Show Menu
トピック×

通信チャネルの概要

Adobe Campaignを使用すると、あらゆるチャネルでキャンペーンを起動、測定、自動化できます。 すべてのマーケティングチャネルを調和させることは不可能なタスクではありません。 Adobe Campaignの助けを借りて、異なるシステム、デバイス、チャネルの顧客データを1つのプロファイルにまとめることができます。 その後、お客様の遍歴に沿った適切な場所と適切な方法で、お客様にタイムリーで適切なキャンペーンを提供します。

グローバルな概念

キャンペーンメッセージダッシュボード を活用して、1か所でメッセージを設定して送信し、スケジュールや多言語メッセージなどの様々な機能にアクセスできます。
テンプレートを管理し 、メッセージのプロパティを設定して、メッセージング戦略全体で時間と一貫性を確保できます。 例えば、電子メールの場合、テンプレートの設定を担当する機能管理者は、オーディエンス、スケジュール、コンテンツ、送信、有効性、追跡などに関連する高度なパラメーター、ターゲット設定とパーソナライゼーション(ターゲット化コンテキスト)など、電子メールの標準パラメーターを定義できます。
詳しくは、以下を参照してください。

通信チャネル

Adobe Campaignでは、次の5つの通信チャネルを使用できます 。電子メール、SMSメッセージ、プッシュ通知、アプリ内メッセージ、ダイレクトメール配信。
各チャネルに対して、特定の機能を使用できます。 例えば、電子メールチャネルでは、最大3バージョンの電子メールメッセージをテストするためにA/Bテストを実行できます。 SMSチャネルを使用して、STOP SMSメッセージを管理し、受信者からの着信SMSをデータベースに格納します。
さらに、Campaign Standardの パーソナライゼーション機能と動的なコンテンツ機能を活用して 、オーディエンスの興味を引き付けます。
詳しくは、以下を参照してください。

トランザクションメッセージ

個々の固有のメッセージを顧客にリアルタイムで送信 :ウェルカムメッセージ、発送確認、パスワードの変更など
トランザクションメッセージは、オプションに応じて、電子メール、SMS、プッシュ通知チャネルで使用できます。 メッセージには次の2種類があります。 イベントトランザクションメッセージ :プロファイル情報のないイベントをターゲットに設定したと、データベースのプロファイルをターゲットに設定した プロファイルトランザクションメッセージ
詳しくは、以下を参照してください。

ランディングページ

キャンペーンには、ランディングページ上の情報を 取得するために使用できるWebフォームの、オーディエンス 、サービスへのオファー購読、データの表示、データベースの拡張が付属しています。
ランディングページは、既存のプロファイルの 取得や更新、重複のオプトインメカニズムの設定にも使用でき 、誤った電子メールアドレスや無効な電子メールアドレス、スパンボットからプラットフォームを保護できます。
詳しくは、以下を参照してください。