Show Menu
トピック×

トランザクションメッセージの設定

トランザクションメッセージをAdobe Campaignと共に送信するには、まずデータの構造を記述する必要があります。
イベントの設定は、次の手順に従っ 、管理者が行う必要があります。
設定は、送信するトランザクションメッセージの種類によって異なります。 詳しくは、トランザクションイベント固有の設定 を参照してください
イベントが公開されると、対応するトランザクションメッセージが自動的に作成されます。 For more on transactional messaging, refer to this page .

イベント

作業を開始するには、ニーズに応じてイベントを作成します。
役割を持ち、組織単位の Administration 一部であるユーザーのみが All 組織単位 、ユーザー設定を作成する適切な権限を持っています。
  1. 左上隅 Adobe Campaign のロゴをクリックし、//を Marketing plans 選択し Transactional messages ます Event configuration
  2. ボタンをクリッ Create クします。
  3. とを Label ID イベント このフ ID ィールドは必須で、プレフィックス「EVT」で始まる必要があります。 このプレフィックスを使用しない場合、をクリックすると自動的に追加されま Create ​す。
    IDは、EVTプレフィックスを含めて64文字を超えてはなりません。
  4. チャネルの送信に使用するトランザクションメッセージを選択するか、ま Email ​たは Mobile (SMS) Mobile application (プッシュ通知)。
    各チャネル設定で使用できるイベントは1つだけです。 一旦イベントが作成されると、変更はできません。チャネル
  5. 目的のターゲティングディメンション設定に対応するイベントを選択し、をクリックしま Create ​す。
    イベントベースのトランザクションメッセージターゲットデータはイベント自体に含まれ、プロファイルベースのトランザクションメッセージターゲットデータはAdobe Campaignデータベースに含まれます。 詳しくは、トランザクションイベント固有の設定 を参照してください
作成されたリアルタイムイベントの数は、プラットフォームに影響を与えます。 最適なパフォーマンスを得るために、不要になったリアルタイムイベントを必ず削除してください。 詳しくは、 イベントの削除

イベント属性の定義

このセクシ Fields ョンで、イベントコンテンツに統合され、トランザクションメッセージのパーソナライズに使用できる属性を定義します。
フィールドの追加と変更の手順は、カスタムリソースの場合と 同じです
多言語トランザクションメッセージを作成する場合は、 AC_language IDを使用して追加のイベント属性を定義します。 これは、イベントトランザクションメッセージにのみ当てはまります。 イベントの公開後、多言語トランザクションメッセージのコンテンツを編集する手順は、多言語標準の電子メールの手順と同じです。 See Creating a multilingual email .

データコレクションの定義

要素のコレクションをイベントのコンテンツに追加し、各要素自体に複数の属性を含めることができます。
このコレクションは、トランザクション用の電子メールで 使用し 、製品のリスト(価格、参照番号、数量など)をメッセージの内容に追加できます。 をリストの
  1. セクション Collections で、ボタンをクリック Create element します。
  2. コレ追加クションのラベルとID。
  3. トランザクションメッセージに表追加示するすべてのフィールドで、製品の各リストを表示します。
    この例では、次のフィールドを追加しました。
  4. このタ Enrichment ブでは、コレクションの各項目をリッチできます。 これにより、対応する製品リストの要素を、Adobe Campaignデータベースや作成した他のリソースの情報と共にパーソナライズできます。
コレクションの要素を豊富にする手順は、「コレクションの豊富化」の節で説 明した手順と同じです 。 コレクションを豊富にすると、イベントを豊富にすることはできません。セクション内のコレクション自体にエンリッチメントを追加する必要があ Collections ります。
イベントとメッセージが公開されると、このコレクションを自分のトランザクションメッセージで使用できます。
次に、この例のAPIプレビューを示します。
関連トピック:

