Show Menu
トピック×

送信前にすべてのチェックを実行する

メッセージを用意できたら、そのコンテンツがすべてのデバイス上で正しく表示されることを確認します。また、パーソナライゼーションの誤りや壊れたリンクなどのエラーがないことも確認します。
メッセージを送信する前に、配信パラメーターと配信設定に矛盾がないことも確認します。

検証が重要な理由

配信を送信する前に、配信を本当に届けたい受信者にメッセージが届くかどうかを確認する必要があります。そのためには、メッセージのコンテンツと配信パラメーターを検証します。
この手順により、メインターゲットに配信する前に、エラーを検出して修正できます。
配信を検証する手順については、 この節 を参照してください。

E メールのレンダリング

Send 」ボタンを押す前に、さまざまな Web クライアント、Web メールおよびデバイスでメッセージの表示が最適化されていることを確認してください。
この確認のために、Adobe Campaign ではレンダリングをキャプチャして専用のレポートで利用できるようにしています。これにより、異なるコンテキストで受信される可能性のある送信済みのメッセージをプレビューできます。
ヒント
  • 送信されたメッセージは、Web メールやメッセージサービス、モバイルなど、メッセージを受信する様々なコンテキストで表示できます。
  • 電子メールレンダリング機能は、電子メールキャンペーンが主要なISP(インターネットサービスプロバイダー)やWebメールサービスのフィルターを正しく超えたかどうかを確認するのに重要です。 このようなツールは、テスト用受信ボックスのネットワークに E メールのプリフライトコピーを送信します。これにより、メッセージがこれらのサービスでどのように表示(レンダリング)されるかを確認できます。このツールには、迅速な識別および修正に役立つレポートとコード修正オプションも含まれており、配信品質を向上させることができます。
詳しくは、 この節 を参照してください。

配達確認メッセージ

配達確認を送信すると、オプトアウトリンクやミラーページ、その他のリンクの確認、メッセージの検証、画像の表示の確認、エラーの検出などをおこなうことができます。また、様々なデバイス上でデザインとレンダリングを確認することもできます。
詳しくは、 この節 を参照してください。

配信の A/B テストの設定

E メール配信で使用するコンテンツがいくつかある場合は、A/B テストを使用して、ターゲット母集団に与える影響が最も大きいコンテンツを見つけることができます。
ヒント
  • 一部の受信者に様々なバージョンを送信します
  • その中で成功率が最も高いバージョンを選び、そのバージョンを残りのターゲットに送信します
詳しくは、 この節 を参照してください。