで使用可能です。
この節では、配信にリンクされたレポートのみを表示しています。

配信スループット

このレポートには、一定期間のプラットフォーム全体の配信スループットに関する情報が含まれます。メッセージが配信される速度を測定するには、1 時間に送信されたメッセージの数とメッセージのサイズ(bps)が基準になります。次の例では、最初のグラフに正常な配信を青で、誤った配信をオレンジで示しています。
期間(1 時間表示、3 時間表示または 24 時間表示など)を変更することで、表示される値を設定できます。「 更新 」をクリックして選択内容を確定します。

ユーザーアクティビティ

このレポートは、30 分、1 時間または 1 日あたりの開封数、クリック数およびトランザクション数の分類をグラフ形式で表示します。
次のオプションを使用できます。
  • 開封数 :開封されたメッセージの合計数。テキスト形式の E メールは考慮されません。開封数のトラッキングについて詳しくは、 開封数のトラッキング を参照してください。
  • クリック数 :配信におけるリンクの合計クリック数。購読解除のリンクおよびミラーページでのクリック数は考慮されません。
  • トランザクション数 :メッセージが受信された後のトランザクションの合計数。トランザクションが考慮されるようにするには、トランザクションのタイプの Web トラッキングタグを対応する Web ページに挿入する必要があります。Web トラッキングの設定は、 この節 で説明しています。

配信不能件数とバウンス数

このレポートは、配信不能件数の分類だけでなく、インターネットドメインごとのバウンス数の分類についても表示します。
処理されたメッセージ数 」には、配信サーバーによって処理されたメッセージの合計数が表示されます。この値は、一部の配信が(サーバーによって処理される前に)停止されるか一時停止されると、配信されるメッセージ数よりも小さくなります。
タイプ別のエラーの分類
このレポートに表示されるエラーにより、強制隔離プロセスが実行されることになります。強制隔離の管理について詳しくは、 強制隔離管理 を参照してください。
このレポートの最初のセクションには、配信不能件数の分類が値のテーブルとグラフの形式で表示されます。
それぞれのエラータイプには、次の内容が含まれます。
  • このタイプのエラーメッセージの数。
  • エラーを含むメッセージの合計数に対する、このタイプのエラーを含むメッセージの割合。
  • 処理されたメッセージの合計数に対する、このタイプのエラーメッセージの割合。
次の指標が使用されています。
  • 不明なユーザー :E メールアドレスが無効であることを示すエラータイプで、配信中に生成される。
  • 無効なドメイン :E メールアドレスが正しくないか存在しないことを示すエラータイプで、配信の送信中に生成される。
  • メールボックス容量超過 :受信者の受信ボックスにあるメッセージの数が多すぎることを示すエラータイプで、5 回の配信の試行後に生成される。
  • 無効なアカウント :アドレスが存在しないことを示すエラータイプで、配信の送信中に生成される。
  • 却下 :アドレスが IAP(インターネットアクセスプロバイダー)によって却下される場合に生成されるエラータイプ。例えば、セキュリティルールのアプリケーション(スパム対策ソフトウェア)によって却下されるなどがある。
  • 未到達 :SMTP リレーでのインシデント、ドメインへの一時的な未到達など、メッセージ配分文字列で発生するエラータイプ。
  • 未接続 :受信者の携帯電話の電源が入っていない、または送信時にネットワーク接続が切断されていることを示すエラータイプ。
    この指標は、モバイルチャネルでの配信のみに該当します。詳しくは、 この節 を参照してください。
    [+] 記号をクリックすると、値テーブルの各行を開くことができます。それぞれのエラータイプについて、ドメインごとにエラーメッセージの分類を表示できます。
ドメインごとのエラーの分類
このレポートの 2 つ目のセクションには、インターネットドメインごとのエラーの分類が値のテーブルとグラフの形式で表示されます。
それぞれのドメイン名には、次の内容が含まれます。
  • このドメインでエラーを含むメッセージの数。
  • このドメインで処理されたメッセージの合計数に対する、このドメインでエラーを含むメッセージの割合。
  • エラーメッセージの合計数に対する、このドメインでのエラーメッセージの割合。
# 記号をクリックすると、値テーブルの各行を開くことができます。それぞれのドメインタイプについて、エラータイプごとにエラーメッセージの分類を表示できます。
このレポートに表示されるドメイン名は、キューブレベルで定義されます。これらの値を変更するには、「 配信ログ(broadlogrcp) 」キューブを編集します。詳しくは、 この節 を参照してください。「 その他 」のカテゴリには、特定のクラスに属さないドメイン名が含まれます。

