Show Menu
トピック×

APIを使用したデータ取り込みのトリガー

キャンペーン標準データサービスは現在ベータ版で、予告なく頻繁に更新される場合があります。 これらの機能にアクセスするには、Azureでホストする必要があります(現在、北米向けベータ版のみ)。 ご希望の場合は、アドビカスタマーケアにお問い合わせください。
Adobe Campaign Standardでは、APIを使用してデータマッピングを直ちに取り込み、取り込みリクエストのステータスを取り出すことができます。
このページでは、データマッピングのインジェスト・ステータスをトリガし、取得する方法について説明します。 Campaign Standard APIのグローバル情報については、この節を参照 してください

前提条件

APIを使用する前に、データマッピングを設定し、Campaign Standardインターフェイス内で公開する必要があります。 詳しくは、以下の節を参照してください。
データマッピングを作成したら、必要に応じてAPIからトリガーできるように、データマッピングの実行を停止する必要があります。 それには、次の手順に従います。
  1. Campaign Standardで、///メニューに Administration ​移動し​ Development Status of data export to platform す。
  2. データマッピングをダブルクリックして開き、ボタンをクリック Stop ​します。
  3. 変更の保存
これで、データマッピングの実行が停止しました。 キャンペーン標準APIを使用して、手動でトリガーできます。

データマッピングの即時取り込みの開始

XDMマッピングをAdobe Experience Platformに直ちに取り込むと、POST操作によって次のようにトリガーされます。
POST https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/dataIngestion/xdmIngestion/<XDM Mapping ID>/ingest
取り込みPOST API呼び出しを実行するには、 SQL関数実行ロールが必要です。このロールは、Campaign Standard管理者が以下のJSスクリプトを実行することで提供できます。
var sqlRoleObj = REST.head.roleBase.sql.get(); REST.head.securityGroup.Administrators.roles.post(sqlRoleObj);
POST操作は、作成されたリクエストのステータスに関する情報を返します。
  • 要求はXDMマッピングに対して正常に送信されました:
{
"requestId": <value>,
"info": "Ingestion request submitted successfully for the Mapping ID: <value>",
"status":"Success"
}

  • XDMマッピングの要求は既に処理中です:
{
"requestId": <value>,
"info": "Ingestion request already in progress for the Mapping ID: <value>",
"status":"In Progress"
}

  • XDMマッピングが発行されていないか、または停止しているため、要求が失敗しました:
{
"info": "Unable to submit data ingestion request, XDM Mapping ID: <value> is not stopped",
"status": "Failed"
}
{
"info": "Unable to submit data ingestion request, XDM Mapping ID: <value> is not published",
"status": "Failed"
}

インジェストリクエストのステータスの取得

取り込み要求のステータスは、GET操作と、パラメーター内の目的の要求IDを使用して取得できます。
GET https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/dataIngestion/xdmIngestion/<XDM Mapping ID>/ingest
{"requestId"="<value>"}

XDMマッピングリクエストのステータスとその関連ジョブに関する詳細情報は、Campaign Standardインターフェイスの # (プラットフォームへのデータエクスポートのステータス)で確認できます (マッピングのアクテ ィブ化を参照)。
GET操作は、次の情報を返します。
  • batchId :このフィールドは、バッチの準備とアップロードの後にエラーが発生した場合にのみ、
  • info :xdmマッピングID、
  • numRecords :取り込まれたレコードの数(成功状況のみ)、
  • status :取り込みリクエストのステータス(成功、失敗、進行中)
GET操作に対する応答は次のとおりです。
  • 取り込み要求が成功しました:
    {
    "batchId": "",
    "info": "Mapping Id: <value>. ",
    "numRecords": 15,
    "requestId": 3520,
    "status": "Success"
    }
    
    
  • 取り込み要求が0件のレコードを取り込み中に失敗しました:
    {
    "batchId": "",
    "info": "Mapping Id: <value>. ACP-880056 Failed to fetch the record from the database.",
    "numRecords": 0,
    "requestId": 3520,
    "status": "Failed"
    }
    
    
  • 取り込み要求が失敗し、一部のレコードがバッチの下にアップロードされました:
    {
    "batchId": "<value>",
    "info": "Mapping Id: <value>. ACP-880096 Sync Job failed to upload. Please check the error in the Platform UI.",
    "numRecords": 0,
    "requestId": <value>,
    "status": "Failed"
    }
    ```
    
    
    
  • 一部のレコードを取り込んだ後で取り込み要求が中止されました(クラッシュシナリオで発生する可能性があります)。
    {
    "batchId": "",
    "info": "Mapping Id: <value>. Ingestion request aborted due to some issue with data ingestion service. Please submit a new request",
    "numRecords": 0,
    "requestId": <value>,
    "status": "Aborted"
    }
    
    
  • 取り込み要求が進行中(要求がデータをバッチにアップロードした場合、またはバッチが要求に対して準備中の場合):
    {
    "batchId": "",
    "info": "Mapping Id: <value>.",
    "numRecords": 0,
    "requestId": <value>,
    "status": "In Progress"
    }