Show Menu
トピック×

新規での E メールのデザイン

電子メールコンテンツのエディションをマスターする方法を説明します。 電子メールデザイナーを使用すると、独自の定義済みコンテンツの有無に関係なく、電子メールやテンプレートを作成できます。
電子メールデザイナーを使用して電子メールコンテンツを新規に作成しデザインする主な手順は次のとおりです。
  1. 電子メールを作成し、その内容を開きます。
  2. 電子メールを追加形成するためのコンポーネントを構造化します。 「電子メール構造の 編集 」を参照してください。
  3. 構造コンポーネントにコンテンツコンポーネントとフラグメントを挿入します。 フラグメントとコンテンツコンポーネントの 追加を参照してください
  4. 画像追加を作成し、電子メールのテキストを編集します。 画像の挿入 を参照してください。
  5. パーソナライゼーションフィールドやリンクなどを追加して、電子メールをパーソナライズします。 詳しくは、パーソナライゼーションフィールドの 挿入 、リンクの 挿入 、電子メールでの動的コンテンツの 定義を参照してください
  6. 電子メールの件名行を定義します。 See Personalizing the subject line of an email .
  7. E メールのプレビュー.
  8. コンテンツを保存し、オーディエンスを定義し、送信を正しくスケジュールした後、メッセージを続行します。
この紹介ビデオを見ることもでき ます
電子メールコンテンツを一からデザインするのを避けるために、標準搭載されたコンテンツテンプレートを使用できます。 詳しくは、「 コンテンツテンプレート 」を参照してください。

電子メール構造の定義

電子メールデザイナーを使用すると、電子メールの構造を簡単に定義できます。 単純なドラッグ&ドロップ操作で構造要素を追加したり移動したりすることで、電子メールの形状を数秒以内でデザインできます。
電子メールの構造を編集するには:
  1. 既存のコンテンツを開くか、新しい電子メールコンテンツを作成します。
  2. 左側 Structure components の+アイコンを選択して、ア ​イコンにアクセスします。
  3. 電子メールの形状を決めるために必要な構造コンポーネントをドラッグ&ドロップします。
    青い線は、構造コンポーネントをドロップする前に、構造コンポーネントの正確な位置を具現化します。 上、他のコンポーネント間、または他のコンポーネントの下にドロップできますが、内部にはドロップできません。
    列のスタックはすべての E メールプログラムと互換性がないことに注意してください。サポートされていない場合、列はスタックされません。
    電子メールに配置したコンポーネントは、既にコンテンツコンポーネントまたはフラグメントが内部に配置されていない限り、移動または削除できません。
  4. 1つ以上の列で構成される構造コンポーネントがいくつか使用できます。
    コンポーネントを選択し、選択する列数を定義します(3 ~ 10の範囲)。 n:n column 各列の下部にある矢印を動かして、各列の幅を定義することもできます。
    各列のサイズを構造コンポーネントの全幅の10%未満にすることはできません。 空以外の列は削除できません。
構造を定義すると、コンテンツのフラグメントやコンポーネントを電子メールに追加できます。

プリヘッダーの使用

プリヘッダーは、受信トレイから電子メールを表示する際に、件名の後に続く短い概要テキストです。 プリヘッダーは、より高いオープン率を提供します。
編集ボックスを選択し、コンテンツを完成させ Preheader ます。
プリヘッダーコンテンツには、 Content block 、、 Dynamic content または Personalization fields を追加できます。
プリヘッダーはすべての E メールプログラムと互換性がないことに注意してください。サポートされていない場合、プリヘッダーは表示されません。

コンテンツコンポーネントの使用

コンテンツコンポーネントは生の空のコンポーネントで、一度電子メールに配置すれば編集できます。
構造コンポーネントには、必要な数のコンテンツコンポーネントを追加できます。 構造コンポーネント内または別の構造コンポーネントに移動することもできます。
電子メールデザイナーで使用可能なコンポーネントのリストを次に示します。

Button

各ボタンを一から編集するのではなく、複数のボタンを使用する必要がある場合は、コンテキストツールバーを使用して Button コンポーネントを重複できます。
また、再利用可能なボタンをフラグメントに保存することもできます。 詳しくは、「コンテンツフラグメントの 作成 」および「コンテンツをフラグメントとして 保存」を参照してください
電子メールデザイナ Fallback view ーにフォールバック画像を表示する場合に選択します。

Text

このコンポーネントを使用して、電子メールにテキストを挿入します。 **[!UICONTROL Component Settings]**​では、テキストの色、スタイル、サイズを調整できます。

Divider

このコンポーネントを使用して、電子メールに分割線を挿入します。 区切り線の色、スタイル、およびサイズを​**[!UICONTROL Component Settings]**​で選択できます。

Html

このコンポーネントを使用して、既存のHTMLの様々な部分をコピー&ペーストします。 これにより、無料のモジュラー型HTMLコンポーネントを作成できます。
無料のHTMLコンポーネントは、制限されたオプションで編集できます。 すべてのスタイルがインライン化されていない場合は、HTMLコードの head セクションに適切なCSSを追加してください。追加されていないと、電子メールがレスポンシブになりません。 コンテンツの応答性をテストするには、 Preview ボタンを使用します(メッセージの プレビューを参照 )。
外部コンテンツを単純に電子メールデザイナーに準拠させるために、Adobeでは、最初からメッセージを作成し、既存の電子メールの内容をフラグメントやコンポーネントにコピーすることをお勧めします。
再作成できないコンテンツがある場合は、 Html contentコンポーネントを使用して、元の電子メールからHTMLコードをコピー&ペーストできます。 先に進む前に、HTMLに関する十分な知識があることを確認してください。
新しいコンテンツは元の電子メールの正確なコピーではありませんが、次の手順に従って、できるだけ近いメッセージを作成します。
**コンテンツをコピーする前に**
    
    1を実行します。 元の電子メールで、送信する各電子メールに固有のセクションから、再利用可能なセクションを特定します。
    1.使用するすべての画像とアセットを保存します。
    1.HTMLに詳しい場合は、元のHTMLコンテンツを別々の部分に分割します。

動画

電子メールの構造コンポーネントにビデオコンポーネントを挿入し、にビデオリンクを入力し Component Settings ​ます。
ビデオはすべての E メールプログラムと互換性がないことに注意してください。サポートされていない場合は、フォールバックが表示されます。

画像

このコンポーネントを使用して、電子メールに画像を挿入します。
画像コンポーネントを構造コンポーネントに挿入し、「参照」をクリックして、コンピューターから画像ファイルをアップロードします。

Social

このコンポーネントを使用して、ソーシャルメディアページへのリンクを電子メールに挿入します。 表示するリンクと、に表示するアイコンのサイズを選択でき Component Settings ​ます。