Show Menu
トピック×

通信チャネル

Adobe Campaign では、E メール、SMS、LINE メッセージ、プッシュ通知およびダイレクトメールを含むクロスチャネルキャンペーンを送信し、各種の専用 レポート を使用してそれらの有効性を評価できます。これらのメッセージは、デザインし、配信を介して送信します。また、受信者ごとにパーソナライズすることができます。
コア機能には、ターゲティング、メッセージの定義とパーソナライゼーション、通信の実行、関連する運用可能なレポートなどがあります。機能への主なアクセスポイントは、配信ウィザードです。ここから、Adobe Campaign で提供されるいくつかの機能にアクセスします。
Adobe Campaign は、配信品質を監視し、E メール送信を最適化するための一連のツールを備えています。詳しくは、 配信品質の概要 および 配信品質の管理 を参照してください。
配信の送信は、ワークフローのプロセスの中で配信を準備または送信することによって自動化できます。ワークフロー内の配信タイプのアクティビティについて詳しくは、 この節 を参照してください。
Adobe Campaign は次の配信チャネルを提供します。
  1. E メールチャネル :E メール配信によって、ターゲット母集団にパーソナライズされた E メールを送信できます。 E メールチャネルについて を参照してください。
  2. ダイレクトメールチャネル :ダイレクトメール配信によって、ターゲット母集団に関するデータを含む抽出ファイルを生成できます。 ダイレクトメールチャネルについて を参照してください。
  3. モバイルチャネル :モバイルチャネル経由の配信によって、ターゲット母集団にパーソナライズされた SMS または LINE メッセージを送信できます。 SMS チャネル を参照してください。
  4. モバイルアプリケーションチャネル :モバイルアプリ配信では通知を iOS システムおよび Android システムに送信できます。 モバイルアプリチャネル の章を参照してください。
    その他のチャネルについて詳しくは、 このページ を参照してください。
    複数のチャネルを使用できるかどうかは、パッケージによって異なります。使用許諾契約書を確認してください。
配信は、 オンライン (E メール、いずれかのモバイルチャネルおよびプッシュ通知)および​ オフライン (ダイレクトメールチャネル)で実行できます。
チャネルに応じて、配信モードは次のようになります。
  • Adobe Campaign 経由の直接一括配信(E メールチャネルのデフォルトモード)。
  • 配信ウィザードで生成された出力ファイルを受け取る専門オペレーター経由の外部配信(ダイレクトメールチャネルのデフォルトモード)。
外部アカウントは、 管理/プラットフォーム/外部アカウント ​ノードで設定できます。この設定は、エキスパートユーザーのみが実行するようにしてください。

E メール配信

E メールチャネル は、Adobe Campaign のコアチャネルの 1 つで、パーソナライズされた E メールをスケジュールし、特定のターゲットに送信できます。
異なるタイプの E メールを送信できます。
  • 単一送信 E メール:定義したターゲットに 1 回送信できる E メール。これらは、通常、1 回だけ準備されて送信される特定のコンテンツ(ニュースレター、プロモーション E メールなど)をプロモーションするために使用します。
  • 繰り返し E メール:キャンペーンで、同じ E メールを定期的に送信し、各送信とそのレポートを定期的に集計します。同じ E メールが送信されますが、通常は、送信日の適格なターゲットに基づいて、異なるターゲットに送信されます。一般的な例に誕生日の E メールがあります。詳しくは、 繰り返し配信 を参照してください。
  • トランザクション E メール:顧客の行動に基づいてトリガーされる単一の E メール。 トランザクションメッセージ を参照してください。
配信の使用と推奨事項については、Campaign の 配信のベストプラクティス を参照してください。
配信のタイプについて詳しくは、 この節 を参照してください。

モバイル配信

Adobe Campaign では、モバイルデバイスに SMS および LINE メッセージを配信できます。
SMS メッセージの場合、テキスト形式のメッセージのみを作成、変更およびパーソナライズできます。SMS メッセージは、送信前にプレビューすることもできます。
LINE メッセージの場合は、テキストまたは画像とリンクを送信できます。
SMS または LINE メッセージを携帯電話に配信するには、以下が必要です。
  • モバイル(SMS) ​チャネルまたは LINE チャネルに設定された外部アカウント。
  • この外部アカウントに適切にリンクされた SMS または LINE 配信テンプレート。