ブラウザー

このレポートは、該当する期間中、配信の受信者によって使用されるインターネットブラウザーの分類を表示します。
このレポートに表示される値は推定値であり、配信でクリックした受信者のみが考慮されます。
グローバル統計
ブラウザー使用のグローバル統計は、値のテーブルとグラフの形式で表示されます。
次の指標が使用されています。
  • 訪問者 :(インターネットブラウザーごとに)ターゲットに設定され、配信で少なくとも 1 回クリックした受信者の合計数。
  • 閲覧されたページ数 :すべての配信に対する、(インターネットブラウザーごとの)配信におけるリンクの合計クリック数。
  • 使用率 :この率は、訪問者の合計数に関する、(インターネットブラウザーごとの)訪問者の分類を示しています。
ブラウザーごとの統計
グローバル統計の値のテーブルで、各ブラウザー名をクリックすると、使用統計を表示できます。
統計は曲線、グラフおよび値のテーブルの形式で表示されます。
履歴 」の曲線は、このブラウザーの 1 日あたりの稼動率を示しています。この率は、最も高い稼動率が測定された日の訪問者数に対する、(このブラウザーでの)1 日あたりの訪問者数の割合です。
バージョンによる分類 」のグラフは、(このブラウザーでの)訪問者の合計数に対する、バージョンごとの訪問者の分類を示しています。
値のテーブルでは、次の指標が使用されています。
  • グローバルレート :この率は、(すべてのブラウザーでの)訪問者の合計数に対する、バージョンごとの訪問者の分類を示しています。
  • 相対的比率 :この率は、(このブラウザーでの)訪問者の合計数に対する、バージョンごとの訪問者の分類を示しています。

ソーシャルネットワークへの共有

バイラルマーケティングによって、配信の受信者は連絡先のネットワークと情報を共有できるようになります。プロフィールにリンクを追加したり(Facebook、Twitter など)、友達にメッセージを送信したりできます。それぞれの共有と、共有した情報へのアクセスは、配信内でトラッキングされます。バイラルマーケティングについて詳しくは、 この節 を参照してください。
このレポートは、ソーシャルネットワーク(Facebook、Twitter など)ごと、および/または E メールで共有されて開封されたメッセージの分類を表示します。
E メールの配信統計
E メールの配信統計には、2 つの値が表示されます。
  • 配信されるメッセージ数 :配信の分析中に処理されたメッセージの合計数。
  • 成功した送信数 :正常に処理されたメッセージ数。
共有アクティビティとメール開封の統計
中央のテーブルは、E メールの共有と開封に関する統計を示しています。
共有 」の列には次のような指標があります。
  • 共有アクティビティ数 :それぞれのソーシャルネットワークで共有されたメッセージの合計数。この値は、対応する「 ソーシャルネットワークへの共有のリンク 」のパーソナライゼーションブロックのアイコンでのクリック総数と等しくなります。
  • 分類 :この率は、共有の合計数に関する、ソーシャルネットワークごとの共有の分類を示しています。
  • 共有率 :この率は、配信されたメッセージの数に関する、ソーシャルネットワークごとの共有の分類を示しています。
開封数 」の列には次のような指標があります。
  • 開封数 :(「 ソーシャルネットワークへの共有のリンク 」のパーソナライゼーションブロック経由で)メッセージが転送されたユーザーによって開封されたメッセージの合計数。この値は、ミラーページが表示された回数と等しくなります。配信の受信者による開封数は考慮されません。
  • 分類 :この率は、開封数の合計に関する、ソーシャルネットワークごとの開封数の分類を示しています。
  • 開封率 :この率は、共有の合計数に関する、ソーシャルネットワークごとの開封数の分類を示しています。
共有アクティビティおよび開封の分類
このセクションには、ソーシャルネットワークごとの共有アクティビティと開封の分類を示す 2 つのグラフが含まれています。

共有アクティビティの統計

このレポートは、ある期間のソーシャルネットワーク(Facebook、Twitter、E メールなど)への共有の展開を表示しています。
バイラルマーケティングについて詳しくは、 この節 を参照してください。
統計は、値のテーブルとグラフの形式で表示されます。
次の指標が使用されています。
  • 新しい連絡先 :E メール経由で共有されたメッセージの受信後の新規購読数。この値は、E メール経由で共有されたメッセージを受信し、「 購読 」リンクをクリックして購読フォームに記入したユーザーの数と一致します。
  • 開封数 :(「 ソーシャルネットワークへの共有のリンク 」のパーソナライゼーションブロック経由で)メッセージが転送されたユーザーによって開封されたメッセージの合計数。この値は、ミラーページが表示された回数と等しくなります。配信の受信者による開封数は考慮されません。
  • 共有アクティビティ :ソーシャルネットワーク経由で共有されたメッセージの合計数。この値は、「 ソーシャルネットワークへの共有のリンク 」のパーソナライゼーションブロックのアイコンでのクリック総数と一致します。