イベント

メッセージをパーソナライズするために、トランザクションメッセージのコンテンツをAdobe Campaignデータベースの情報で拡張できます。 例えば、各受信者の姓またはCRM IDから、住所や生年月日などのデータや、プロファイルテーブルに追加された他のカスタムフィールドなどのデータを回復して、送信する情報をパーソナライズできます。
拡張された情報でトランザクションメッセージの内容を拡張できま Profile and services Ext API ​す。 詳しくは、APIの拡張を参照 してください。拡張機能の公開
この情報は、新しいリソースに保存することもできます。 この場合、リソースは、またはのリソースに直接、または別のテ Profile ーブルを Service 介してリンクされている必要があります。 例えば、以下の設定では、トランザクションメッセージがリソースにリンクされている場合、カテゴリの内容を製品のやIDなどのリソースの情報で拡張する Product ことができ Product Profile ます。
リソースの作成と公開について詳しくは、このページを参照 してください
  1. セクション Enrichment で、ボタンをクリック Create element します。
  2. メッセージをリンクするリソースを選択します。 In this case, choose the Profile resource.
  3. ボタンを使 Create element 用して、選択したリソースのフィールドを、以前にイベントに追加したフィールドの1つにリンクします( イベント属性の定義 )。
  4. この例では、とのフィールドをリソ Last name ース内の First name 対応するフィールドと調整し Profile ます。
    また、リソースを使用してトランザクションメッセージの内容を強化することも Service できます。 For more on services, see this section .
  5. プロファイルベースのイベントを作成または編集する場合は、「」セクションで、配信の実行時にメッセ Targeting enrichment ージターゲットとして使用するエンリッチメントを選択します。
    リソースに基づくターゲットエンリッチメントの選択は、 Profile プロファイルベースのイベントでは必須です。
イベントとメッセージが公開されると、このリンクを使用してメッセージの内容を強化できます。トランザクションメッセージ
関連トピック:

プレビューと公開イベント

このイベントを使用する前に、プレビューして公開する必要があります。
  1. ボタンをク API preview リックすると、Webサイトの開発者が公開する前に使用するREST APIのシミュレーションが表示されます。 イベントが公開されると、このボタンを使用して実稼働環境のAPIのプレビューを確認することもできます。 詳しくは、 Webサイトでのイベントのトリガーの統合を参照してください
    REST APIは、選択したチャネルと選択したターゲティングディメンションによって異なります。 各種設定の詳細については、「トランザクションイベント固有の設定」を参 照してくださ い。
  2. クリックし Publish て開始を作成
  3. 対応するタブで表示ログを作成できます。
    イベントを変更するたびに、を再度クリックして、Web Publish サイト開発者が使用する更新されたREST APIを生成する必要があります。
    イベントが公開されると、新しいトランザクションメッセージにリンクされたイベントが自動的に作成されます。
  4. このトランザクションメッセージには、左側の領域にあるリンクを通じて直接アクセスできます。
イベントがメッセージの送信をトリガーするには、トランザクションメッセージを変更し、作成したメッセージを公開する必要があります。 See Event transactional messages .
また、このトリガーイベントをWebサイトに統合する必要があります。 詳しくは、 Webサイトでのイベントのトリガーの統合を参照してください
Adobe Campaign開始がこのイベント設定に関連するイベントを受け取ると、「」のセクションのリンクを使用して、サードパーティのサービスによって送信され、Adobe Campaignで処理される最新の Latest transactional events History イベントにアクセスできます。
イベント(JSON形式)は、最新から最も古い順に表示されます。 このリストを使用すると、コンテンツやイベントのステータスなどのデータをチェックし、制御やデバッグを行うことができます。

公開の取り消しイベント

このボ Unpublish タンを使用すると、イベントの公開をキャンセルできます。これにより、以前に作成したイベントに対応するリソースがREST APIから削除されます。 現在は、Webサイトを通じてイベントがトリガーされても、対応するメッセージは送信されず、データベースには保存されません。
対応するトランザクションメッセージを既に公開している場合は、トランザクションメッセージの公開もキャンセルされます。 詳しくは、公 開の取り消しを参照してください
新しいREST APIを生 Publish 成するには、ボタンをクリックします。

