Show Menu
トピック×

トランザクションメッセージ内のシードアドレスの管理

シードアドレスを使用すると、E メールまたは SMS 配信の前に、メッセージのプレビューを表示したり、配達確認を送信したり、メッセージのパーソナライゼーションを検証したりすることができます。シードアドレスは配信に関連付けられ、その他の配信に利用することはできません。

シードアドレスの作成

  1. トランザクションメッセージテンプレートで、「 シードアドレス 」タブをクリックします。
  2. 後で容易に選択できるよう、ラベルを割り当てます。
  3. シードアドレス(通信チャネルにより E メールまたは携帯電話)を入力します。
  4. 外部識別子を入力します。このオプションのフィールドには、Web サイト上のすべてのアプリケーションに共通し、プロファイルを識別するのに利用できるビジネスキー(一意の識別子、名前 + E メールなど)を入力することができます。Adobe Campaing マーケティングデータベースにもこのフィールドが存在する場合、データベース内のプロファイルとイベントとを照合することができます。
  5. テストデータを挿入します( パーソナライゼーションデータ を参照)。

複数のシードアドレスの作成

  1. 他のシードアドレスを追加 」リンクをクリックし、「 追加 」ボタンをクリックします。
  2. シードアドレスの作成 の節で説明されているシードアドレスの設定手順に従ってください。
  3. この手順を繰り返して、必要な数のアドレスを作成します。
アドレスを作成したら、プレビューとパーソナライゼーションを表示することができます。 トランザクションメッセージのプレビュー を参照してください。