オペレーティングシステム

このレポートは、該当する期間中、配信の受信者によって使用されるオペレーティングシステムの分類を表示します。
このレポートに表示される値は推定値であり、配信でクリックした受信者のみが考慮されます。
グローバル統計
オペレーティングシステムのグローバル使用統計は、値のテーブルとグラフの形式で表示されます。
次の指標が使用されています。
  • 訪問者 :配信で少なくとも 1 回クリックした(オペレーティングシステムごとの)ターゲット受信者の合計数の日平均。
  • 閲覧されたページ数 :すべての配信に対する、(オペレーティングシステムごとの)配信リンクでのクリック総数の日平均。
  • 使用率 :この率は、訪問者の合計数に関する、(オペレーティングシステムごとの)訪問者の分類を示しています。
オペレーティングシステムごとの統計
グローバル統計の値のテーブルで、各オペレーティングシステムの名前をクリックすると、オペレーティングシステムごとの統計を表示できます。
統計は曲線、グラフおよび値のテーブルの形式で表示されます。
履歴 」の曲線は、このオペレーティングシステムの 1 日あたりの使用率を示しています。この率は、最も高い稼動率が測定された日の訪問者数に関する、(このオペレーティングシステムでの)1 日あたりの訪問者数の割合です。
バージョンによる分類 」のグラフは、このオペレーティングシステムでの訪問者の合計数に関する、バージョンごとの訪問者の分類を示しています。
値のテーブルでは、次の指標が使用されています。
  • グローバルレート :この率は、オペレーティングシステム全体での訪問者の合計数に関する、(バージョンごとの)訪問者の分類を示しています。
  • 相対的比率 :この率は、このオペレーティングシステムでの訪問者の合計数に関する、(バージョンごとの)訪問者の分類を示しています。

購読トラッキング

このレポートでは、情報サービスの購読を監視できます。購読および購読解除について表示されます。
ホームページまたはエクスプローラーの​ プロファイルとターゲット/サービスと購読 ​ノードをクリックすると、購読を表示することができます。目的の購読を選択して、「 レポート 」タブをクリックします。 購読のトラッキング ​レポートはデフォルトで使用可能です。購読および購読解除の動向と、一定の期間のロイヤリティ率を確認できます。ドロップダウンリストでこのデータの表示を設定できます。「 更新 」をクリックして、選択した設定を有効にしてください。
詳しくは、 このページ を参照してください。
これまでの購読数 」は、現在購読しているユーザーの合計数を示しています。
購読の全体的な動き
値のテーブルでは、次の指標が使用されています。
  • 購読者 :該当する期間中の購読者の合計数。
  • 購読 :該当する期間中の購読数。
  • 購読解除 :該当する期間中の購読解除数。
  • 変化 :購読解除数から購読数を引いた数。この率は、購読者の合計数に基づいて計算されます。
  • ロイヤリティ :該当する期間中の購読者のロイヤリティ率。
購読変化曲線
このグラフは、該当する期間中の、購読と購読解除の推移を示しています。

配信統計

このレポートは、処理されて送信されたすべてのメッセージのハードバウンスやソフトバウンス、開封数、クリック数、購読解除数をインターネットドメインごとに分類表示します。
次の指標が使用されています。
  • 処理済みの E メール :配信サーバーによって処理されたメッセージの合計数。
  • 配信済み :処理されたメッセージの合計数に対する、正常に処理されたメッセージ数の割合。
  • ハードバウンス :処理されたメッセージの合計数に対する、ハードバウンス数の割合。
  • ソフトバウンス :処理されたメッセージの合計数に対する、ソフトバウンス数の割合。
    ハードバウンスおよびソフトバウンスについて詳しくは、 強制隔離管理 を参照してください。
  • 開封数 :正常に処理されたメッセージ数に対する、メッセージを少なくとも 1 回開封したターゲット受信者数の割合。
  • クリック数 :正常に処理されたメッセージ数に対する、配信で少なくとも 1 回クリックしたユーザー数の割合。
  • 購読解除 :正常に処理されたメッセージ数に対する、購読解除リンクでのクリック数の割合。

開封の分類

このレポートは、該当する期間中の、オペレーティングシステム、デバイスおよびブラウザーごとの開封の分類を表示します。それぞれのカテゴリで、2 つのグラフが使用されます。最初のグラフは、コンピューターおよびモバイルデバイスでの開封数に関する統計を示しています。2 つ目のグラフはモバイルデバイスでの開封数のみに関する統計を示しています。
開封数は、開封されたメッセージの合計数に対応しています。テキスト形式の E メールはカウントされません。開封数のトラッキングについて詳しくは、 開封数のトラッキング の節を参照してください。
ブラウザーとオペレーティングシステムの名前は、メールが開封されたブラウザーのユーザーエージェントによって送信される情報に含まれています。Adobe Campaign は、そのデバイス情報を使用してデバイスのタイプを推測します。