削除,イベント

イベントが非公開になった場合、またはイベントがまだ公開されていない場合は、イベント設定リストから削除できます。 手順は次のとおりです。
  1. 左上隅 Adobe Campaign のロゴをクリックし、//を Marketing plans 選択し Transactional messages ます Event configuration
  2. 選択したイベント設定にマウスを移動し、ボタンを選択 Delete element します。
    イベントの設定がステータスを持っ Draft ていることを確認してください。そうしないと、削除できなくなります。 ステータス Draft は、まだ公開されていないイベント、または未公開の画像に適用さ れます
  3. ボタンをクリッ Confirm クします。
公開済みで既に使用されているイベント設定を削除すると、対応するトランザクションメッセージと、その送信およびトラッキングログも削除されます。

Webサイトでのイベントのトリガーの統合

作成したイベントは、Webサイトに統合する必要があります。
Transactional messaging operating principal 」セクションで説明した例では、買い物かごに商品を購入する前に、顧客の1人がWebサイトを離れるたびに「買い物かごの放棄」イベントをトリガーする必要があります。 これを行うには、Webサイト開発者がAdobe Campaign標準REST APIを使用する必要があります。

トランザクションイベント固有の設定

トランザクションイベントの設定は、送信するトランザクションメッセージ(イベントまたはプロファイル)のタイプと、使用するチャネルによって異なります。
次の節では、目的の設定に従って具体的に設定する必要のある設定について詳しくトランザクションメッセージします。 イベントを設定する一般的な手順について詳しくは、「イベントの作成」を参 照してくださ い。

イベントベースのトランザクションメッセージ

イベントベースのトランザクションメッセージを送信するには、まず、イベント自体に含まれるデータをターゲットにしたイベントを作成し、設定する必要があります。 詳しくは、トランザクションメッセージ ングの利用を参照してくださ い。
  1. イベント設定を作成する際に、 Real-time event ターゲティングディメンションを選択します( イベントの作成を参照 )。
  2. イベント追加に対するフィールド。トランザクションメッセージをパーソナライズできるようにするためです( イベント属性の定義 )。
  3. トランザクションメッセージデータベースの追加情報を使用する場合は、Adobe Campaignのコンテンツを拡張します( トランザクションメッセージのコンテンツの強化 )。
    イベントベースのトランザクションメッセージングは、送信イベント内のデータのみを使用して、受信者とメッセージコンテンツのパーソナライゼーションを定義する必要があります。 ただし、データベースの情報を使用して、トランザクションメッセージの内容をAdobe Campaignできます。
  4. プレビューしてイベントを公開します( イベントのプレビューと公開を参照 )。
    イベントをプレビューする場合、REST APIには、選択したオプションに従って電子メールアドレスまたは携帯電話を指定する属性が含まれています。チャネル
    イベントが公開されると、新しいトランザクションメッセージにリンクされたイベントが自動的に作成されます。 イベントがトランザクションメッセージの送信をトリガーするには、作成したメッセージを変更して公開する必要があります。「 イベントトランザクションメッセージ
  5. イベントをWebサイトに統合します( Webサイトでのイベントのトリガーの統合を参照 )。

