Show Menu
トピック×

コンテンツ管理について

Adobe Campaign コンテンツマネージャーモジュールは、定期的ニュースレターや Web サイトを作成するためにインストールできる、Campaign Classic の 標準パッケージ の 1 つです。このモジュールを使用して、メッセージを作成、検証、パブリッシュできます。
この節では、コンテンツ管理モジュールについて説明します。E メール配信コンテンツのデザイン方法について詳しくは、 この節 を参照してください。
コンテンツ管理モジュールには、作業グループ、ワークフローおよびコンテンツ集計機能が含まれます。そのため、メッセージを自動的に書式設定できます(E メール、郵便、SMS、Web など)。
配信でコンテンツ管理を利用すると、コンテンツの作成を担当するオペレーターに入力フィールドまたは選択フィールドを提供できます。このコンテンツのレイアウトと表示、変更は、スタイルシートを使用して自動的に管理されます。
スタイルシートに対する変更はすべて、使用するコンテンツテンプレートに基づいて、配信レベルで実施されます。
コンテンツ管理には次のメリットがあります。
  • 入力インターフェイスを通じて構造化されたメッセージ編集ができる
  • データコンテンツとその表示方法を分離できる(XML フォーマットで生成)
  • グラフィックガイドラインに則ったスタイルシートに基づき、複数フォーマット(html、txt、XML など)のドキュメントを生成できる
  • 外部コンテンツフローを復元し、自動集計できる
  • データの検証や確認をおこなうワークフローと連携できる
ただし、このコンテンツ作成モードには、次のように、いくつかの制約があります。
  • ドキュメントの最終デザインに関する制限
  • 機能の不足によってエンドユーザーが不便を感じることのないように、要件は厳密に分析する必要があります。