Show Menu
トピック×

ユーザー管理

ユーザーについて

Adobe Campaignを使用すると、ユーザーに一連のロールを割り当てて、ユーザーがアクセスできるインターフェイスの部分を定義できます。
特定の役割と対応する承認については、以下の節で詳しく説明します。 ロール 承認の理解
管理者は管理コンソールからユーザーを管理できます。 ユーザーは、Adobe Campaignと自動的に同期されます。 For more on this, refer to the Admin console documentation.
Adobe Campaignでユーザーを表示するには、左上隅の Adobe Campaign ロゴをクリックし、を選択し Administration > Users & Security > Users ​ます。
Adobe Campaignからユーザー管理インターフェイスにアクセスするには、をクリックし User administration ​ます。
関連トピック:

ユーザーのタイプ

このユーザーセグメントは必須ではなく、Adobe Campaignの最も一般的な使用方法を表したものに過ぎません。
この節では、Adobe Campaignユーザーの主なタイプを理解する際に役立ちます。 ここでは、ユーザーが保持できる特定の役割(開始配信、エクスポート、配信の準備など)のすべては行いません。 ロールの詳細については、「ロールの リスト 」および「グループとユーザー 」ページの 管理を参照してください。
Adobe Campaign内の異なるタスクが3つの主なユーザータイプ間でどのように分割されるかに焦点を当てます。
  • 機能管理者 : 組織のすべてのユーザーの中で、最も技術的なユーザーです。
  • 上級ユーザー : マーケティング担当者が配信を送信および監視するために必要なすべての要素を設定します。
  • 基本ユーザー : キャンペーンをパーソナライズ、提供、監視するマーケターです。
機能管理者は、アドビの技術管理者とは異なります。 アドビの技術管理者は、アドビの内部的な役割を持っており、お客様はこの役割を利用できません。 インスタンスのプロビジョニング、ホスティング、インフラストラクチャの監視および監視、技術的なトラブルシューティングを管理します。

機能管理者

機能管理者は、インターフェイスの最も技術的な部分にアクセスできるユーザーです。 彼らはその役割を持ち、マーケティング担当者がキャンペーンの配信に集中できるように、プラットフォームがすべて設定されていることを確認します。 Administration
Adobe Campaignインターフェイスでメニューにアクセスできるのは、機能管理者のみ Administration です。 これらのユーザーは技術リソースにアクセスする必要があるので、既製のロールやなど、より高度なロールを割り当て Administration る必要があり Datamodel ます。 これらのロールは、あらかじめ用意され Administrators ているセキュリティグループで組み合わされます。 詳しくは、 この節 を参照してください。
実行できる主なタスクは次のとおりです。

上級ユーザー

上級ユーザーとは、Adobe Campaignで最も技術的な使用例を実行するマーケティングユーザーです。 マーケティング担当者は、配信の送信や監視に使用するすべての要素を事前設定します。
このタイプのユーザーには、機能管理者よりも多くの一般的な役割が必要ですが、技術的な操作を実行できる必要があります。 そのためには、ロール(、など)やロール(すぐに使用できるロール) Export ​を割り当て Generic import る必要があ Workflow ります。 詳しくは、 この節 を参照してください。
実行できる主なタスクは次のとおりです。
  • 複雑なデータ管理ワークフローの作成と実行 : データの読み込み、エンリッチおよび変換を行ってデータベースをフィードしたり、外部ファイルで必要なデータを書き出して独自のツールで処理したりします。
  • テンプレートの管理 : テンプレートを管理し、必要に応じてマーケティングアクティビティの特定のパラメーターを事前設定します。
  • クエリの作成 、オーディエンスの 管理 : クエリを使用して手動でオーディエンスを作成するか、専用ワークフローを自動的に使用して作成します。
  • 高度な式編集を実行します 。 高度な関数を使用して、日付、文字列、数値フィールド、並べ替えなどの特定のクエリを実行するための値を操作します。
  • リスト を書き出し、既存のインポートテンプレートを使用して データを読み込みます

基本ユーザー

機能的な管理者や上級ユーザーのおかげで、マーケティング担当者は、技術的な設定を気にすることなく、キャンペーンをパーソナライズ、配信、監視できます。 そのためには、ロール、ロールなど、あらかじめ用意され Prepare deliveries ​ているロールを割り当て Workflow る必要があ Start deliveries ります。 これらのロールは、あらかじめ用意され Standard Users ているセキュリティグループで組み合わされます。 詳しくは、 この節 を参照してください。
実行できる主なタスクは次のとおりです。

ユーザーの作成

ユーザーをインスタンスに追加するには、まず管理コンソールでユーザーを作成してから、Adobe Campaign標準で管理する必要があります。
  1. 詳細設定メニューからを選択し、をクリック Administration > Users & Security > Users して管理コンソール User administration にアクセスします。
  2. で、 Admin Console ​タブのをクリックし Users ます。
  3. クリック Add User .
  4. User details 」タブで、電子メールアドレス、名前、姓など、ユーザーの詳細を入力します。
  5. タブから、1つまたは複数のセキュリティグループをユーザーに割り当て Assign products ます。 For more information on security groups, refer to this page .
    設定が完了 Save したら、をクリックします。
ユーザーが作成され、次のウィンドウにリダイレクトされる電子メールを受け取ります。このウィンドウでは、ユーザーはパスワードを設定してから使用条件に同意する必要があります。 これで、このユーザはAdobe Campaign標準インスタンスに接続できます。
ユーザーは、インスタンスにサインインするとすぐにAdobe Campaign標準と同期されます。
その後、ユーザーがAdobe Campaignと正しく同期されているかどうかを確認できます。
  1. 詳細メニューから、以前に作成したユーザを Administration > Users & Security > Users 選択します。
  2. または Mobile ​必要に応じて、を更新 Time zone Regional settings します。
  3. ユーザーのセキュリティグループを確認します。 ここでは、ユーザーに Administrators セキュリティ・グループが割り当てられていることを確認できます。
  4. このユーザー Account disabled を非アクティブ化するかどうかを選択します。
  5. このフィールドでは、ユーザーがこのインスタンスに接続する方法(内部ネットワーク、VPNなど)を選択します。 Authorized connection zone
  6. クリック Save .
これで、Adobe Campaign標準を使用する準備が整いました。