プロファイルベースのトランザクションメッセージ

プロファイルベースのトランザクションメッセージを送信するには、まず、イベントデータベースに含まれるデータベースのターゲットデータを作成し、設定する必要があります。
  1. イベント設定を作成する際に、 Profile event ターゲティングディメンションを選択します( イベントの作成を参照 )。
  2. イベント追加に対するフィールド。トランザクションメッセージをパーソナライズできるようにするためです( イベント属性の定義 )。 フィールドを作成するには、少なくとも1つのフィールドを追加する必要があります。エンリッチメント Adobe Campaignデータベースのパーソナライゼーションフィールドを使用できるように First name (名)や Last name(姓)などの他のフィールドを作成する必要はありません。
  3. エンリッチメントを作成して、イベントをリソースにリンクします(リソ Profile ースのコンテ ンツの強化を参照 )。 エンリッチメントを使用する場合、作成は必須 Profile です。
  4. プレビューしてイベントを公開します( イベントのプレビューと公開を参照 )。
    イベントをプレビューする場合、REST APIには、リソースから取得される電子メールアドレスまたは携帯電話を指定する属性が含まれてい Profile ません。
    イベントが公開されると、新しいトランザクションメッセージにリンクされたイベントが自動的に作成されます。 イベントがトランザクションメッセージの送信をトリガーするには、作成したメッセージを変更して発行する必要があります。詳しくは、「プロファイル トランザクションメッセージの送信」を参照してください
  5. イベントをWebサイトに統合します( Webサイトでのイベントのトリガーの統合を参照 )。

イベントベースのトランザクションプッシュ通知

トランザクションプッシュ通知を送信するには、それに応じてAdobe Campaignを設定する必要があります。 プッシュ 設定を参照してくださ い。
匿名のトランザクションプッシュ通知を、モバイルアプリケーションからの通知の受信を選択したすべてのイベントに送信するには、まず、イベント自体に含まれるデータをターゲットにしたユーザーを作成し、設定する必要があります。 対応する手順を以下に示します。
このイベントには、次の3つの要素が含まれている必要があります。
  • 登録 トークン 。1つのモバイルアプリケーションと1つのデバイスのユーザーIDです。 これは、データベースのどのプロファイルにも対応していない場合があります。
  • モバイ ルアプリケーション (すべてのデバイス(AndroidおよびiOS)用)の名前。 これは、ユーザーのデバイス上でプッシュ通知を受信するために使用される、Adobe Campaignで設定されたモバイルアプリケーションのIDです。 For more on this, refer to this page
  • プッ シュプラットフォ ーム(Androidの場合は「gcm」、iOSの場合は「apns」)。
  1. イベント設定を作成する際に、チャネルと Mobile application ターゲティングディメンションを選択します( Real-time event イベントの作成 」を参照)。
  2. イベント追加に対するフィールド。トランザクションメッセージをパーソナライズできるようにするためです( イベント属性の定義 )。
  3. トランザクションメッセージデータベースの追加情報を使用する場合は、Adobe Campaignコンテンツを拡張します( トランザクションメッセージコンテンツの強化 )。
    イベントベースのトランザクションメッセージングは、送信イベント内のデータのみを使用して、受信者とメッセージコンテンツのパーソナライゼーションを定義する必要があります。 ただし、データベースの情報を使用して、トランザクションメッセージの内容をAdobe Campaignできます。
  4. プレビューしてイベントを公開します( イベントのプレビューと公開を参照 )。
    イベントをプレビューする場合、REST APIには、配信のターゲットに使用される「registrationToken」、「application」および「pushPlatform」属性が含まれます。
    イベントが公開されると、新しいトランザクションにリンクされたトランザクションプッシュ通知が自動的にイベントされます。 作成したメッセージを変更して公開する方法については、トランザクションを対象とし たトランザクションプッシュ通知の送信を参照してください
  5. イベントをWebサイトに統合します( Webサイトでのイベントのトリガーの統合を参照 )。

