Show Menu
トピック×

データモデルの概念

Adobe Campaign には、事前定義済みのデータモデルが付属します。このデータモデルは、既存のリソースに新しいリソースやエクステンションを追加できる 管理者 が変更できます。
リソースの作成と変更は機密性の高い操作で、エキスパートユーザーによってのみ実行される必要があります。
Adobe Campaign のロゴからアクセスできる Administration Development メニューでは、 カスタムリソース ​の管理と​ 公開 診断ツールへのアクセス ​をおこなうことができます。
Adobe Campaign が使用するデータは、様々なリソースを通じて定義されます。購入テーブルや製品テーブルなど、独自のカスタムリソースを作成することで提供される​ データテンプレートをエンリッチメント ​できます。
組み込みのリソース(キャンペーン、E メール、オーディエンスなど)は変更できません。ただし、カスタムリソースを拡張して新しいフィールドを追加することはできます。
拡張フィールドは、組み込みフィールドと競合しないように、プレフィックスを付けて生成されます。
このページ では、組み込みリソースのデータモデル表示域を参照できます。
また、作成したリソースに対応する画面で ナビゲーションを設定 することもできます。
開発環境から実稼働環境へのカスタムリソースの​ エクスポートとインポート ​が可能です。詳しくは、この ステップバイステップの使用例 を参照してください。
役割と すべてのユニットへのアクセス権を持つ機能 管理者 Administration ( ​役割を持つ)のみが、送信ログ、メッセージログ、トラッキングログ、除外ログ、または購読ログにアクセスできます。 管理者以外のユーザーは、これらのログにターゲットできますが、リンクされたテーブル(プロファイル、配信)から開始できます。