Show Menu
トピック×

E メールの送信

E メールを承認し、作成する配信の受信者に対して送信するには、「 送信 」をクリックします。
配信を検証および送信する際の詳細なプロセスについては、以下の節を参照してください。
以下の節では、E メールの配信に関するパラメーターについて説明します。

E メールのアーカイブ

Adobe Campaign では、BCC アドレスをメッセージのターゲットに追加するだけで、BCC 経由で E メールを外部システムに保存することができます。このオプションを有効にしたら、送信したすべてのメッセージの正確なコピーがこの配信用に保持されます。
E メールの BCC について詳しくは、 この節 を参照してください。
この機能はオプションです。この機能を有効にするには、ライセンス契約を確認したうえで、アカウント担当者にお問い合わせください。
このオプションを購入していたとしても、E メールの BCC は、新しい配信または配信テンプレートの作成時にデフォルトで有効になりません。BCC を使用する配信またはテンプレートごとに手動で有効にする必要があります。
これをおこなうには、以下の手順に従います。
  1. キャンペーン管理 配信 ​または​ リソース テンプレート 配信テンプレート ​に移動します。
  2. 目的の配信を選択します。または、標準の E メール配信 ​テンプレートを複製して、複製されたテンプレートを選択します。
  3. プロパティ 」ボタンをクリックします。
  4. 配信 」タブを選択します。
  5. E メールをアーカイブ 」ボックスをオンにして、この配信またはこのテンプレートに基づいた各配信で送信されるすべてのメッセージのコピーを保持します。
    BCC アドレスに送信された電子メールが開封され、クリックされた場合は、送信分析の​ 合計開封数 ​と​ クリック数 ​に含められますが、計算の誤りの原因となる可能性があります。

ミラーページの生成

ミラーページは、Web ブラウザーからオンラインアクセス可能な HTML ページです。コンテンツは E メールと変わりません。
デフォルトでは、メールコンテンツ内にリンクが挿入されているとミラーページが生成されます。パーソナライゼーションブロックの挿入について詳しくは、 パーソナライゼーションブロック を参照してください。
配信プロパティの「 有効性 」タブにある「 モード 」フィールドを使用すると、このページの生成モードを変更できます。
ミラーページを作成するには、その配信の HTML コンテンツが定義されている必要があります。
デフォルトモードのほかに、次のオプションも選択できます。
  • ミラーページを強制的に生成 :配信コンテンツ内にミラーページへのリンクが挿入されていなくても、ミラーページを生成します。
  • ミラーページを生成しない :配信コンテンツ内にリンクが挿入されていても、ミラーページを生成しません。
  • メッセージ識別子のみを使用してアクセス可能なミラーページを生成 :配信ログウィンドウで、パーソナライゼーション情報を含むミラーページのコンテンツにアクセスできるようにします。これを使用するには、配信が完了した後に「 配信 」タブをクリックし、メッセージを受け取った受信者の行を選択してから、「 このメッセージのミラーページを表示 」リンクをクリックします。

バウンスメールの管理

配信パラメーターの「 SMTP 」タブでは、バウンスメール管理を設定できます。
デフォルトでは、バウンスメールはプラットフォームのデフォルトエラーボックスに受信されますが、配信用の専用エラーアドレスを定義することもできます。
また、バウンスメールの発生理由をアプリケーションで自動判定できない場合の調査用に、この画面から特定のアドレスを定義できます。パーソナライゼーションフィールドの追加アイコンを使用すると、各フィールドにパーソナライゼーションパラメーターを追加できます。

文字エンコーディング

配信パラメーターの「 SMTP 」タブで、「 文字エンコーディング 」セクションを使用して特定のエンコードを設定できます。
デフォルトのエンコードは UTF-8 です。一部の受信者の E メールプロバイダーが UTF-8 規格のエンコーディングをサポートしていない場合、E メールの受信者に対して特殊文字を適切に表示するために特定のエンコーディングを設定する必要があります。
例えば、日本語の文字を含む E メールを送信するとします。すべての文字が日本の受信者に正しく表示されるようにするには、標準の UTF-8 ではなく、日本語文字をサポートするエンコーディングを使用します。
そのためには、「 文字エンコーディング 」セクションの「 メッセージに使用されているエンコーディングを強制 」オプションを選択し、表示されるドロップダウンリストからエンコーディングを選択します。

SMTP ヘッダーの追加

配信には SMTP ヘッダーを追加できます。そのためには、配信の「 SMTP 」タブの関連するセクションを使用します。
このウィンドウで入力するスクリプトは、 name:value の形式で 1 行ごとに 1 つのヘッダーを参照する必要があります。
値は必要に応じて自動的にエンコードされます。
スクリプトを追加すると、挿入する SMTP ヘッダーを追加できます。これは高度な知識を持つユーザー向けに用意されています。
スクリプトの構文は、このコンテンツタイプの要件を満たしている必要があります(不要なスペースや空行を含まないなど)。