Show Menu
トピック×

コンテンツのエンリッチメント

集約機能を利用すると、コンテンツを外部データでエンリッチメントできます。このデータは、汎用クエリまたはリンクされたテーブルから取得します。

汎用クエリ

クエリは、「 集約 」タブでパブリッシュテンプレートを使用して設定します。
XML 出力ドキュメントのメイン要素を使用して、取得したデータでこのドキュメントをエンリッチメントします。
受信者スキーマ( nms:recipient )に対するクエリの戻り値の例:
<book name="Content Management">
  ...
  <collection-recipient>
    <recipient lastName="Doe" firstName="John" email="john.doe@aolf.com">
    ...
  </collection-recipient>
</book>

<collection-recipient> 要素は、クエリ結果のドキュメントの入力要素を表します。取得したデータは、この要素の下に返されます(この例では受信者リスト)。

クエリの追加

クエリのパラメーターは、ウィザードを使用して編集します。
  1. 最初のページで、ラベルおよび取得するデータを含むスキーマを指定します。
    パス 」編集フィールドを使用して、クエリの出力要素名を変更します。
  2. 次のページでは、取得するデータを選択できます。
  3. 次のページでは、フィルター条件を定義します。
  4. 最後のページで、クエリが返すデータのプレビューを開始します。

リンクされたテーブル

リンクを使用して、コンテンツにリンクされた外部データを取得できます。
次の 2 種類のリンク済みデータがあります。
  • コンテンツリンク:ネイティブなコンテンツ管理モードです。リンクのコンテンツは、XML 出力ドキュメントに自動的に統合されます。
  • 外部テーブルへのリンクによって、データベース内のその他すべてのテーブルにアクセスできます。その際、選択したリンクのデータを集約で取得するという制約があります。