Show Menu
トピック×

プレーンテキストと HTML モード

電子メールのテキストバージョンの生成

デフォルトでは、電子メ Plain text ールのバージョンは自動的に生成され、バージョンと同期さ Edit れます。
HTMLバージョンに追加されたパーソナライゼーションフィールドとコンテンツブロックもプレーンテキストバージョンと同期されます。
プレーンテキストバージョンでコンテンツブロックを使用する場合は、HTMLコードが含まれていないことを確認します。
HTMLバージョンとは異なるプレーンテキストバージョンを使用するには、電子メールの表示から切り替えボタンをクリックし Sync with HTML て、この同期を無 Plain text 効にすることができます。
その後、必要に応じてプレーンテキストバージョンを編集できます。
同期が無効な間に Plain text バージョンを編集する場合、次回このオプションを有効にすると、プレーンテキストバージョンで行ったすべての変更が Sync with HTML HTMLバージョンに置き換えられます。 ビューで行った変 Plain text 更をビューに反映でき HTML ません。

HTMLでの電子メールコンテンツソースの編集

最も上級のユーザーおよびデバッグの場合は、電子メールコンテンツをHTMLで直接表示および編集できます。
電子メールのHTMLバージョンを編集するには、次の2つの方法があります。
  • /を選 Edit 択し HTML て、電子メール全体のHTMLバージョンを開きます。
  • WYSIWYGインターフェイスで、要素を選択し、アイコンをクリック Source code します。
    選択した要素のソースのみが表示されます。 選択した要素がコンテンツコンポーネントの場合は、ソースコードを編 HTML 集できます。 その他のコンポーネントは読み取り専用モードですが、電子メールの完全なHTMLバージョンでは編集できます。
HTMLをコードに変更すると、電子メールの応答性が損なわれる可能性があります。 ボタンを使用してテストを行ってく Preview ださい。 詳しくは、メッ セージのプレビューを参照してくださ い。