Show Menu
トピック×

SMS メッセージのパーソナライズ

SMSメッセージの個人設定の原則は、電子メールの原則と同じ です 。 ただし、変換オプションはエンコーディングに影響を与え、送信するSMSメッセージの数に影響を与える可能性があるので、注意が必要です。 詳細については、「 Transliteration and SMS length 」を参照してください。
ここでは、パーソナライゼーションフィールドを含むサンプルSMSメッセージを示します。このフィールドは、翻訳が選択されているかどうかに応じて、同じ数の送信を生成しません。
< FirstName > < lastName >様、新製品をご利用いただけます。 店に来て見ろ!
  • 「John Smith」という名前の受信者の場合、特殊文字が含まれていないので、Adobe CampaignはSMSメッセージごとに最大160文字のGSMエンコードを選択します。 そのため、メッセージは単一の部分で送信されます。
  • 「Raphaél Foret」という名前の受信者の場合、「」と「!」の文字はGSMでエンコードできません。 翻訳が有効になっているかどうかに応じて、Adobe Campaignでは次の2つの動作から選択できます。
    • 翻訳が許可された「レク」で、「e」が「e」に置き換えられる場合は、GSMエンコーディングを使用でき、SMSでは最大160文字を使用できます。 このメッセージは1つのSMSメッセージとして送信されますが、若干変更されます。
    • 翻訳が許可されていない場合、Adobe Campaignはメッセージをバイナリ形式(Unicode)で送信するよう選択します。したがって、すべての文字がそのように送信されます。 UnicodeのSMSメッセージは70文字に制限されているので、Adobe Campaignはメッセージを2つの部分で送信する必要があります。
最適なエンコーディングを自動的に選択するアルゴリズムは、メッセージごとに、ケースバイケースで独立して実行される。 この方法では、Unicodeエンコーディングを必要とするパーソナライズされたメッセージのみがUnicodeで送信されます。その他のすべてはGSMエンコーディングを使用します。

SMS送信者

SMS送信者の名前は個人用に設定できます。 For more on this, refer to the SMS configuration section.