Show Menu
トピック×

ダイレクトメールの作成

ダイレクトメール配信の作成方法は、通常の電子メールの作成方法と非常に似ています。 次の手順では、このチャネルに固有の設定について説明します。 その他のオプションの詳細については、 「電子メールの作成 」を参照してください。
  1. 新しいダイレクトメール配信を作成します。 Adobe Campaign ホームページ キャンペーン 、または マーケティングアクティビティリストから作成できます
    ワークフローにダイレクトメールアクティビティを追加することもできます。 詳しくは、 ワークフロー ガイドを参照してください。
  2. 標準搭載のテンプレートか、独自のテンプレートのいずれかを選択し Direct mail ます。 テンプレートの詳細については、「テンプレートの 管理 」を参照してください。
  3. 配信の一般的なプロパティを入力します。
  4. 抽出ファイルに含めるオーディエンスと、テストとトラップのプロファイルを定義します。 See Defining the direct mail audience .
    オーディエンスの定義は、通常の電子メールオーディエンスを定義するのと非常に似ています。 オーディエンスの 作成を参照してください
  5. ファイルの内容を編集します。 各プロファイル、ファイル構造、ヘッダーおよびフッターに含める列。 See Defining the direct mail content .
  6. 配信ダッシュボードの Schedule セクションをクリックして、連絡先の日付を定義します。 ダイレクトメールの場合、連絡先の日付は必須です。 詳しくは、「送信の スケジュール設定 」を参照してください。
  7. テストプロファイルを追加した場合(「テストプロファイルとトラップの 追加 」を参照)は、最終ファイルを準備する前に配信をテストできます。 選択したテストプロファイルのみを含むサンプルファイルを作成できます。
    をクリックし Test て、サンプルファイルを生成します。 左上隅 Summary ​のをクリックし、を選択し Proofs ​ます。 画面の左側で、配達確認を選択し、「on」をクリックし Download file ​ます。
    この Export 役割は、Adobe Campaignがファイルを書き出し、ダウンロード可能にするために必要です。 管理者に問い合わせてください。
  8. 配信の内容、オーディエンス、連絡先の日付を定義したら、配信ダッシュボードの Prepare ボタンをクリックします。
    タイポロジルールが適用されます。 例えば、指定されていないすべての住所はターゲットから除外されます。 このため、プロファイルの情報の Address specified ボックスがオンになっていることを確認する必要があります( Recommendationsを参照 )。 ダイレクトメールのプロパティ Maximum volume of message またはテンプレートレベルで定義した場合は、ここでも適用されます。
    訪問者から過剰ビルサイティングプロファイルを自動的に除外する、チャネル間の疲労ルールをグローバルに設定できます。 「 疲労ルール 」を参照してください。
  9. をクリック Explore file して、ファイルの最初の100行をプレビューします。
    完全なファイルは、画面の左側でローカルダウンロードできます。 ファイルをダウンロードすると、 Export audits メニューにログエントリが生成されます。 エクスポート監査の詳細については、「 監査エクスポート 」の項を参照してください。
    この Export 役割は、Adobe Campaignがファイルを書き出し、ダウンロード可能にするために必要です。 管理者に問い合わせてください。
    配信のコンテンツを変更する必要がある場合は、ボタンをクリックするだけで変更が反映され Regenerate file ます。 準備を再度行う必要はない。
  10. ファイルが最終版であることを確認するには、配信ダッシュボード Confirm のをクリックします。
これで、ダイレクトメールプロバイダに抽出ファイルを送信する準備ができました。 この場合、次のいくつかのオプションがあります。
プロバイダは、誤ったアドレスのリストを検索し、この情報をAdobe Campaignに送信し、ブロックリストに対して、誤ったアドレスを自動的に付加する。 See Return to sender .