Show Menu
トピック×

ランディングページの設定

ランディングページの送信の確認

訪問者がランディングページを送信した場合に、アクションをトリガーするように設定できます。手順は次のとおりです。
  1. ランディングページダッシュボードの アイコンを使用してアクセスするランディングページのプロパティを編集し、「 Job 」パラメーターを表示します。
  2. 自動メッセージを送信するよう指定する場合(サービスのサブスクリプションを確認する場合など)、「 Specific actions 」セクションで「 Start sending message 」を選択します。その後、E メール配信テンプレートを選択する必要があります。
    確認メッセージがサービスレベルで既に設定されている場合は、複数の確認メッセージが送信されないように、この画面では確認メッセージを選択しないでください。「 サービスの設定 」を参照してください。
  3. ランディングページの送信時に追加のデータを保存できるようにするには、 Additional data を作成します。このデータは、ページの訪問者には表示されません。定数値のみが使用できます。

ランディングページのサービスへのリンク

フォームをサービスにリンクして、ランディングページの検証時にプロファイルが特定のサービスに登録できるようにすることができます。
ランディングページをリンクするためのパラメーターを使用すると、実行するアクションのタイプと、ランディングページを特定のサービスにリンクするか、汎用にするかを指定できます。
リンクするサービスを選択するには、次の操作が必要です。
  1. ランディングページダッシュボードの アイコンを使用してアクセスするランディングページのプロパティを編集し、「 Job 」パラメーターを表示します。
  2. Specific actions 」ドロップダウンリストで「 Subscription 」を選択します。
  3. ランディングページを 1 件のサービスにリンクする場合は「 Specific service 」を選択します。ランディングページで複数のサービスを使用する場合は、このオプションを選択しないでください。
    ランディングページを複数のサービスで使用する場合は、「 Specified service in the URL 」オプションを使用します。そのため、サービスを設定する際はランディングページを参照する必要があります。

権限の設定とデータのプリロード

ランディングページにアクセスできる人は、特定の訪問者(例えば、Campaign から送信されるメッセージ内のリンクからの訪問者)や特定の組織単位に限定することができます。 特定の訪問者に限定する場合は、ランディングページでその訪問者のデータをプリロードできます。手順は次のとおりです。
  1. ランディングページダッシュボードの アイコンを使用してアクセスするランディングページのプロパティを編集し、「 Access & loading 」パラメーターを表示します。
  2. Preload visitor data 」を選択します。
    ページの訪問者がデータベース内のプロファイルに該当する場合、データベースのデータがマップされているフォームのフィールドにその訪問者のデータが表示され、ランディングページのパーソナライゼーション要素が適用されます。
また、次のこともできます。
  • Authorize visitor identification via URL parameters 」オプションを選択し、URL パラメーターを使用して訪問者を識別します。次に、読み込みキーを選択し、フィルターパラメーターを対応する URL のパラメーターとマッピングする必要があります。
  • Authorize unidentified visitors 」オプションを使用して、ランディングページにアクセスするすべての訪問者を認証します。
ランディングページは、組織単位にリンクすることもできます。これにより、各種のランディングページへのユーザーのアクセスが定義されます。組織単位を割り当てるには、次の手順に従います。
  1. Edit properties 」アイコンからランディングページのプロパティにアクセスします。
  2. Access authorization 」を展開します。
  3. ドロップダウンメニューをクリックし、組織単位を選択します。組織単位の作成方法の詳細については、この ページ を参照してください。
  4. Created by 」、「 Created 」、「 Access authorization 」、「 Last modified 」の各フィールドは自動的に入力されます。
  5. Confirm 」、「 Save 」の順にクリックします。
これで、選択した組織単位内のユーザーのみがランディングページにアクセスして管理できるようになります。

Google reCAPTCHA の設定

ランディングページで Google reCAPTCHA V3 を設定すると、ボットによるスパムや悪用からランディングページを保護できます。ランディングページで使用するには、まず外部アカウントを作成する必要があります。設定方法について詳しくは、この を参照してください。
設定した Google reCAPTCHA V3 外部アカウントは、ランディングページに追加できます。
  1. ランディングページを公開する前に、ランディングページダッシュボードの アイコンを使用してページのプロパティにアクセスします。
  2. Access & loading メニューを展開します。
  3. Use reCAPTCHA to protect your site from spam and abuse 」オプションをオンにします。
  4. 作成した Google reCAPTCHA 外部アカウントを選択します。
  5. Confirm 」をクリックします。
ランディングページに Google reCAPTCHA が設定され、ページの下部に表示されます。
その後、Google reCAPTCHA は、ページでのユーザーのインタラクションに基づいてスコアを返します。スコアを確認するには、 Google 管理コンソール に接続します。