Show Menu
トピック×

画面定義の設定

リソースを作成する場合、または既存のリソースに新しいフィールドを追加する場合、インターフェースに表示する方法を定義できます。
この手順は必須ではありません。この手順は、引き続き、ワークフロー、オーディエンスおよびREST APIを使用してリソースにデータを入力し、そのデータにアクセスできるためです。
このタブでは、次 Screen definition の操作を実行できます。
  • ナビゲーションペインでのカスタムリソースへのアクセスの追加
  • リソースを構成する要素のリストを表示する方法をパーソナライズします。
  • リソースの各要素の詳細ビューの表示方法を定義します

ナビゲーションメニューからのアクセスの有効化

リソースに専用の画面を設定する場合は、ナビゲーションメニューからその画面を使用できます。
  1. リソースのタ Screen definition ブから、セクションを展開 Navigation します。
  2. ナビゲーション Add an entry in the 'Client data' section ウィンドウからこのリソースにアクセスできるようにするには、このボックスをオンにします。
リソースは、セクション内のサブエントリとして表示さ Client data れます。

デフォルトのリスト設定の定義

画面定 List configuration 義のセクションでは、リソースの概要にデフォルトで表示される列と情報を定義できます。
  1. リソースの Customize the list configuration 列の表示方法を定義するには、このボックスをオンにします。
  2. 作成したフ Create element ィールドからフィールドを選択するには、このボタンを使用します。
  3. 作成されたフィールドがリストに表示されます。 ラベルと幅を編集できます。
  4. このセクシ Simple search ョンで、検索に含め Specify the fields to be taken into account in the search るフィールドを定義するには、を選択します。
    この設定は、デフォルトの検索で使用されるフィールドを置き換えます。
  5. セクションで、 Advanced filtering このボックスにチェッ Add search fields クマークを付けて、単純検索フィールドの後にフィールドを追加します。 例えば、作成したフィールドから「日付」フィールドを選択すると、その日付のみを参照する検索を実行できます。
  6. 2つの検索タイプのフィールドの順序を変更できます。
  7. アドバンス検索では、リンクされたリソースにリンクするフィールドを追加できます。 これらのフィルターは、生成さ Search れた画面のメニューに表示されます。
これで、リソースの概要画面が定義されました。

詳細画面設定の定義

画面 Detail screen configuration 定義のセクションでは、リソースの各要素の詳細画面に表示される列と情報を定義できます。
  1. セクション Detail screen configuration を展開し、リソースの各 Define a detail screen 要素に対応する画面を設定するようにを確認します。 このチェックボックスをオフにすると、このリソースの要素の詳細ビューにアクセスできなくなります。
  2. カスタムリソースのすべてのフィールドは、1回のクリックで追加できます。 これを行うには、アイコンをクリック するか、ボタンを使用 Add an element します。
  3. このリソース用に作成された要素から要素を選択し、フィールドタイプを指定します。
    • Input field :は編集可能なフィールドです。
    • Value :は読み取り専用フィールドです。
    • List :は表です。
    • Separator :要素をカテゴリに分割します。
  4. 追加された要素がリストに表示されます。 ラベルを編集できます。
  5. 要素を様々なカ Separator テゴリに分割するために必要な数だけ追加します。
    これにより、区切り文字を表示して、ウィンドウを整理しやすくなります。
これで、リソースの詳細画面が設定されました。

データセクションのアクション

これらの設定により、カスタムリソース画面にコントロールバーを表示できます。 次の3つのオプションを使用できます。
  • Authorize creating :このオプションを使用すると、リソースの作成要素をアクティブ化できます。 したがって、ユーザーはレコードを追加できます。
    このオプションを有効にするには、まずリソースにリンクされた詳細画面をアクティブにする必要があります。
  • Authorize duplicating :このオプションを使用すると、カスタムリソースにリンクされた重複レコードをアクティブにできます。
  • Authorize deleting :このオプションを使用すると、カスタムリソースにリンクされたレコードの削除をアクティブにできます。