Show Menu
トピック×

評価の向上

受信者を疲弊させるのを避けるために、重複した E メールアドレスをターゲットから削除します。この手順は、送信レピュテーションを保護し、適切な強制隔離管理をおこなうためのものです。Adobe Campaignオファーは、これらの推奨を実装し、ISPによってブロックリストに追加されるリスクを回避するために必要なツールを提供します。
可能な限り重複を避けるために、以下を実施する必要があります。
  • インポートは慎重に設定する必要がある
  • E メールアドレスを変更する際は注意する
  • 自動インポート時は注意する
  • プロファイルは異なるフォルダーに分類する
強制隔離の管理について詳しくは、 この節 を参照してください。
以下に重複および強制隔離の管理の詳細を示します。
送信済み E メール量を IP アドレスで監視する可能性があります。これには、スキーマ拡張が必要です。Broadlog テーブルを拡張して、「パブリック識別子」を追加し、データを抽出および表示するためのワークフローを作成します。これが必要な場合は、アドビにお問い合わせください。

重複

重複した E メールアドレスがあると、以下のような複数の結果を招く可能性があります。
  • 同じメッセージが複数回送信される。Campaign がデフォルトで送信前に重複排除手順を実行しても、ターゲットが分割されている場合は、同じコンテンツを持つ異なるアクションによって同じメッセージが送信されるのを止めることはできません。
  • 購読解除リクエストが履行されない。受信者がメッセージを受信後に購読解除しても、重複したプロファイルではその後のメッセージの受信が解除されません。
この状況では、オプトイン手順のサイドステップ以外に、メッセージをスパムと見なし、ISPでブロックリスト手順を開始する可能性が高くなります。
データベースを操作する場合は、特に慎重におこなう必要があります。
  • インポートは、特に紐付けキーを選択する際に、細心の注意を払って設定する必要があります。
  • 変更された E メールアドレスも、重複の元になる可能性があります。特に、異なるドメインの 2 つのアドレスが、同じメールボックスにルーティングされる場合があります(例えば、名前を変更し、一定期間以前のドメインを維持する場合の joe.doe@amce-co.com joe.doe@acme-rebranded.com など)。
  • リストであれ他のデータベースであれ、自動インポートはプロファイルを管理する際に考慮する必要がある要素です。プロファイルを削除したり別のパーティションに移動したりすると何が起こるでしょうか。例えば、注文がおこなわれると、自動インポートによって最初のパーティションに再作成される可能性があります。
  • 異なるフォルダーへのプロファイルの格納は、パーティションではなくビューを使用して実行できます。この方法では、表示および管理のための適切な権限が有効なまま、プロファイルは同じ物理パーティションにあります。
同様に、異なるパーティション間での重複が正常である場合があります。例えば、サードパーティや会社の別の組織に送信する場合、同じ人物が異なる理由で受信者になるのは、理にかなっています。しかし、同じパーディション内の重複が正常であることはまれです。

強制隔離

Adobe Campaign では、強制隔離されたアドレスのリストを管理します。アドレスが強制隔離されている受信者は、配信分析時にデフォルトで除外され、ターゲティングされません。例えば、受信ボックスの容量が超過している場合や、アドレスが存在しない場合などに、E メールアドレスを強制隔離できます。どの場合でも、強制隔離は以降で説明する特定のルールに従います。
強制隔離の管理について詳しくは、 この節 を参照してください。