Show Menu
トピック×

グループとユーザーの管理

セキュリティグループについて

セキュリティグループとは、組織内で同じ役割および権限を共有するユーザーのセットです。
ユーザーは、常にセキュリティグループにリンクされている必要があります。これにより、ユーザーに特定の役割や組織単位を割り当てることができます。
役割について詳しくは、 Adobe Campaign Standard 認証 ページの各表に、ユーザーの役割に応じて使用できる様々な操作を示します。
デフォルトのセキュリティグループは次のとおりです。
  • Administrators
  • Delivery supervisors
  • Message Center agents
  • Standard Users
  • Workflow supervisors
どのセキュリティグループにもリンクされていないユーザーは、Adobe Campaign にアクセスできません。
Campaign Standard ユーザーグループは All 組織単位にリンクされているので、ユーザーのアクセスを制限するにはユーザーを追加しないでください。
デフォルトでは、 All (all) 組織単位は Administrators セキュリティグループに割り当てられます。これは読み取り専用で、変更できません。

セキュリティグループの作成とユーザーの割り当て

Admin Console では、セキュリティグループはプロファイルと呼ばれます。
標準グループでユーザーを適切に管理できない場合は、独自のセキュリティグループを作成できます。独自のセキュリティグループは、Adobe Campaign 管理メニューと Admin Console の両方にアクセスできる管理者が管理できます。Admin Console について詳しくは、この ドキュメント を参照してください。
ここでは、最初に 2 つの標準グループ(Standard Users と Administrators)をユーザーに割り当てる必要があります。これらのセキュリティグループは、Adobe Campaign 機能の一部を制限します。Standard Users には基本的な Adobe Campaign アクセス権がある一方、Administrators は管理メニューなどにアクセスできます。
Admin Console でセキュリティグループに対しておこなった変更は、ユーザーが Adobe Campaign にログインするとすぐに同期されます。
次に、Geometrixx と Geometrixx Clothes セキュリティグループを作成し、Standard Users と Administrators の組織単位に応じて一部のアクセスが制限されるようにします。
最初に、標準セキュリティグループの 1 つをユーザーに割り当てる必要があります。
  1. Admin Console で、インスタンスを選択し、「 Users 」タブをクリックします。
  2. Add user 」ボタンをクリックして、ユーザーの E メールアドレスを入力します。
  3. Assign Products 」タブで、インスタンスを選択し、ドロップダウンリストから標準の Administrators セキュリティグループを選択します。これにより、ユーザーは管理メニューにアクセスし、次のセキュリティグループを作成できます。
  4. Save 」をクリックし、同じ手順に従って標準の Standard Users セキュリティグループを新しいユーザーに割り当てます。
ユーザーに役割を割り当てるために標準の Administrators セキュリティグループと Standard users セキュリティグループに 2 人のユーザーを割り当てると、Administrators ユーザーは Geometrixx Geometrixx Clothes の 2 つのセキュリティグループを作成して、標準セキュリティグループに加えて組織単位をユーザーに割り当てることができます。
  1. Admin Console で、インスタンスを選択し、「 Products 」タブをクリックします。
  2. New Profile 」ボタンをクリックして、 Geometrixx セキュリティグループを作成します。
  3. 構文「 Campaign Standard- instance name - ID of the security group 」に従って Profile name を入力し、「 Done 」をクリックします。
    選択した ID は、Adobe Campaign でセキュリティグループを作成する際に使用されます。
    上記の構文が古いインスタンスで動作しない場合は、 Campaign - instance name - ID of the security group で置き換えてください。
  4. 次に、同じ手順に従って Geometrixx Clothes セキュリティグループを作成します。
  5. Users 」タブを選択して、セキュリティグループをユーザーに割り当てます。
  6. 以前に作成したユーザーをクリックし、 Products カテゴリ内の アイコンをクリックします。
    Edit products assigned directly 」を選択して、新しいセキュリティグループを割り当て始めます。
  7. Assign Products 」タブでインスタンスを選択し、ドロップダウンリストから以前に作成したセキュリティグループ Geometrixx を選択して、Administrators ユーザーに割り当てます。
    Save 」をクリックします。
    ユーザーが複数のグループに属する場合:
    • 異なるグループの役割は累積されます。ここでは、ユーザーは 2 つの異なるグループに属しています。1 つは役割ベースで、もう 1 つは単位ベースです。
    • 単位は使用される階層の中で最高のものです( 組織単位 の節の例を参照)。
    • 単位のレベルが同じで、階層内の並列分岐にある場合、ユーザーは接続できなくなります。
  8. 同じ手順に従って、Geometrixx Clothes セキュリティグループを Standard Users ユーザーに割り当てます。
新しく作成されたセキュリティグループが Admin Console に作成されます。セキュリティグループを完全に同期するには、Adobe Campaign でもセキュリティグループを作成する必要があります。
Administrators ユーザーは、組織単位の割り当てに使用する Geometrixx および Geometrixx Clothes セキュリティグループのセットを作成する必要があります。組織単位の作成方法については、 単位の作成と管理 を参照してください。
  1. 左上隅の Adobe Campaign ロゴをクリックし、 Administration > Users & Security > Security groups を選択します。
  2. 新しいセキュリティグループを作成し、 Label ID を指定します。
    この ID は、Admin Console で選択した ID と同じである必要があります。
  3. User access 」フィールドで、組織単位を割り当てます。ここでは、Geometrixx セキュリティグループに All 組織単位が割り当てられます。
    ユーザーに標準搭載のセキュリティグループを割り当てる場合は、組織単位をリセットする必要があります。
  4. 役割をセキュリティグループに割り当てることもできます。その場合、標準の Administrators セキュリティグループと Standard users セキュリティグループが役割の割り当てに使用されるので、この手順は不要です。
  5. 同じ手順で、最後のセキュリティ Geometrixx Clothes を作成し、Geometrixx Clothes の組織単位を割り当てます。
これで、ユーザーはセキュリティグループに割り当てられ、Adobe Campaign に接続できるようになります。
Admin Console でセキュリティグループから削除されたユーザーは、Adobe Campaign セキュリティグループに引き続き属しますが、Adobe Campaign にログインできなくなります。この場合、ユーザーが機密情報を受け取らないように、Admin Console でユーザーの E メールアドレスを削除します。