Show Menu
トピック×

送信前にすべてのチェックを実行する

メッセージを用意できたら、そのコンテンツがすべてのデバイス上で正しく表示されることを確認します。また、パーソナライゼーションの誤りや壊れたリンクなどのエラーがないことも確認します。
メッセージを送信する前に、配信パラメーターと配信設定に矛盾がないことも確認します。

検証が重要な理由

配信を送信する前に、配信を本当に届けたい受信者にメッセージが届くかどうかを確認する必要があります。そのためには、メッセージのコンテンツと配信パラメーターを検証します。
この手順により、メインターゲットに配信する前に、エラーを検出して修正できます。
配信を検証する手順については、 この節 を参照してください。

受信ボックスレンダリング

受信ボックスレンダリングを使用すると、主な E メールクライアントでメッセージをプレビューし、コンテンツとレピュテーションをスキャンし、受信者がどのようにメッセージを読むかを確認できます。
ヒント
  • 送信されたメッセージは、Web メールやメッセージサービス、モバイルなど、メッセージを受信する様々なコンテキストで表示できます。
  • 受信ボックスレンダリング機能は、E メールキャンペーンで E メールが主要な ISP(インターネットサービスプロバイダー)および Web メールサービスのフィルターを無事通過できるかどうかを確認するために非常に重要です。このようなツールは、テスト用受信ボックスのネットワークに E メールのプリフライトコピーを送信します。これにより、メッセージがこれらのサービスでどのように表示(レンダリング)されるかを確認できます。このツールには、迅速な識別および修正に役立つレポートとコード修正オプションも含まれており、配信品質を向上させることができます。
詳しくは、 この節 を参照してください。

配達確認メッセージ

配達確認を送信すると、オプトアウトリンクやミラーページ、その他のリンクの確認、メッセージの検証、画像の表示の確認、エラーの検出などをおこなうことができます。また、様々なデバイス上でデザインとレンダリングを確認することもできます。
詳しくは、 この節 を参照してください。

配信の A/B テストの設定

E メール配信で使用するコンテンツがいくつかある場合は、A/B テストを使用して、ターゲット母集団に与える影響が最も大きいコンテンツを見つけることができます。
ヒント
  • 一部の受信者に様々なバージョンを送信します
  • その中で成功率が最も高いバージョンを選び、そのバージョンを残りのターゲットに送信します
詳しくは、 この節 を参照してください。

メッセージを確実に配信する

最後の手順です。メッセージが実際に関連性の高い受信者に配信されるように Adobe Campaign Classic の機能を最大限に活用します。

検証プロセスの実行

Adobe Campaign のオペレーターやグループが関与する包括的な検証プロセスを定義して、ターゲットとメッセージコンテンツの両方を検証できます。キャンペーンの各種プロセス(ターゲット設定、コンテンツ、予算、抽出、配達確認の送信)の監視と制御をもれなく確実に実施します。ユーザーは、それぞれの権限に応じた通知を受け取ります。また、配達確認を受信したり、メッセージを検証または却下することもできます。詳しくは、 この節 を参照してください。

ウェーブの使用

ウェーブを使用すると、送信するボリュームを徐々に増やせます。これにより、メッセージがスパムとしてマークされず、また 1 日あたりのメッセージ数を制限できます。ウェーブを使用すると、一度に大量のメッセージを送信するのではなく、配信をいくつかのバッチに分割できます。詳しくは、 この節 を参照してください。

メッセージの優先順位

配信の優先順位レベルを設定すると、配信の送信順を指定できます。それには、次の手順に従います。
  1. 配信プロパティを編集し、「 配信 」タブを選択します。
  2. 非常に低い 」から「 非常に高い 」までのスケール上で、この配信の優先順位レベルを定義します。
配信内からメッセージの送信順序を定義することはできません。

IP アフィニティの設定

アウトバウンド SMTP トラフィックの制御を強化するには、各アフィニティに使用できる IP アドレスを定義してアフィニティを管理します。この設定により、コンピューターや出力アドレスに配信される E メールの数を制限できます。例えば、1 つの国またはサブドメインにつき 1 つのアフィニティを使用できます。さらに、1 つの国につき 1 つのタイポロジを作成し、各アフィニティを各国の対応するタイポロジに関連付けることができます。
次の操作をおこなうことができます。
  • serverConf.xml 設定ファイルに IP アフィニティを定義します。 詳細情報
  • IPAffinity 要素ごとに、使用可能な IP アドレスを宣言します。 詳細情報
  • 選択した タイポロジ で「 IP アドレスを使用したアフィニティの管理 」フィールドを使用すると、アフィニティを管理する配信サーバー(MTA)と配信を関連付けることができます。 詳細情報
  • E メールを送信したら、配信の送信元 IP アドレスをヘッダーで確認します。ヘッダー情報は E メール管理者から入手できます。
これらの手順のほとんどは外部ユーザーのみ実行できます。

タイポロジの使用

タイポロジルールを使用すると、特定の条件に基づいてターゲットの一部を除外できます。このテストにより、企業のコミュニケーションポリシーに準拠しつつ、顧客のニーズと期待に応える最適なメッセージを送信できます。例えば、ニュースレターの対象から未成年の受信者を除外できます。詳しくは、 この例 を参照してください。

ファイルを添付しない

現在も添付ファイルを媒介としたマルウェアの拡散は後を絶ちません。一括送信の場合は特に注意が必要です。ドキュメントを添付するのではなく、ドキュメントへのセキュアなリンクを渡します。これにより、セキュリティレベルを引き上げて意図しない再配布を防ぐことができます。また、受信側の E メールゲートウェイでサイズ超過やセキュリティ上の理由によりメッセージが拒否される可能性を大幅に減らすこともできます。