Show Menu
トピック×

タイポロジルールについて

タイポロジとは、メッセージ分析段階で実行される一連のルールで、以下の要素のターゲット、コンテンツおよび設定を検証できます。件名、URL、画像、購読解除リンク、校正サイズなど
Adobe Campaignでは、各メッセージにタイポロジへのリンクが含まれています。 このリンクは、配信テンプレートのプロパティの詳細パラメーターで定義されます(詳しくは、「準備」の節を参照 して )。
各メッセージに割り当てることができるタイポロジは1つだけです。
ここでは、各タイポロジについ Typology rules て、このタイポロジの一連のルールを示します。

タイポロジの管理

アプリケーションには、デフォルトで複数のタイポロジが存在します。 ニーズに応じて、独自のタイポロジを作成したり、既存のタイポロジを変更したりできます。
  1. //メニューか List of typologies ら、を Administration 選択し Channels てアクセス Typologies します。
  2. コンテンツとプロパティを変更するタイポロジを選択するか、新しいタイポロジを作成します。
  3. タイポロジのタイプを定義します。 タイポロジは、標準またはフィルターのいずれかです。
  4. ボタンを使用して必要なタイポロジルールを追 Add an element 加するか、使用しないタイポロジルールを削除します。
    特定のタイポロジにルールが適用される順序を変更できます。 これを行うには、エレメントを移動して、画面に表示される順序を変更します。 その後、実行順序に対応する数値が自動的に再計算されます。 ルールの適用モードは、「タイポロジルールの実 行順序」セクションに表示され ます。
    この画面に表示されるルールは、読み取り専用モードでアクセスできます。
タイポロジを使用する準備が整いました。 メッセージのプロパティまたはメッセージテンプレートのプロパティで選択できます。
このフ IP affinity ィールドでは、設定に従って親和性を管理できます。 これらは、インスタンスの設定ファイルで定義されます。 親和性を使用する場合は、管理者に問い合わせてください。

タイポロジルール

タイポロジルールは、メッセージの準備中に適用されるビジネスルールです。 メッセージが有効で、品質基準を満たしているかどうかを確認するために使用されます。 また、ターゲットオーディエンスの各メンバーがメッセージを受け取る資格があるかどうかも確認します。
タイポロジルールは、//メニ Administration ューで Channels 使用 Typologies でき Typology rules ます。
ルールには次の2種類があります。
  • フィルタ ールール:検疫済みのプロファイルや、特定の数の電子メールが既に送信されたプロファイルなど、クエリで定義された条件に従って、メッセージターゲットの一部を除外できます。 詳しくは、ル ールのフィルタリングを参照してくださ い。
  • 疲労ルール :過剰要請を避けるために、プロファイルごとに最大メッセージ数を定義できます。 疲労ル ールを参照
  • 制御規則 :ユーザーは、メッセージが送信される前に、文字表示、SMSメッセージサイズ、アドレス形式などのメッセージの有効性と品質を確認できます。 制御ル ールを参照
タイポロジルールは、1つのチャネルまたはすべてのチャネルにのみ適用できます。
タイポロジ Properties ルールでは、実行順序を設定できます。 複数のルールを適用する必要がある場合、各ルールの実行順序によって、最初に処理するルールが決まります。 詳しくは、「タイポロジルールの実行順 序」の節を参照してください
ルールに関連するメッセージを分析する際に、ル Properties ールを適用しない場合は、ルールを使用してタイポロジルールを非アクティブ化できます。
カテゴリ Targeting context で、ターゲット化するデータに応じ 、ターゲッ ト化ディメンションとフィルターディメンションを選択できます。
デフォルトでは、フィルタリングはに対して実行されま Profiles ​す。 例えば、モバイルアプリケーションを対象としたルールの場合、をに変 Filtering dimension 更することができま Subscriptions to an application ​す。

タイポロジルールの実行順序

タイポロジルールは、ターゲット設定、分析およびメッセージパーソナライゼーションの各段階で指定された順序で実行されます。
標準の操作モードでは、ルールは次の順序で適用されます。
  1. ターゲティングの開始時に適用されるコントロールルール
  2. フィルタールール:
    • デフォルトで適用されるアドレス選定ルール(定義されたアドレス/検証されていないアドレス/ブラックリストに登録されたアドレス/強制隔離されたアドレス/アドレスの質)
    • ユーザーによって定義されたフィルタールール
  3. ターゲティングの終了時に適用されるコントロールルール
  4. パーソナライゼーションの開始時に適用されるコントロールルール
  5. 制御ルール(パーソナライゼーションの最後に適用される場合)。
ただし、各タイポロジで同じタイプのルールの実行順序を適応させることはできます。 実際、同じメッセージ処理段階で複数のルールが実行される場合、適用する順序を選択できます。
例えば、実行順序が20のフィルタリングルールは、実行順序が30のフィルタリングルールよりも前に実行されます。