プロファイルベースのトランザクションプッシュ通知

モバイルアプリケーションをサブスクライブしているAdobe Campaignプロファイルにトランザクションプッシュ通知を送信するには、まずAdobe Campaignデータベースをターゲットとするイベントを作成し、設定する必要があります。
  1. イベント設定を作成する際に、チャネルと Mobile application ターゲティングディメンションを選択します( Profile イベントの作成 」を参照)。
    デフォルトでは、トランザクションのプッシュ通知は、トランザクションがサブスクライブしているすべてのモバイル受信者に送信されます。 特定のモバイルアプリケーションにプッシュ通知を送信するには、アプリケーションでその通知をリストします。 その他のモバイルアプリはメッセージのターゲットになりますが、送信から除外されます。
  2. イベントに対追加するフィールド。トランザクションメッセージをパーソナライズする場合( イベント属性の定義 )。
    フィールドを作成するには、少なくとも1つのフィールドを追加する必要があります。エンリッチメント Adobe Campaignデータベースのパーソナライゼーションフィールドを使用できるように First name (名)や Last name(姓)などの他のフィールドを作成する必要はありません。
  3. エンリッチメントを作成して、イベントをリソースにリンクします(リソ Profile ースのコンテ ンツの強化を参照 )。 エンリッチメントを使用する場合、作成は必須 Profile です。
  4. プレビューしてイベントを公開します( イベントのプレビューと公開を参照 )。
    イベントをプレビューする場合、REST APIには、登録トークン、アプリケーション名、およびプッシュプラットフォームを指定する属性が含まれません。これらの属性は、リソースから取得さ Profile れます。
    イベントが公開されると、新しいトランザクションにリンクされたトランザクションプッシュ通知が自動的にイベントされます。 作成したメッセージを変更して公開する方法については、トランザクションを対象と したトランザクションプッシュ通知の送信を参照してください
  5. イベントをWebサイトに統合します( Webサイトでのイベントのトリガーの統合を参照 )。

フォローアップイベントを送信するメッセージの設定

フォローアップメッセージは、特定の配信テンプレートの受信者にメッセージを送信するためのワークフローで使用できる、事前定義されたマーケティングトランザクションメッセージです。 詳しくは、「フォローアップメッセ ージ」を参照してください
  1. 作成したのと同じイベント設定を使用して、イベントトランザクションメッセージ。 詳しくは、 イベントベースのトランザクションメッセージ
  2. イベントの設定時に、イベントを公開する前に Create follow-up delivery template for this event チェックボックスをオンにします。
  3. プレビューしてイベントを公開します( イベントのプレビューと公開を参照 )。
    イベントが公開されると、新しいトランザクションメッセージにリンクされた配信テンプレートとフォローアップイベントが自動的に作成されます。 フォローアップメッセージの使用について詳しくは、「フォロ ーアップメッセージの送信」を参照してくださ い。

使用例:送信するイベントの設定トランザクションメッセージ

この例では、Webサイトでの各購入の後に次の前提条件を満たして確認メッセージを送信するようにイベントを設定します。
このCRM IDを使用してクライアントを識別するには、まず、この新しいフィールドを使用してリソ Profile ースが拡張されていることを確認します。
同様に、購入に対応するカスタムリソースが作成および発行され、リソースにリンクされている必要があり Profile ます。 この方法を使用すると、このリソースから情報を取得して、メッセージの内容を強化できます。
リソースの作成と公開について詳しくは、このページを参照 してください
  1. 新しいイベントを作成します( Email チャネルと Profile ターゲティングディメンションを使用 します )。
  2. トランザクションメッセージのパーソナライズに使用できる属性を定義します。 この場合、「CRM ID」と「製品ID」フィールドを追加します(イベント属性の 定義を参照 )。
  3. クライアントの以前の購入に関する情報でメッセージの内容を拡張するには、リソースをターゲットにしたエンリッチメントを作成します( Purchase トランザクションメッセージの内 容の強化を参照 )。
  4. 以前にメッセージに追加した「製品識別子」フィールドと、リソースの対応するフィールドとの間に結合条件を作成し Purchase ます。
  5. プレビューしてイベントを公開します( イベントのプレビューと公開を参照 )。
  6. Webサイトにイベントを統合します( Webサイトでのイベントのトリガーの統合を参照 )。