Show Menu
トピック×

ランディングページの設定

ランディングページの送信の確認

訪問者がランディングページを送信した場合、トリガーされるアクションを設定できます。 手順は次のとおりです。
  1. ランディングページのダッシュボードのアイコンを使用し てアクセスしたランディングページのプロパティを編集し、パラメータを表示 Job します。
  2. 「」セクシ Specific actions ョンで、自動メ Start sending message ッセージの送信を決定する場合に選択します。例えば、サービスの購読を確認します。 その後、電子メール配信テンプレートを選択する必要があります。
    確認メッセージが既にサービスレベルで設定されている場合は、この画面で確認メッセージを1つ選択しないでください。 「サービス の設定」を参照
  3. ランディング Additional data ページの送信時に追加のデータを保存できるように作成します。 このデータは、ページを訪問した人には表示されません。 定数値のみが考慮されます。

ランディングページのサービスへのリンク

フォームをサービスにリンクして、ランディングページを検証する際にプロファイルが特定のサービスに登録できるようにすることができます。
ランディングページをリンクするパラメーターを使用すると、実行するアクションのタイプと、ランディングページが単一のサービスに具体的にリンクされているか、汎用であるかを指定できます。
リンクするサービスを選択するには、次の操作を行う必要があります。
  1. ランディングページのダッシュボードのアイコンを使用し てアクセスしたランディングページのプロパティを編集し、パラメータを表示 Job します。
  2. ドロッ Subscription プダウンリスト Specific actions からを選択します。
  3. ランディング Specific service ページを単一のサービスにリンクする場合に選択します。 ランディングページで複数のサービスを使用する場合は、このオプションを選択しないでください。
    このオプション Specified service in the URL を使用して、ランディングページを複数のサービスで使用できるようにします。 したがって、サービスを設定する際は、ランディングページを参照する必要があります。

権限の設定とデータのプリロード

ランディングページへのアクセスは、例えばキャンペーンから送信されるメッセージ内のリンクから来た、特定の組織単位に対して、識別された訪問者に制限できます。 識別された訪問者の場合は、ランディングページでそのデータを事前に読み込むことができます。 手順は次のとおりです。
  1. ランディングページのダッシュボードのアイコンを使用し てアクセスしたランディングページのプロパティを編集し、パラメータを表示 Access & loading します。
  2. Select Preload visitor data .
    ページの訪問者がデータベース内のプロファイルに対応する場合、そのデータはデータベースデータにマップされたフォームのフィールドに表示され、ランディングページのパーソナライゼーション要素が考慮されます。
また、次のこともできます。
  • 次のオプションを使用して、URLパラメーターを使用して訪問者を識別 Authorize visitor identification via URL parameters します。次に、読み込みキーを選択し、対応するURLのパラメーターを使用してフィルターパラメーターをマッピングする必要があります。
  • このオプションを使用して、すべての訪問者がランディングページにアクセスすることを許 Authorize unidentified visitors 可します。
ランディングページは、組織単位にリンクすることもできます。 これにより、様々なランディングページへのユーザーのアクセスが定義されます。 組織単位を割り当てるには:
  1. アイコンを使用してランディングページのプロパティにアク Edit properties セスします。
  2. を展開しま Access authorization ​す。
  3. ドロップダウンメニューをクリックし、組織単位を選択します。 組織単位の作成方法の詳細については、このページを参照してく ださい
  4. 、およ Created by ​び各フ Created ​ィー Access authorization ルドが自 Last modified 動的に入力されます。
  5. 「>」をク Confirm リックしま Save ​す。
これで、選択した組織単位内のユーザーのみがランディングページにアクセスし、管理できるようになります。

Google reCAPTCHAの設定

ランディングページにGoogle reCAPTCHA V3を設定して、ボットによるスパムや悪用からGoogle ReCAPTCHA V3を保護できます。 ランディングページでこのページを使用するには、まず外部アカウントを作成する必要があります。 設定方法の詳細については、この節を参照してく ださい
Google reCAPTCHA V3外部アカウントが設定されたら、それをランディングページに追加できます。
  1. ランディングページを公開する前に、ランディングページのダッシュボードからアイコンを使用してアク セスしたページのプロパティにアクセスします。
  2. メニューを展開 Access & loading します。
  3. Check the Use reCAPTCHA to protect your site from spam and abuse option.
  4. 以前に作成したGoogle reCAPTCHA外部アカウントを選択します。
  5. Click Confirm .
これで、ランディングページがGoogle reCAPTCHAで設定され、ページの下部に表示されます。
その後、Google reCAPTCHAは、ユーザーのページでのインタラクションに基づいてスコアを返します。 スコアを確認するには、 Google管理コンソールに接続します