プッシュ通知

Adobe Campaign では、専用アプリを通じて iOS および Android モバイルデバイスにパーソナライズおよびセグメント化された プッシュ通知 を送信できます。設定および統合手順を実行すると、iOS および Android 配信を作成および送信できます。画像またはビデオを含むリッチな通知をデザインすることもできます。

ダイレクトメール

ダイレクトメール は、ダイレクトメールプロバイダーから求められるファイルのパーソナライズおよび生成を可能にするオフラインチャネルです。ダイレクトメールにより、カスタマージャーニーにオンラインチャネルとオフラインチャネルを混在させることができます。
オンラインチャネルでは、メッセージ(E メール、SMS、モバイルアプリ配信など)を作成し、Adobe Campaign から直接オーディエンスにメッセージを送信できます。オフラインチャネルの場合は異なります。ダイレクトメール配信を準備すると、Adobe Campaign により、すべてのターゲットプロファイルと選択した連絡先情報(例えば、郵便の宛先)を含むファイルが生成されます。その後、このファイルを実際の発送処理をおこなうダイレクトメールプロバイダーに送信できます。

その他のチャネル

Adobe Campaign には、エージェンシーや電話の配信テンプレートが用意されており、外部配信の作成に使用できます。これらのチャネルを使用する場合、出力ファイルを処理するための専用の方法を設定することになります。設定の手順は、 ダイレクトメールチャネル の場合と同様です。
さらに、「その他」タイプの配信は、プロセスを実行しない特定の専門的なテンプレートを使用します。これによって、Adobe Campaign プラットフォーム以外で実行されたマーケティングアクションを管理できます。
このチャネルには特定のメカニズムはありません。これは汎用チャネルで、Adobe Campaign で使用できる他のコミュニケーションチャネルと同様に、独自の外部アカウントルーティングオプション、配信テンプレートタイプ、キャンペーンワークフローアクティビティがあります。
このチャネルは、説明のためにのみ設計されています。例えば、Adobe Campaign 以外のツールで実行されたキャンペーンのターゲットをトレースするための配信を定義する場合などです。

配信のタイプ

キャンペーンには 3 つのタイプの配信オブジェクトがあります。

単一の配信

配信 ​は、一度だけ実行されるスタンドアロン配信オブジェクトです。レプリケートし、再度準備済みにすることはできますが、最終状態(キャンセル、停止、完了)になっている場合は再利用できません。
配信は、配信リストから作成したり、ワークフロー内で 配信 アクティビティを介して作成したりできます。
ワークフローには、使用するチャネルのタイプに応じた特定の配信アクティビティも用意されています。これらのアクティビティについて詳しくは、 この節 を参照してください。

繰り返し配信

繰り返し配信 ​では、アクティビティを実行するたびに新しい配信を作成できます。これにより、繰り返しタスクのために新しい配信を手動で作成する必要がなくなります。
例えば、このタイプのアクティビティを月に 1 回実行した場合、1 年後の配信の数は 12 個です。
繰り返し配信は、ワークフロー内で 繰り返し配信アクティビティ を介して作成されます。このアクティビティの使用例については、 ターゲティングワークフローでの繰り返し配信の作成 の節で説明しています。

連続配信

連続配信 ​では、既存の配信に新しい受信者を追加できるので、アクティビティを実行するたびに新しい配信を作成する必要がありません。
配信の情報(コンテンツ、名前など)を変更すると、配信の実行時に新しい配信オブジェクトが作成されます。情報を変更しなかった場合は、同じ配信オブジェクトが再利用され、同じオブジェクトに配信ログとトラッキングログが追加されます。
例えば、このタイプのアクティビティを月に 1 回実行した場合、1 年後の配信数は 1 個です(ただし、配信に変更を加えなかった場合)。
連続配信は、ワークフロー内で 連続配信アクティビティ を介して作成されます。