Show Menu
トピック×

SpamAssassin

SpamAssassin について

Adobe Campaign は、E メールスパムフィルタリングに使用されるサードパーティのサービスである、 SpamAssassin と連携するように設定できます。これを使用すると、E メールを採点して、受信時に使用されるスパム対策ツールによってメッセージがスパムとみなされるリスクがあるかどうかを判断できます。
SpamAssassin は、次のような様々なスパム検出技法を活用します。
  • DNS ベースおよびファジーチェックサムベースのスパム検出
  • ベイジアンフィルタリング
  • 外部プログラム
  • ブラックリスト
  • オンラインデータベース
SpamAssassin は、Adobe Campaign アプリケーションサーバーにインストールして、設定する必要があります。詳しくは、 この節 を参照してください。
要素がスパムかどうかを左右するルールは、SpamAssassin で管理され、権限を持つ管理者が編集できます。

SpamAssassin の使用

E メール配信を作成して、そのコンテンツを定義したら、以下の手順に従って、リスクを評価します。
配信の作成およびデザインについて詳しくは、 この節 を参照してください。
  1. プレビュー 」タブに移動します。
  2. 配信をプレビューする受信者を選択します。
    受信者を選択しないと、スパム対策チェックは実行できません。
  3. テストの結果が警告メッセージとして表示されます。高レベルのリスクが検出された場合、次の警告メッセージが表示されます。
  4. 警告の隣にある​ 詳細... リンクをクリックします。
  5. スパム対策チェック 」タブを選択します。
  6. ポイント / ルール / 説明 」セクションに移動して、このリスクの原因を表示します。
スパム対策チェック 」をクリックするたびに、SpamAssassin サービスが呼び出され、スパム対策検出のためにメッセージが再分析されます。コンテンツを変更してから、スパム対策分析を再実行するようにしてください。