Show Menu
トピック×

イベントの処理について

トランザクションメッセージのコンテキストでは、イベントは、外部の情報システムによって生成され、 PushEvent および PushEvents メソッド経由で Adobe Campaign に送信されます( イベントの説明 を参照)。イベントには、イベントのタイプ(例えばオーダー確認や Web サイトにおけるアカウント作成)、E メールアドレスまたは電話番号、その他の情報など、そのイベントに関連したデータが含まれており、エンリッチメントやパーソナライズをおこなってからトランザクションメッセージを配信できるようになります。イベントデータとしては、顧客の連絡先情報、メッセージの言語または E メールのフォーマットなどが挙げられます。
イベントデータの例:
トランザクションメッセージイベントを処理するには、次の手順を適用する必要があります。
  1. イベントの収集
  2. イベントのメッセージテンプレートへの転送
  3. パーソナライゼーションデータを使用したイベントのエンリッチメント
  4. 配信の実行
  5. リンクした配信に失敗したイベントの再利用(この手順は Adobe Campaign ワークフロー経由で実行することができます)

イベントのステータス

イベント履歴 Message Center イベント履歴 )は、処理されたすべてのイベントを 1 つのビューにまとめます。イベントは、イベントタイプまたは​ ステータス ​ごとに分類することができます。イベントのステータスは以下のとおりです。
  • 保留中 :該当するのは次のいずれかです。
    • 収集されたばかりで処理されていないイベント​ エラー数 ​列に値 0 が表示されます。E メールテンプレートはまだリンクされていません。
    • 処理されたが、確認でエラーになったイベント​ エラー数 ​列に 0 以外の値が表示されます。このイベントが再処理される日付については、 処理リクエスト日 ​の列を参照してください。
  • 配信待ち :イベントは処理され、配信テンプレートがリンクされています。E メールは配信待ちとなり、標準的な配信処理が適用されます。詳しい情報を見るには、該当する配信を開いてください。 配信 を参照してください。
  • 送信済み 無視 配信エラー :これらの配信ステータスは、 updateEventsStatus ワークフローで復元します。詳しい情報を見るには、該当する配信を開いてください。
  • 対象外のイベント :Message Center のルーティングフェーズが失敗しました。例えば、Adobe Campaign がこのイベントのテンプレートとなる E メールを見つけられなかった場合などです。
  • 期限切れのイベント :送信試行の最大数を超えました。このイベントは空とみなされます。